地球最期のニュースと資料

In Deep

「アメリカの憂鬱」 一覧

「911の真実が公開される可能性」 : アメリカ同時多発テロ事件に関連する膨大な量の機密文書がハッカーによって盗難され、ビットコインで身代金を払わなければ公開すると企業を脅迫

2019年1月1日の米国ゼロヘッジより ・zerohedge.com 2018年から2019年へ移行する中で起きたこと 2018年の大晦日、アメリカで「 2019年の雰囲気を彷彿させる出来事」が起きま ...



「サタンの勢力に覆われた国」とキリスト教の司教たちが嘆くアメリカの今の姿。しかし、悪魔というものは本当は…

米国のカトリック・ニュース・エージェンシーの記事より ・catholicnewsagency.com   私は、20世紀初頭にロシアの科学界で活躍し、(その後、スターリンによっとシベリアに送 ...

ジ・エンド・オブ… : アメリカの若者たちにのしかかる「絶望の米国社会システム」。しかしそれは日本も同じだということもまたわかっていて

・fortune.com   先日、アメリカでの薬物危機が制御不能なところにまで来ているということを以下の記事で取りあげさせていただきました。 「地獄の完成」 : アメリカ人の薬物での死者数 ...



「地獄の完成」 : アメリカ人の薬物での死者数の増加は究極的な段階に。その中でアメリカ当局は「モルヒネの1000倍強力な鎮痛剤」を承認するという地獄の上塗りも

12月2日の米国ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com 11月4日の米NBCニュースの報道より ・FDA OK painkiller 1,000 times more powerful t ...

太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」が、理由不明のまま突然の謎の閉鎖に。同時に周辺地域にFBIから「退避命令」も発令。それに対して広がる様々な憶測

アメリカ国立太陽観測所の「謎の閉鎖」について報じる9月11日の報道 ・ABC7 KVIA Sponsored Link   何が起きているのか想像さえできないFBI絡みのミステリアス事象 さ ...



9.11同時多発テロで対応にあたった警官や消防士たちが「ガンなどの疾患で今に至るまでずっと3日に1人の割合で死亡している」という事実から思い出すアメリカと核計画

9月3日の米国メディア記事より ・Gov’t Said the Air Was Safe, Now Thousands of 9/11 First Responders Have Cancer Spo ...

ふたつの国の地獄の夏 : メキシコでの殺人件数が7月に国家統計上の最高を更新。そして、この大量死の原因は「アメリカのオピオイド地獄」と直結した悪魔的な連鎖の中にある

毎日平均97人が殺人で死亡している国で起きていること 前回の「湖の水が突然消滅する」ということをご紹介した以下の記事は、メキシコでの出来事でした。 川や湖の水が「突然消滅する」事象はなぜこんなに増加を ...



かつてマグニチュード9の巨大地震を発生させたアメリカ西海岸のカスケード沈み込み帯で「マントルが上昇している」ことが米オレゴン大学の調査により判明

アメリカの科学系メディアの7月25日の記事より ・SciTechDaily   318年前にマグニチュード9クラスの地震を発生させた場所での「異常」 1ヶ月半くらい前に、アメリカの「カスケー ...

アメリカの現在のカオスは自然でも偶然でもなく、「作戦計画」として仕掛けられ続けている。そのアメリカの行く末は国家の完全な分裂かそれとも…

6月26日の米国エポックタイムズの記事より ・Epoch Times Sponsored Link   この混乱の行く末に出現する未来の世界 コブフェフェ大統領になって以来、確かにアメリカは ...



318年前にマグニチュード9クラスの超巨大地震が発生した北米のカスケード沈み込み帯で2日間で数百回に及ぶ振動が発生中。「スロー地震」が起きている可能性が浮上

北米のカスケード沈み込み帯上で継続する「振動」を伝える報道(振動はその後500回規模に) ・More than 150 tremors hit Vancouver Island in last 24 ...

通常ほぼ噴出しない米国イエローストーンの世界最大の間欠泉スチームボート・ガイザーが「今年はすでに半年で8回の噴出」を起こしている…。過去に一度も観測されたことのない、この事態に対しての適切な説明はない

6月7日の米国CNNの記事より ・World's tallest geyser keeps erupting, and scientists aren't sure why Sponsored Lin ...



米イエローストーンの間欠泉の「尋常ではない噴出」についてのアメリカでの大々的な報道。そして、この2年ほど拡大しているように見える「徴候」のようなもの

2018年4月29日の米国ロイターの報道より ・Unusual eruptions at world's largest active geyser in Yellowstone Sponsored ...

あなたはどう思われますか? アメリカ政府から「誤って流出した」とされる遠隔マインドコントロールと「肉体に苦痛を与える遠隔操作」が記された文書。その個別の内容をすべて書き出してみました

2018年4月22日のアメリカのメディアより ・beebom.com 数日前、アメリカやヨーロッパのメディアが一斉に上の情報について報じました。 陰謀論的にも見えながらも、興味のある部分もないではなく ...



無数のオーメンに守られたトランプ大統領支配下のアメリカは、米軍が正式公表した「正体不明の高速飛行物体を追跡する戦闘機スーパーホーネット」のビデオについての騒ぎの渦中

2018年3月11日の米国ゼロヘッジより ・zerohedge.com ・米戦闘機F/A-18スーパーホーネットの赤外線センサーが捕捉した 羽も尾翼もない「回転しながら高速飛行する」物体 今、アメリカ ...

人生で最も好きな娯楽映画が、この世で最も厳しい現実的な未来を描き出している瞬間を生きている — 核の終末に心酔するストレンジラブ博士の54年目の幻影

2018年2月3日の米国のメディア記事より ・theantimedia.org 2018年2月3日の米国ニューズウィークの記事 ・newsweek.com Sponsored Link   ...



トランプ氏の大統領就任1周年記念の日から始まったアメリカ「政府閉鎖」。その実質的影響は?

・bloomberg.com 「政府は閉鎖されました」と書かれたポスターが貼られ自由の女神像も閉鎖 ・NY Daily News Sponsored Link   政府閉鎖で実際に起きること ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.