「アメリカの憂鬱」 一覧

市場と経済の「悪夢のシナリオ」の開始まであと半年もないのかもしれないとふと思う

2022/06/14    , ,

  2023年を待たずに 金融とか経済には疎い私ですが、昨日 6月13日のアメリカの金融市場は、株価とか暗号資産だとか大きく下げたのですけれど、そういう「下げた」というような問題だけではない ...



元ロシア大統領メドヴェージェフ氏が「アメリカ中心の世界は崩壊し、新しい世界秩序が始まる」と警告

2022/05/17    , ,

予想されていた以上の制裁の恩恵によるロシアの経済的飛躍 ごく一部の西側諸国による「対ロシア制裁」が続いています。実際には、世界のほとんどの国は支持も協力もしていませんが、欧米と日本や韓国などは、そこに ...

食料施設への不可解な攻撃が「世界中で起きている」ことが各国報道で判明。アメリカでは畜産管理アプリ経由での大規模なサイバー攻撃が発生。これをやっているのは……

2022年3月 米アーカンソー州のネスレの工場での火災 Western Standard   世界中で続いている食糧関連施設の火災と破壊 ゴールデン何とかが続いていますが、皆様は穏やかに過ご ...



アメリカ食品関連施設の謎の連続火災の後、FBIが、米農業協同組合にサイバー攻撃が行われる可能性を文書で警告 : 「穀物生産が混乱に陥る可能性がある」と

  次はアメリカの穀物生産そのものをターゲットにする模様 前回の以下の記事で、アメリカで「不可解な連続の食品加工施設等の火災や爆破事件が起きている」ことを取り上げました。   [記 ...

アメリカの食料危機は「意図的」である様相。過去数ヶ月で十数カ所の食品関連施設が火災や爆発で消失し、全米への肥料の運搬が強制的に止められている

2022/04/23    , ,

オレゴン州のシアラーズ・フーズ社の火災。 Newsweek   アメリカで起きている、どう見ても異常な出来事の連続 アメリカでこの数ヶ月、 「食品関係の施設の火災、事故、爆発が相次いでいる」 ...



「西側の制裁によりロシアが儲ける金額」はブルームバーグのアナリストの試算では日本円で約40兆円…。西側が一丸となってロシアの経済を強化する理由は何?

  ヒステリーから次のヒステリーへ 何だかもう異様に不思議な世論の中で生きている感じですが、ロシアとウクライナの問題は、どちらが良いとか悪いとか、そんなことは単なる一日本人の私にわかるわけが ...

誰を崩壊させるための対ロシア制裁なのか。目指すのは西の自死? それともこれもいわゆるグレートリセットへの道?

この喜劇はもはや喜劇じゃない 対ロシア制裁が始まってからの「バカバカしさ」は、私が生きてきた数十年の中でも格別の感があり、もともとモンティパイソンなどのスラップスティック的笑いが好きだった私ですが、も ...



ロシアのEMP開発の歴史が60年に及ぶことを知り、そしてディーガルの壊滅的な人口動態予測を米国議会報告「EMPは90%のアメリカ人を殺す」で思い出す

アメリカ合衆国国土安全保障省 RUSSIA : EMP THREAT 表紙 EMPが最大の脅威であることは変わらない 思えば、以前は「 EMP(高高度核爆発)」ということについてよく書いていました。こ ...

アメリカ帝国の滅亡 : 米ランド研究所が2019年に描いたウクライナ紛争を利用したロシアへの経済制裁計画が「結局アメリカを滅ぼす」のかも

2022/03/12    

  何でもかんでもシナリオで 今日はアタタタ(ブルース・リーかよ)、いやいや、暖かかったですねえ。 あたたかかったという日本語言いにくいですね。あたたたたたたたたた(いい加減にしろ)。 もう ...



アメリカの異常な孤立を見て思う、日本を含めた「対ロシア制裁国」の劇的な人口減少の原因は、戦争よりも凍死や餓死によるものになっていくのではという懸念

maxpixel.net   制裁を「拒否」した国家が圧倒的であることを知る 今のウクライナの戦争でとてもはっきりしたことは「アメリカと西側諸国の時代は本当に終わるんだ」ということでした。 ...

内部告発者から流出したアメリカ国防総省の140万人の兵士の公式医療データベースに見る「コロナワクチンのすさまじい破壊力」

流出した米軍兵士の有害事象の急増に関しての数値 少し前、アメリカのロン・ジョンソン上院議員の公聴会で、弁護士のトーマス・レンツさんという方が、米国防総省の医療データベースを提示したことについて以下の記 ...



アメリカの2021年の異常な率の「コロナ以外の過剰死」がアメリカ疾病予防管理センターのデータで示される。特に労働人口年齢では死亡率が40%の急上昇

  アメリカの18〜49歳の年齢層の異常な死亡率の急上昇 少し前に、アメリカの生命保健企業の CEO が、 「パンデミック前と比べて、40%の過剰死が起きている」 と述べていたことを以下の記 ...

合衆国第46代大統領が著しい進化を遂げる中、トランプ氏の元大統領顧問が「最後の言葉」として語るアメリカの終わり:「パンデミックを生きのびても、この狂気からの回復は遅くなるだろう」

情報源がホログラムが報じるテレビだけとなった世界を描く1987年の米TVマックス・ヘッドルームより。   大統領のお花の世界は前進している 「 3月11日」というと、日本では 2011年の東 ...



アメリカの民主党議員たちが大統領に「核行使の権利を放棄してほしい」と要請書を提出。現在のシステムでは、大統領による攻撃の意思決定から発射までの時間はたった5分

WDCTV   6450発の核弾頭の行使権利を持つアメリカ唯一の人物は今 statista.com この1年は、パンデミックの対策下で「ブラックジョークのような訳のわからない社会生活形態」を ...

アメリカ人民共和国 : バイデン氏は過去最大最速となる1週間で33の大統領令に署名。ただ本人はほとんど理解していない模様。そして氏のかつての夢は「新世界秩序」社会の建設

The Catcher in the Rye   史上最大で最速の大統領令への自覚なき署名 恍惚の大統領だの、任 知将氏だの言いたい放題言わせていただいていて申し訳ない気もするのですが、「本 ...



トランプ氏の奇妙なラストアクト : 何ヶ月も前の災害復旧の名目で全米5州に災害宣言による大統領緊急事態を発令。そのすべての州に連邦緊急事態管理庁(FEMA)が展開される

ワシントンD.C.の非常事態宣言後の1月13日 国会議事堂内を占拠する州兵 CNBC Television   不自然な緊急宣言による複数地域へのFEMAの展開 アメリカは奇妙なことになって ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.