ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

6月14日にメルマガ宇宙線と太陽活動と雲から見る今後の食糧状況。そしてオーラの行方を発行させていただきました。

2024年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 健康の真実 日本の未来

人口の98%がコロナワクチンを接種した米ワシントン州キング郡の「心停止による超過死亡」研究にある推定増加率「1000%超」から見える今後

投稿日:

 




 

心臓死の超過死亡率 1,236%

米国の医学者と疫学者たちが興味深い研究を発表しています。

米ワシントン州キング郡という場所においての、「コロナワクチン接種キャンペーン後の心臓停止による死亡の推移と、2023年までの心臓停止による超過死亡数」を計算した論文です。

査読前のプレプリント論文で、以下にあります。

ワシントン州キング郡におけるCOVID-19ワクチン接種後の心肺停止と死亡率の過剰
Excess Cardiopulmonary Arrest and Mortality after COVID-19 Vaccination in King County, Washington

ワシントン州キング郡というひとつの地区についての調査とはいえ、このキング郡は「人口 226万人」を要する大きな人口構造を持っている上に、

「人口のうちの 98%が少なくとも 1回のワクチン接種を受けている」

ということで、研究の対象地区としては最適だったのだと思われます。

ワシントン州キング郡(人口226万人)

wikipedia.org

結果として、以下のように概要には書かれています。

分析の結果、ワシントン州キング郡では 2020年から 2023年にかけて心肺停止の総数が 25.7%増加し、心肺停止による死亡率が 25.4%増加することが明らかになった。

心肺停止による過剰死亡者は 2020年から 2023年にかけて 1,236%増加すると推定され、2020年の 11人から 2023年には 147人に増加した。 COVID-19 ワクチン接種率の上昇に伴い、心肺停止による過剰死亡率は 2乗増加することが確認された。

preprints.org

ここには 1,236%の超過死亡という、かなりの数字が示されています。

論文にあるグラフでは、死亡率の推移と、超過死亡率の推移が以下のように示されています。

2015年からの心肺停止による死亡数の推移

preprints.org

2015年からの心肺停止による「超過死亡数」の推移

preprints.org

この超過死亡数のほうのグラフは、2023年においても、頭打ちの傾向が示されていないですので、今後も懸念される状況かもしれません。

また、キング郡では、2021年に「総人口が減少した」ことが示されています(0.94%の減少)。パンデミックが始まった 2020年ではなく、2021年にです。

2015年からのキング郡の総人口の推移

preprints.org

人口のほうは、2022年からは回復の傾向にあるようです。

そして、先ほどの「 1,236%の超過死亡」というあたりの数値を、たとえば日本などにも当てはめてみますと、2021年から 2023年にかけて、どのようなことが起きていたのか「想像」くらいはできます。

日本では心臓に関しての同様の詳細な研究はないですので、想像の粋は出ないですが。(日本の「ガンによる死亡数」の推移はこちらの記事で研究を取り上げています)

ここから、論文の概要をご紹介させていただきます。

ここからです。




 


ワシントン州キング郡におけるCOVID-19ワクチン接種後の心肺停止と死亡率の過剰

Excess Cardiopulmonary Arrest and Mortality after COVID-19 Vaccination in King County, Washington
preprints.org 2024/05/24

概要

背景:

広範囲にわたる COVID-19 ワクチン接種キャンペーンの開始以来、心筋炎、心筋梗塞、静脈血栓塞栓症など、心肺停止につながる可能性のある重篤な心血管系の有害事象が懸念されている。

本研究は、ワシントン州キング郡における心肺停止による過剰死亡率を推定し、COVID-19 ワクチン接種率との関連性を調査することを目的とした。

方法:

データは、ワシントン州キング郡の EMS年次報告、米国国勢調査局、The Tennessean COVID-19 Vaccine Tracker から取得した。探索的データ分析を実施し、超過死亡率は、2015~ 2020年の心肺停止による死亡率の傾向線を使用して計算した。

心肺停止による過剰死亡率とワクチン接種率の関係は、多項式回帰分析(統計学の回帰分析の一手法)を使用して分析した。予想される人口増加傾向を生成するために、2次回帰モデルを使用した。キング郡の過剰死亡モデルを使用して、米国における心肺停止による過剰死亡者の年間推定値を計算した。

キング郡では、人口の約 98%が 2023年までに COVID-19 ワクチンを少なくとも 1回接種した。

分析の結果、ワシントン州キング郡では 2020年から 2023年にかけて心肺停止の総数が 25.7%増加し、心肺停止による死亡率が 25.4%増加することが明らかになった。

心肺停止による過剰死亡者は 2020年から 2023年にかけて 1,236%増加すると推定され、2020年の 11人から 2023年には 147人に増加した。COVID-19ワクチン接種率の上昇に伴い、心肺停止による過剰死亡率は 2乗増加することが確認された。

キング郡の一般人口は 2021年に 0.94%(21,300人)急激に減少し、予想される人口規模から外れた。

これらのデータから得たモデルを米国全体に適用すると、2021年から 2023年の間に 49,240件の致命的な心肺停止の過剰発生があることが判明した。

結論:

心肺停止による過剰死亡率と COVID-19 ワクチン接種キャンペーンとの間に非常に強い生態学的および時間的関連性があることがわかった。

COVID-19 ワクチン接種後の急性心肺疾患による死亡の生物学的妥当性は以前に実証されており、これらの現実世界の観察を考慮すると懸念される事態だ。インシデントイベントのリスク軽減と蘇生による生存率の向上に注意しながら、他の地域でも同様の傾向が見られるかどうかを判断するために、緊急のさらなる研究が必要だ。


 

ここまでです。

この「心臓」の問題については、何が最大の懸念かというと、それが心筋炎などの場合、

「心筋は一度損傷すると修復されない」

という医学的事実がある点です。

以下は、慶應義塾大学医学部のページからです。

「心臓の筋肉、つまり心筋の細胞は、胎内では細胞分裂をしますが、生まれた後は細胞分裂をしなくなります。そのため、心筋梗塞や心筋炎などの病気によって心筋細胞の一部が壊死してしまうと、その後再生することはありません

慶應義塾大学

最先端の治療法(再生療法など)が研究されてはいますが、実現化はしていませんし、実現化したとしても、果てしない額の高額治療となると見られます。

昨年、科学誌サイエンスに掲載された米国イェール大学の研究者たちが発表した論文をこちらの記事で取り上げていますが、ワクチン接種後、心筋炎あるいは心膜炎で入院した患者たちの、その後を研究で追跡したもので、結果として、

「 80%が 6ヵ月後でも心筋の状態が回復していなかった」

ことが示されています(20%が回復したということが私には不思議でしたが、心筋再生の何らかのメカニズムも存在するのかもしれません)。

しかし、基本的には、「心筋は再生されない」ということで、ある意味では一生心臓の問題を抱えることになるわけですが、その死亡率は、2年で 20%、5年で 50%と言われています。

以下は、英国民保健サービスで長く外科医担当だったアンソニー・ヒントン博士の投稿です。

 

「ウイルス性心筋炎は、2年後には 10人に 2人が亡くなり、5年後には 10人に 5人が亡くなります。 穏やかな話ではありません」  Dr. Anthony Hinton

 

つまり、

「軽度の心筋炎」

という診断は存在しないのです。

以前、ワクチン後の有害事象についての報道などで、この「軽度の心筋炎」という言葉を見かけることがありましたが(軽度だから問題ないという意味で報じられていた)、そういう診断はないのです。

また、モデルナ社ワクチンの厚生労働省の特例承認書には、以下のような記載がありますが、こういう記載は本来ならあり得ないものです。

モデルナ社ワクチンに対しての特例承認書より

初回免疫後の心筋炎・心膜炎のリスクについては…本剤接種によるベネフィットが本剤接種による心筋炎・心膜炎のリスクを上回ると考える…

pmda.go.jp

2年後に 20%が亡くなり、5年後に 50%が亡くなるという状態を「上回るベネフィット」という表現は理解できないところです。

この心臓の問題は、アメリカに限った話ではなく、どの国からも報じられています。

オーストラリアでは、あまりの心臓突然死の多さに「世界最大の突然心停止の記録簿」が構築されていると報じられています(翻訳記事)。以下は報道からです。

> 毎年 25,000人以上のオーストラリア人が心停止を経験しており、最大 40%の症例について医師たちはその理由を説明できていない。

 

イギリスでは、心臓の治療を待っている人の数が過去最高になり、心臓関連死も過去最高に達していると報じられています(翻訳記事)。その「契機」は、確実に 2021年からであることをグラフは示しています。

2024年のイギリスの心臓治療の待機数は2021年から2倍に

Guardian

このような傾向が今後止まるのならば、過剰に懸念されることでもないのでしょうけれど、先ほどの「心筋は再生されない」という現実からは、今後も、この「心臓突然死の死者の増加」は、緩やかなペースだとしても、増加は続いていくと見られます。

mRNAタイプのワクチンではなかった中国でも若年層の突然死が続いていると報じられることが多いですが、それが事実ならば、ワクチンのタイプ(mRNA タイプだとか、不活化タイプだとか)は、心臓への影響に関してはあまり関係ないものと見られます。

関係しているのは、とにかくスパイクタンパク質かと。どんなタイプであろうと、スパイクタンパク質を体内に作り出すものには問題があるということだと思えます。

そして、前回の記事に書きましたように、日本ではレプリコンの接種も開始される公算が大きくなっています。レプリコンもまた過剰にスパイクタンパク質を体内に作り出します。

心臓の問題は今後も大きくなる一方だと思われます。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2024年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 健康の真実, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.