地球最期のニュースと資料

In Deep

「 indeepの記事 」 一覧

ロシア政府が「国家全体を世界のインターネット網から遮断」する計画を実行しようとしている。しかも、早ければ2ヶ月以内に実験を行う可能性が

2019年2月14日の報道より ・sciencealert.com   最近、「国家がインターネットを支配しようとする」という話題や報道が結構多いのですが、先日、冒頭のような記事がありました ...



地球の異なるすべての民族が「良心に基づく同じ道徳的規範を共有している」ことが史上最大規模の研究により判明。その本来の人間の「善性」はなぜ損なわれ続けてきたのか

英オックスフォード大学の研究に関する科学メディアの記事より ・sciencealert.com 1924年のルドルフ・シュタイナーの講演より (※ 「悟性」とは、論理的な思考力のこと) 最初、人間は悟 ...

ロシアが構築した「世界終末核装置」。ポセイドンという名のその報復兵器の破壊力は、広島に落とされた原爆の5000倍…

2019年2月11日の米国ビジネス・インサイダーより ・Business Insider 終末兵器の決定版「ポセイドン」 今日、海外の報道を見ていましたら、 「ロシアが構築した海中で作動する終末兵器」 ...



地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

2019年2月12日の英国インディペンデントの報道より ・independent.co.uk   地球の植物の90%は昆虫によって受粉されることにより生き継いでいる 少し前に、以下のようなタ ...

「日本人の精神的崩壊は6世紀に始まり今完成しつつある」 : 宗教的信念はうつ病からの保護効果を持つという医学的研究から思う現代日本に根付く「病の構図」

2019/02/11    , , , ,

2019年2月10日の米国科学メディアの記事より ・sciencealert.com   今日、科学系メディアの記事を見ていましたら、「宗教的信念は、うつ病に対しての保護効果を持つ」ことが、 ...



アメリカで何が起きているのか : 全米で「謎の爆発音」と、それに伴う「謎の光のフラッシュ」現象が続く。原因はわからず

謎の閃光と衝撃音についての特集を組んだ米CBSニュースの番組 ・CBS 今年の 1月の終わり頃から、アメリカのかなり広い範囲で、「大きな衝撃音を伴う爆発音と、それと同時に空が光り輝く」という現象が続い ...

太陽は「その内部から発信される音波」で自身の磁場をコントロールしていた。そして、太陽系のすべての惑星もその「音の規則」に従っている可能性が

2019年2月7日の米科学メディア「PHYS.ORG」より ・phys.org     太陽から放出される磁気などの様々な粒子や物質が、地球にさまざまに影響を与え続けていることは、 ...



中国の科学者たちが「ラットの脳と人間の脳を接続」することにより、人間がラットの行動を支配し、マインドコントロールすることに成功。そんな科学の未来は

2019/02/07  

2019年2月4日の米国CNETの報道より ・cnet.com   先月書かせていただいた「唯物論支配のこの地球で「人類の滅亡あるいは消滅」は数十年以内だと知り、むしろ安堵の中にいる私…」と ...

西洋社会で次々と合法化されていくドラッグ。そして、オピオイド地獄が「大量死事象」へと発展している地獄そのものの今のアメリカ。その裏にチラ見えするCIAのスレイブ製造計画「MKウルトラ」の成果

2019年2月5日の米サイエンス・アラートより ・sciencealert.com ジャック・アタリ著『未来の歴史の概要』(2006年)より 《麻薬の合法化》 大衆は、不安定で無意味な生活から逃れるた ...



大流行している季節性インフルエンザに「かかったほうが良い」科学的理由 : それはその感染が「来たるべき新型インフルエンザのパンデミックから命を守る」から

H1型のインフルエンザウイルス ・atousante.com 今回の記事は、タイトルからは、いろいろと誤解されかねないものとなっていますが、ご興味のある方は内容をじっくりお読みいただけると幸いです。過 ...

南極大陸の氷河の下に超巨大な空洞が発見される。それと共に、南極の下で科学者たちに理解できないメカニズムによる「謎の大融解」が進行していることが判明

2019年1月31日の科学メディアの記事より ・sciencealert.com   状況次第では、世界中で急激で大幅な海面上昇が発生する可能性も 南極という場所は、今やいろいろな異常が存在 ...



[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」

2019年2月1日の米ネブラスカ大学のニュースリリースより ・Nebraska Today   すべての他の生命の登場に貢献した「植物」という存在。その植物が消えた時には他のすべての生命は再 ...

2019年 日本海の変 : 日本沿岸で今年の1月だけで「12匹連続」でリュウグウノツカイが打ち上げられている。世界的に見ても異例の事態

2019年2月1日の香港の報道より ・scmp.com   冒頭の香港の報道で、日本の富山湾に次々と深海魚のリュウグウノツカイが打ち上げられていることを知りました。 リュウグウノツカイは、日 ...



科学の進歩か新たな生物兵器の誕生か : 「ひとつの生物種全体を抹殺できる」可能性のある遺伝子ドライブ技術が史上はじめて哺乳類で試験され、成功した

2019年1月25日のロシアの報道より ・lenta.ru   少し前の以下の記事で、フランス人のジャック・アタリという人の 2006年の著作について、少しふれたことがありました。 唯物論支 ...

NASAの地球の気候に対する予測スタンスが「地球寒冷化」へと転換。そして地球は今後、マウンダー極小期のような時代と似た何十年もの寒冷期になっていくと

2019年1月19日 「世界で最も気温が低い首都」になったカナダのオタワの光景 ・cbc.ca   ちょっとこう、ここ最近の北米やヨーロッパの寒波や凍結ぶりは尋常ではなく、ブログ「地球の記録 ...



子どもたちを守る「黒い存在」の正体 : 氷点下で洪水状態の森で行方不明になり「2日後に傷ひとつなく発見された3歳の男の子」は「2日間クマと遊んでいた」と述べた

行方不明になっていた3歳の男の子が元気で発見されたことを伝えるアメリカの報道 ・Charlotte Observer   またも起きた小さな子どものあまりにも奇跡の生還 数日前、アメリカの報 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.