地球最期のニュースと資料

In Deep

「 Oka In Deepの記事 」 一覧

武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...



福祉国家スウェーデンの福祉が崩壊するとき

・politicalbullpen.com   崩壊の局面にあるスウェーデンの福祉構造 スウェーデンといえば、非常に高い「福祉」が設定されている国として著名であり、年金や教育、各種福祉が充実 ...

英米の科学者たちが緊急論文で発表した新型コロナウイルスの「壊滅的な感染力」と「極度に悲観的な先行き予測」。そして日本は

英米三大学の科学者たちが発表した論文にある2月4日までの新型ウイルスの予想感染者数 ・medrxiv.org   数時間で数百人ずつ増加する感染者 ちょっと新型ウイルス関係の記事が多くなって ...



新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。そこで沸き起こる「兵器化された病原体が流出したのではないか」という懸念

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

中国の出生率が建国以来最低の数値に。一人っ子政策廃止後、中国人女性たちは「さらに子どもを生まなくなっていった」

・zerohedge.com   主要国すべてが人口減少に向かう中で中国で壊滅的な出生率を記録 今から 1年ほど前、中国の出生率の低下について、以下の記事で取り上げたことがありました。 中国 ...



音と病気の関係を示す驚異的な発見 : 人間の細胞は「音を発している」。そして「ガンになると細胞の音の調和が崩壊する」ことを米英の研究者たちが突き止める

・waterjournal.org   人間の細胞が発する音は健康か病気かでまるで違うものだった 今回ご紹介いたします記事は、偶然、アメリカの医学記事を見ていて知ったのですが、その内容に私自 ...

人から人へ感染することが確定した新型ウイルスがパンデミック化するかどうかの瀬戸際に立つ世界。「延べ30億人の中国人」が全世界に移動する春節が迫る中、感染回避の最善策を考える

・news.yahoo.co.jp   実際の感染者数は完全に未知の世界 中国の武漢という場所で発生したと考えられている、肺炎等を引き起こす可能性のある「未知の新型ウイルス」が発生して、10 ...



地球全体に広がる「永久に分解されない」フッ素化合物がアメリカで法規制されることに。しかし、これを環境から完全に除外するテクノロジーは未だに存在しない

・WIRED   地球環境全体に拡大している「毒」は永久に分解されない フッ素とその化合物については、過去にも何度か取り上げたことがあります。 今では、このフッ素化合物は、さまざまな家庭用の ...

すべての病気は感染性 : 心臓病やガンなどを含む、非感染性とされてきた多くの病気は「体内微生物による感染性疾患」である可能性についての論文が発表される

・CIFAR   科学誌サイエンスに発表された最新の論文の内容は 昨日 1月17日に出させていただいたメルマガは、 「腸内細菌を含む体内微生物が「人間を根本から支配している」ことを示す驚くべ ...



終焉に向かうアメリカ社会 : 各種統計が示す超大国の驚くべき「病んだ数値」。しかし、冷静に考えてみれば、日本も比較的同じなのかもしれないとも

2020年1月12日 富士山の上に展開するレンズ雲と太陽ハロ ・take@tenkunofuji   今年 1月12日に、富士山で冒頭のような光景が展開されていたことを知りました。富士山の写 ...

「樹木は永遠の命を持つ」 : イチョウの木には老化に関する遺伝子がなく、永遠不滅に近い生命体である可能性が国際研究チームによる解析で判明

・Science   樹木は老化では死なない 1月13日のサイエンスに、とても興味深い記事が出ていました。 寿命が長いことで知られるイチョウですが、そのイチョウの木の遺伝子と細胞構造を徹底的 ...



アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

2019年10月 カリフォルニア史上最悪の森林火災の消火に向かう消防士たち ・Esquire   地球の自然災害が新たな段階に入ってきている可能性 前回は、フィリピンのタール山という火山が壊 ...

フィリピン・タール火山の噴煙17キロメートルに及ぶ、この世の終わりのような壊滅的な噴火を見て思う2020年という年

・John Ray Ebora   21世紀最大級の大噴火 今年に入ってからというもの、やや規模の大きな地震と、そして火山の噴火が世界中で突如として増加していた傾向があるのですが、その中でも ...



パニック障害やうつ病、不眠症などのメンタル疾患の人は「砂糖をやめる」ことが治癒に繋がる可能性 : 砂糖はGABAの産生を阻害し、脳の炎症を促す

・Amy Reichelt / The Conversation   砂糖が脳に与える影響が明らかに 今回は「砂糖が脳に与える影響」について書かれていたアメリカのメディアの記事をご紹介したい ...

原発事故から10年の今、放射線で汚染された福島の無人地帯は、チェルノブイリ同様、「以前より豊かな動物の生態系が広がっている」ことが米国の科学者たちによる調査で判明

2020年1月8日のCNNインターナショナルの報道より ・CNN   チェルノブイリと同様に、福島でも原発事故後に生態系が以前より豊かになっていた 2012年の In Deep で以下のよう ...



アメリカはすでに「反キリスト」に支配されている

・Pravda   激動の雰囲気の漂う2020年のアメリカは 現在のアメリカの大統領については、登場した時から、個人的に、ひたすら苦手であり、好きとか嫌いというようなことでもないし、私は政治 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.