地球最期のニュースと資料

In Deep

「 indeepの記事 」 一覧

no image

あなたはどう思われますか? アメリカ政府から「誤って流出した」とされる遠隔マインドコントロールと「肉体に苦痛を与える遠隔操作」が記された文書。その個別の内容をすべて書き出してみました

2018年4月22日のアメリカのメディアより ・beebom.com 数日前、アメリカやヨーロッパのメディアが一斉に上の情報について報じました。 陰謀論的にも見えながらも、興味のある部分もないではなく ...



太陽系がとてもカオス : 木星の衛星イオは無数の火山の爆発で灼熱地獄の状態、冥王星は実はとてもカラフルなことがわかり、そして先日の太陽からの惑星間衝撃波の原因は「いまだ不明」

NASAの無人探査機ジュノーが撮影した木星の衛星イオの様子 ・NASA, EarthSky Sponsored Link   木星もその衛星も荒れくるっている今 地球は今いろいろ「変な感じ」 ...

北極、南極、シベリア…世界中の氷床や永久凍土に次々と開く「穴」と「亀裂」。現時点ですべてにおいて原因がわかっていないこれらの原動力は何なのか?

NASAにより撮影された北極の穴についての4月20日の報道 ・Curious Circles in Arctic Sea Ice シベリアの永久凍土に発生した亀裂についての4月23日のロシアの報道 ・ ...



地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現

2018年4月21日のスペースウェザーの特集記事より ・Interplanetary Shock Wave Sparks Electric Blue Auroras Sponsored Link &n ...

どこまで火山活動は拡大するのか : スウェーデンでは海底火山の噴火、日本では250年ぶりの硫黄山の活動、ハワイではキラウエアのマグマが臨界かとも言われ、バヌアツでは噴火で島が再生不能に

4月18日のスウェーデンの報道より ・aftonbladet.se 4月20日に西暦1768年以来250年ぶりに噴火した霧島連山の硫黄山 ・気象庁 Sponsored Link 今日(4月20日)、九 ...



なぜ私たち日本人は、いつまでも羊のように「自分の人生を慈悲のない他人に丸投げする」ことをガン治療において続けているのか

最近国内のニュースは、読むと暗い気持ちになるものが多かったり、あるいは理解できないものなども多くなっていることもあって、まったく見ない日も多いです。 ところが、今日何となくクリックしたニュースを読んで ...

ますます小さな子どもたちが消えている……。世界各地で「子どもの失踪と人身売買」が著しく増加している、人心が崩壊した悪魔の国のようなこの世の行く末は

2018年3月27日のロシア・トゥディの報道より ・rt.com 4月18日のインドの報道より ・lokmat.com Sponsored Link 状況はひたすら悪化し続ける中で 右サイドに「人気の ...



春の訪れと共に世界各地で突如として始まった群発地震は何かを示唆するのか? : イエローストーン、そして九州沖のトカラ列島やニュージーランドでも

4月16日に九州沖のトカラ列島で発生した群発地震 ・地震情報 4月11日からまたも群発地震が始まったイエローストーン(1週間で116回) ・USGS Sponsored Link   4月に ...

メジャーメディアを巻き込み繰り広げられ続ける終末陰謀論者と正統派キリスト教徒の「この世の終わり」を巡る聖戦。次の終末は4月23日

4月11日の米国クリスチャン・トゥディの記事より ・christianitytoday.com Sponsored Link   世界はいつも終わっている 昨年、以下のような記事を書いたこと ...



世界各地で「空から鳥が落ち続けている」 : その理由は、単に悪天候のためなのか、それとも「異様なほど進む地球の磁場の変化と減衰」なのか

米アイダホで「空から次々と死んだガチョウが落ちてきた」ことを報じる地元メディア ・eastidahonews.com 欧州宇宙機関(ESA)の衛星が観測した「地球の磁場の状態」を視覚化した図 ・ESA ...

赤い空と地震の関係 : 2017年の大地震の直後に「空が真っ赤」になった南米チリで、またも大地震の後に「空が異様なほど真っ赤」に染まる

4月10日 南米チリのラ・セレナの「M6.2の地震の直後」に真っ赤に染まった空 ・Red Climatica Mundial 約1年前の2017年4月24日 チリのサンティアゴで「M7.1の地震の後」 ...



なぜこんなに山崩れが連鎖している? : 4月のたった数日の間に前例のない巨大な山崩れが報じられる日本、アメリカ、中国、モルドバ、北オセチア、カナダ……。

2018年に入って以来、世界中で巨大な地質的異変が出現し続ける中 4月11日に大規模な山崩れがあった大分県の中津市の現場前 ・syottan1231 今日(4月11日)、九州の大分県で非常に大きな山崩 ...

「登録しない者は存在しないも同然」という13億人を管理&監視するインドの国民総生体認証プログラムが稼働。その規模と適用範囲は中国を上回る

2018年4月7日の米ニューヨークタイムズより ・New York Times ビッグブラザーとは 英国のジョージ・オーウェルの小説「1984年」に登場する架空の独裁者。転じて、国民を過度に監視しよう ...



次の大恐慌を生きのびるには:太陽黒点活動が終わる中でも、市場と経済の壊滅的崩壊が避けられないと主張する人たちが増加する中で

2018年4月7日の米ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com Sponsored Link   太陽活動があからさまに極小期に入りつつある中での大恐慌の形態は? 世の中の「人々の ...

地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか

・Nikkei Asian Review ・地球の記録、他   収まりそうもない環太平洋火山帯の活動の中で いわゆる「人的被害」が比較的少ない事象が多いせいか、地震にしても火山噴火にしても、 ...



新燃岳の黙示録的な噴火の光景を見て思い出す「巨大地震と火山噴火が起きる本当の理由は、宇宙線の増加と太陽活動の低下」いう数々の研究結果。そしてこれからその時代区分が始まる

2018年4月5日 爆発的噴火を起こした霧島連山・新燃岳。上部の光は火山雷 ・産経新聞 WEST 2015年6月9日のハンガリーの科学者による科学記事より ・The Real Causes of Ea ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.