「 Oka In Deepの記事 」 一覧

次のパンデミックは「太陽活動極大期」に起きるのか「極小期」に起きるのか

  これは太陽の影響?(私的談話) 最近、「外来DNAは魂と記憶をコントロールできるのか」という記事を書かせていただきました。 ここでご紹介した記事の著者であるマシュー・マーヴァク博士のサブ ...

外来DNAは「魂」と「記憶」をコントロールできるのか

  記憶と魂が現実的に伝播していく光景 今回は、マレーシアの科学者であり地政学等の専門家であるマシュー・マーヴァク博士という方の寄稿文をご紹介したいと思います。 結構長いものなのですが、話と ...

「終末期の意識清明」

2024/06/12    

  米エポックタイムズで「終末期意識清明」に関する記事を読みました。 これは簡単にいえば、重度の精神疾患や脳疾患などを患っている人などで、ほとんど認知の状態がない、あるいは言語が失われている ...

4年目にして振り返るロックダウンとワクチン接種の凄惨な結末

2024/06/11    

2020年にロックダウンが始まった頃のスペイン領テネリフェ島。dailysabah.com   あの愚行の時代 最近、オランダの医学者たちが、「COVID-19パンデミック以降の西側諸国の超 ...

医療という欺瞞は今後さらに積み重ねられていく

  医師本人も含めて誰も気づかない欺瞞 最近読んだ記事で、「結局、上塗りの上塗りになっちゃうんだよなあ」と思ったことがありました。 まあ、立派な方だとは思うのですが、内科と心臓病学を専門とし ...

核戦争はどのように始まるのか

2024/06/08    

ucl.ac.uk   「誰かがこれを止めることができるのだろうか」 アメリカの弁護士であり、経済学者、投資銀行家であるジェームズ・リッカーという人が、「彼らは核戦争を始めようとしているのだ ...

メキシコで鳥インフルエンザによる死者が出たことにより、いろいろと走り出す可能性。懸念されるのはアメリカの4000万頭の「牛すべてを検査すべき」だという声…

  鳥インフルエンザをめぐる昨今の状況 少し前に、アメリカ CDC の元所長が、「機能獲得研究により鳥インフルエンザの大パンデミックが起き得る可能性」について警告した記事を以下でご紹介しまし ...

世界全部が不毛で形而上的な3年間を過ごしたことを RBD と NTD の免役刷り込みのメカニズムから知る

2024/06/04    , ,

  免疫の刷り込み、あるいは抗原原罪 今日、中国発の興味深い論文を知りました。 論文の概要は、以下に翻訳しています。 (記事)「オミクロン感染後のコロナウイルスの免疫刷り込みは、RBDでは持 ...

アメリカの大規模研究で「女の子たちの初潮開始が以前よりずっと早くなっている」ことが見出される。…スパイクタンパクとの相関は?

  世界規模での思春期早発症の急増の報告から2年 2年ほど前に、パンデミック以来、世界中の少女たちの「思春期早発症」が急増していることを以下の記事でご紹介したことがあります。 (記事)パンデ ...

医療の「あいまいな定義」に殺され続けるADHDの子どもたちと、他の子どもたち

2024/06/01    , ,

  医学は果てしなく進む 何だか薬剤を取り巻く状況が、むしろどんどん悪くなっていることを日々知りますが、今日も、すい臓ガンについての記事を見ました。 著名人や芸能人などが、次々とすい臓ガンで ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.