ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

4月12日にメルマガ夢見と古代ギリシャと「痛みとの個人的歴史」が混沌とを発行させていただきました。

2024年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の覚醒と真実 健康の真実 日本の未来

麻疹ワクチンの歴史に見る「人為的介入の有害性」

投稿日:




このままでは何百年も続く医療戒厳

スイス・ノバルティス社の元上級医学科学専門家だったユホン・ドン博士の記事は、以前から取り上げさせていただくことがありました。

mRNA ワクチンの「切断された mRNA 」の問題や、子宮頸がんワクチンなどに含まれているアルミニウムやポリソルベート80(脂質ナノ粒子)の問題については、このドン博士の記事で知った部分が大きいです。

今日、そのユホン・ドン博士が、「麻疹ワクチンが私たちの自然免疫をどのように変えるか」というタイトルの記事をエポックタイムズに寄稿していました。それをご紹介させていただこうと思います。

麻疹(はしか)ワクチンについては、日本でも世界でも「麻疹が流行しているからワクチンを打て打て」という報道で満ちているのですが、この単純化した思考にドン博士は警鐘を鳴らしています。

ドン博士の記事は、後半でご紹介するとして、少し前に以下の記事を書かせていただきました。

麻疹の歴史に見る「ワクチンの威力」。そして、感染症の流行を制御できるのは自然の成り行きだけ、と改めて思う
In Deep 2024年2月13日

以下のようなグラフなどを示しまして、それらのグラフは、本来なら、どんな感染症でも「自然に終息していく」ことを明確に示しています。

人口10万人あたりのイングランドの麻疹の死亡数の推移(1838 - 1978年)

England/Wales Measles Mortality Rates

 

それでも、世界は「とにかく感染症にはワクチン」という強い信仰で覆い尽くされていまして、それは一般の人と共に「医療従事者に誰よりもそのような医療信仰が強くある」わけです。

これがどれくらい続いているかというと、実際には何百年ということになるのでしょうけれど、例えば、約 100年前のスペインかぜの時の、世界の「インフル対策」はどうだったかご存じでしょうか。

以下は、英語版 Wikipedia の「スペインかぜ - 公衆衛生管理」からの抜粋です。

1918年のスペインかぜの際の公衆衛生管理

学校、劇場、礼拝所の閉鎖、公共交通機関の制限、大規模な集会の禁止など、社会的距離を保つ措置が導入された。

マスクの着用は、日本などの一部の場所では一般的になったが、その有効性については議論があり、また、マスク使用への抵抗もあった。

ワクチンも開発されたが、これらはインフルエンザウイルスではなく細菌に基づいていたため、二次感染にしか役立たなかった。

さまざまな制限の実際の施行はさまざまだった。ニューヨーク市の保健局長は、地下鉄の混雑を避けるため、時差シフトで会社を開閉するよう企業に命じた。

Spanish flu

100年経っても、世界はまったく同じことをやったわけですよ、コロナの際に。

この同じページには「医療」という項目があります。以下です。

スペインかぜ - 医療

ウイルスを治療する抗ウイルス薬も、細菌の二次感染を治療する抗生物質もなかったため、医師たちは、アスピリン、キニーネ、ヒ素、ジギタリス、ストリキニーネ、エプソム塩、ヒマシ油、ヨウ素など、効果の程度が異なるランダムな組み合わせの薬に頼ることになった。

瀉血、アーユルヴェーダ、漢方などの伝統医学の治療法も適用された。

Spanish flu

 

おわかりでしょうが、こんな「医療」をするくらいなら、何にもしないほうがいいことは明らかなんです。おそらく、これらの公衆衛生管理や「医療」が、状況を悪化させたであろうことは想像に難くありません。

どれだけ凶悪な株であろうと、インフルエンザに「安静」以上の薬はないです。上にありますような、キニーネ、ヒ素、ジギタリス、ストリキニーネ、ヒマシ油…というような、よくわからないながらも、おどろおどろしい「医療」は必要なかったはず。

今だと、解熱剤にタミフルでしょうかね。

(参考記事)インフルエンザ患者にタミフルを処方しても入院は減らないという最新のメタ研究
BDW 2023年6月14日

(参考記事)子どもがみんな解熱剤でやられてしまう
In Deep 2022年8月27日

全部要らない。

ともかく、100年前から「何もしない」という対策や治療法はまったく取り入れられることがなく、そして、今はさらにそれが拡大しているだけということになっています。

私自身は、お医者様の数が今の三分の一以下などに減ったとすると、国民の健康状態は非常に良好になっていくと考えていますが、いつかは減るのは減るでしょうけれど(mRNAワクチンの効果で)、それでも、それはずいぶんと先の話であり、現状のような病気ばかりの時代においては、

「効く効かないは関係なく、何かをする」

という方法論が続いていくのでしょう。

しかも、このような方法論は、むしろ「人間を弱くしていく」ことにつながることが、今回ご紹介するドン博士の麻疹ワクチンについての文章でもわかります。

できる限りのところまでは「自然にまかせる」という方向以外は、真の治療、治癒、というものは成立しないのではないでしょうか。

人間は結構強いですので、こんな医療信仰の中でも、人々は長生きしたりしていますが、その長生きの方法論自体が不健康だと私は思います。

早く死ぬとか長生きするとかの問題ではなく(そんなのは本来、個性)、自分の健康と人生を不自然な他者による方法論に身を委ねるというのが不健康だと感じます

しかしまあ、こういう主張も、今となってはほとんど通じない社会なのかもしれません。あまりに長く医療信仰の時代が続きすぎました。

ここから、ユホン・ドン博士の記事ですが、非常に長い記事です。抜粋にしようとしましたが、どこを省いていいのかわからず、結局、全文翻訳になりました。




 


麻疹ワクチンが私たちの自然免疫をどのように変えるか

How Measles Vaccines Alter Our Natural Immunity
Epoch Times 2024/03/10

ワクチンは、ウイルスと戦うには抗体が必要であるという理論に基づいて構築されている。しかし、研究によると、抗体は必須のものではなく、免疫力を変化させる可能性さえある。


抗体を産生できない子供でも、麻疹から十分に回復することができる。

麻疹ワクチンは麻疹の蔓延を阻止する役割があると長年言われてきた。はしかの症例発生の原因をワクチン接種率の低さのせいにしている人も少なくない。

私たちがよく聞くメッセージはシンプルなものだ。「ワクチンのおかげで、私たちは病気から守られている」というものだ。

しかし、私たちの体は複雑で、ワクチンに常にうまく反応するとは限らない。異物を注入すると悲惨な結果を招く可能性がある。この記事の主な焦点は、麻疹ワクチンの原理と安全性を検討することだ。

 

麻疹は抗体なしでも回復可能

(コロナの)パンデミックは誰もがワクチンの科学を学ぶ機会にもなった。ワクチンは体を刺激して、ウイルスと戦うことができる「抗体」と呼ばれる物質を生成する。

科学者たちは免疫を測定するために主に抗体に焦点を当てているが、免疫システムは、はるかに複雑なものだ。

1960年代、 現在、教科書に引用されている研究が、麻疹ウイルスを根絶するには抗体が必要であるという歴史的見解を揺るがした。科学者たちは、抗体を持たない病気の子どもでも麻疹から回復できることに驚いた。

これらの子どもたちは、抗体を産生できない免疫不全である無ガンマグロブリン血症(遺伝性の免疫不全疾患)として知られる先天性疾患を患っていた。

驚くべきことに、彼らは他の人々と同じように麻疹から回復した。

子どもたちは麻疹の典型的な症状を示し、自然免疫を獲得した。

彼らの血液中に麻疹抗体は検出されなかったが、自然免疫や Tリンパ球機能などの他の免疫機能が損なわれていなかったため、ウイルスを効果的に排除することができた(論文)。

さらなる分析により、血液中の抗麻疹抗体は病気からの回復や再感染の予防には不必要であることが判明した (論文)。この啓示は、かつて広く受け入れられていたものの根幹に疑問を投げかける。ワクチン産業の基礎となる抗体の不可欠な役割は、麻疹との戦いにおいて私たちが信じ込まされてきたほど重要ではない。

抗体なしでウイルスを排除できる場合、論理的には抗体は必須ではないということになる。この概念は、有名なオーストリアの哲学者カール・ポパーが示唆したように、論理学の基本原理と一致している。

つまり、普遍的な記述は、単一の本物の反例によって反証することができるということだ。

さらに、T リンパ球は、身体が麻疹ウイルス感染と闘う際の適応免疫において一般的な指揮官の役割を果たす。子どもの Tリンパ球が正しく機能していない場合、致命的な麻疹関連疾患を引き起こす可能性があることは驚くべきことではない。

しかし、報告されているように、T 細胞免疫の刺激におけるワクチンの積極的な役割はわずかであり、有害でさえある可能性がある

 

私たちの奇跡の免疫システム

私たちの複雑な免疫システムは、分子から細胞まで何層もの複雑な防御層によって昼夜を問わず精力的に働き、ウイルスや細菌から私たちを守っている。この自然免疫は、ワクチン接種の有無に関係なく機能する。

私たちの奇跡的な免疫システムは、肺、腸、目の中にある平らな細胞の薄い層である上皮表面から始まる、強力な防御の第一線を提供する。

麻疹ウイルスは主に気道を介して感染する。気道では粘膜上皮細胞が、細胞を抗ウイルス状態にするインターフェロン物質を自動的に分泌することでウイルスのライフサイクルに干渉する。

他にもさまざまな免疫細胞があり、それぞれがウイルスと戦う独自のスキルを持っている。

これは興味深い疑問を引き起こす:抗体産生を刺激するように設計された外部麻疹ワクチンの導入は、私たちの複雑な自然免疫防御にどのような影響を与えるのだろうか。

一部のワクチンが利点よりも多くの問題を引き起こしている可能性はあるのだろうか。

あるのだとすれば、麻疹ワクチンもおそらくこれに当てはまる。特定のワクチンの問題を紹介する前に、麻疹ワクチンの歴史を簡単に説明し、ワクチンがどのように相互に関連しているかを示す。

 

麻疹ワクチンの歴史

麻疹ウイルスは、RNA ウイルスに特有の高い突然変異率を持っている (論文)。ウイルスの複製プロセスはあまり正確ではなく、エラーを修正するメカニズムが欠けている。つまり、ウイルスが複製するとき、ウイルスはそれ自体の正確なコピーを生成するのではなく、ウイルスの多様なファミリーのように、わずかに異なるバージョンを多数生成する。この状況は急速に変化し、ワクチンの効果が低下する可能性がある。

1954年、ウイルス学者のジョン・エンダース氏と小児科医のトーマス・ピーブルズ氏は、ヒトの腎臓組織で初めて麻疹ウイルスを培養することに成功した (論文)。デビッド・エドモンストンという名前の 11歳の少年からの麻疹ウイルスは、「エドモンストン株」として知られる最初のワクチン源となった。

弱毒麻疹ワクチンの最初のバージョンは、エンダース氏による 3年間の研究の成果であり、その中にはヒト腎臓組織培養で 24継代、ヒト羊膜細胞培養で 28継代、鶏の受精卵で 6継代、ニワトリ胚細胞培養で 13継代が含まれている。

改変されたエドモンストン株は、注射されたサルに強力な抗体反応をもたらしたが、発熱、ウイルス血症、発疹は発生しなかった。

1963年に、上記のように、不活化 (「死滅」) 麻疹ワクチンと弱毒化生ワクチン (エドモンスト B株) の両方が米国で承認された。

弱毒化ワクチンでは発熱や発疹が見られる接種者が高頻度に発生したことや、不活化ワクチンでは予防効果がなかったため、両方とも次の2~4年で廃止された。

1964年、エドモンストンB株をさらに 85継代して得られた生ワクチンでさらに弱毒化された(シュワルツ株)ワクチンがナイジェリアの治験で試験された。

この試験では「さらに弱毒化した」ワクチンがエドモンストンB株ワクチンよりも優れており、発熱や下痢の症状が大幅に少ないことが確認された。これは米国以外の国でも使用されていた。

1968年に、別の生ワクチン(エドモンストン・エンダース株)が米国で承認された。このさらに弱毒化した生ワクチンは、おたふく風邪と風疹(MMR)、またはおたふく風邪、風疹、水痘(MMRV)と組み合わせて使用​​されることが多く、麻疹に使用される主なワクチンとなった。

 

「非定型麻疹」

米国で最初に認可された不活化麻疹ワクチンは、 4年間(1963年から1967年)の使用後に一時的な免疫しか得られず、その後麻疹に感染したワクチン接種を受けた子どもたちが「非定型麻疹」として知られる重度の反応を発症したことが判明し、使用中止となった (論文)。

これは、ワクチン接種を「最新」に受けていた人も感染する可能性が高いことが判明した新型コロナと非常によく似ている。

1967年の米国医師会の研究では、以前に不活化麻疹ウイルスワクチンを受けた 10人の子どもが 5~ 6年後に非定型麻疹疾患を経験したと報告された。

この病気は 2~ 3日間の激しい発熱、頭痛、筋肉痛または腹痛を引き起こした。頭痛の程度によっては、中枢神経系の関与が示唆されることがよくある。

脳機能障害は、脳波計で電気活動の乱れが認められた患者 1名で示された。ほぼ全員の子どもが浮腫や肺炎などの重篤な合併症を経験した。

この発疹は、自然の麻疹から発生した発疹とは明らかに異なっていた。

自然麻疹の発疹は通常、最初に顔に現れ、首、胴体、腕、脚、足に向かって広がるが、非定型麻疹の発疹パターンは通常逆の順序で現れる。

非定型麻疹では、通常、足首や手首などの遠位端から始まり、手のひらや足の裏を含み、その後体幹に広がり、多くの場合顔面には影響を及ぼさない。

これらの症状は、注射された麻疹ワクチンに対する急性の播種反応を示唆している。

症例の中には、ワクチン接種から数年後に重度の非定型麻疹を発症し、肺炎と異常な発疹で入院した 6歳の少女もいた。発疹は、1961年に不活化麻疹ワクチンの筋肉注射が行われた部位と考えられる右臀部に独特の濃度で進行した。

現在の麻疹ワクチンはもはや不活化ワクチンではなく、生ワクチンであると言う人もいるかもしれない。

しかし、非定型麻疹の現象から得られる重要な洞察は、ワクチンがウイルスと戦う免疫システムの自然な方法を妨げる可能性があり、それが好ましくない結果を引き起こす可能性があるということだ。

2018年の研究では、麻疹ワクチン接種を受けた生後 12~ 2 か月の小児に麻疹のリスクが関連していることが示された (論文)。

その記事ではこれらの画期的な症例の正確な診断は提供されていなかったが、 2006年から 2009年にかけてインドで発生したいくつかの流行では、非定型麻疹の症例も報告されている (論文)。

 

敵か味方か?

ウイルスに曝露された一部の小児に麻疹抗体を投与することは、麻疹の発症を回避することを目的としており、1960年にはすでに報告されていた。当初、このアプローチは成功したように見えた。なぜなら、これらの子どもたちは感染症によく関係する発疹を発症しなかったからだ。

同様に、弱毒化麻疹ワクチンの最初のバージョンに関連する症状を軽減するために、医師はワクチンに麻疹特異的抗体(免疫グロブリン)を投与することがよくあり、アメリカ疾病管理センターはこれを推奨している。このアプローチにより、発熱や発疹など、生きたウイルスに対する明らかな反応は軽減されたが、潜在的に深刻な結果を引き起こす可能性があった。

1985年のランセット研究では、 注射された麻疹抗体と予期せぬ長期免疫障害との間に有意な相関があることが示された (論文)。

麻疹を予防するために、ウイルスに曝露された後に麻疹抗体を受け取った子どももいる。その即時の結果として、麻疹感染の典型的な兆候である発疹は見られなかった。

しかし、麻疹による発疹がないと、免疫障害が長引くため、成人になってから免疫系障害を引き起こす可能性がある。

この研究では、麻疹ウイルス感染中に抗体が注射されると、体の自然免疫、特にウイルスを殺す T細胞の能力が妨げられる可能性があると述べられている。

その結果、ウイルスがより生存しやすくなり、体内に潜んで残り、後で再発したり、さらなる問題を引き起こしたりする可能性がある。著者たちは、麻疹曝露後に免疫グロブリンを使用しないよう警告した。

関連する可能性のある免疫疾患には、関節炎、エリテマトーデス、多発性硬化症、心膜炎、甲状腺炎、結合組織病、クローン病、脂漏性皮膚疾患、骨変性疾患、および特定の腫瘍が含まれる。

麻疹の発疹は、体の免疫、特にキラー T細胞免疫が麻疹ウイルスと効果的に戦っていることを示す重要な兆候だ。T細胞免疫は、粘膜障壁を越えて私たちの体に侵入するウイルスと戦うために重要だ。

同様に、ワクチンで生成された抗体は、私たちの体に害を与えたり、自然免疫を妨害したりする可能性のある免疫反応を引き起こす可能性がある。このような調節不全の免疫は、非定型麻疹やワクチン接種後の関連合併症の一因となる。

 

重篤な脳の問題との潜在的な関連性

麻疹ワクチンに使用されるウイルスのさらに弱毒化されたバージョンも、私たちの脳に影響を与える可能性がある。

麻疹ウイルスには免疫抑制作用があり、神経系の合併症を引き起こす可能性がある。麻疹感染後の重篤な脳疾患は亜急性硬化性全脳炎 (SSPE)であり、脳脊髄液および血清中に異常に大量の抗麻疹抗体が存在することが特徴だ。

SSPE は麻疹罹患後数年後に発症する可能性があり、思考、運動に進行性の問題が生じ、最終的には昏睡状態に陥って死に至る。

1967年以来、麻疹ワクチン接種後の脳関連の問題が報告されている(論文)。その後の調査では、脳組織の炎症である脳炎に焦点が当てられた。

さまざまな国での遡及分析を含む観察研究では、麻疹ワクチン投与後の脳症または脳炎の症例が報告されている。麻疹ワクチンによる脳症の発生率は、100万回の接種につき約 1~ 11例と計算されている。

2003年、アルゼンチンの研究者たちは、1998年の麻疹流行時に生後 6~ 10か月で麻疹に感染した 8人の小児グループを研究した。彼らは 1年以内に麻疹ワクチンの初回接種を受けており、その4年後にSSPEを発症した (論文)。

脳は広範な組織損傷を示し、血液および脳脊髄液中には高い抗麻疹抗体が存在した。脳組織内のこの異常に高い抗体レベルは、潜在的な要因として麻疹ワクチンについてのさらなる調査を正当化する不穏な警報を引き起こす。

1970年代には、麻疹の自然感染後の SSPE の発症率は小児 100万人当たり 5~ 10人 または 5~ 20人と報告されていた。しかし、21世紀に入り、報告される SSPE 発生率は麻疹症例 100万件あたり 40~ 110件に増加した(論文)。

研究者たちは、ワクチンへの躊躇が集団免疫の欠如とその後の SSPE を引き起こしていると非難している。しかし、ワクチン接種率の低さだけを SSPE の原因とするのは合理的ではない。SSPE は免疫力の異常を示しており、さまざまな免疫因子によって引き起こされる可能性がある。

イタリアのプーリア州は、 MMRV (麻疹・風疹・水痘・おたふくかぜ)ワクチンの初回接種後の有害事象を積極的に監視し、1000回の接種当たり 462件の有害事象が見つかり、そのうち 11%が重篤と考えられた (論文)。

これらの重篤な有害事象のうち、1000回接種あたり 38件は MMRV ワクチンに直接関連していた。これは、イタリア医薬品庁の受動的報告システムによって報告される割合よりも大幅に高い。

 

自閉症との潜在的な関連性

1998年のランセット研究では、消化管の慢性炎症と自閉症を含む退行性発達障害を発症した、以前は健康だった 12人の子どもを調査した。これらの子供たちの両親と医師は、自閉症の発症を麻疹ワクチン接種と関連付けた。

12人の子供のうち 8人が MMR ワクチン接種を受けていた。MMRワクチン接種から症状発現までの平均期間は 6日で、範囲は 1日から 14日であった。

この研究には、文書化された病歴と検査室、神経学的、組織学的記録が含まれる。研究者たちは、麻疹ワクチン接種との潜在的な関連性を示唆した。

興味深いことに、少なくとも 4人の患者で血清抗体レベルが異常だった。著者たちは自己免疫とその疾患との潜在的な関連性について議論し、さらなる研究が行われる必要があると結論づけた。

麻疹ワクチンがワクチン接種を受けた幼い子どもたちに免疫および神経学的合併症を引き起こしたかどうかを判断するには、科学的な議論を促進し、さらなる臨床研究を実施することが不可欠だ。これが真実を見つけ、正確な情報を得る唯一の方法だ。

このランセット論文は、その科学的価値にもかかわらず、産業界と政府によるメディアの取り込みにより、撤回を余儀なくされた。

メディアはワクチン接種率の遅れの原因として「信頼性のない」研究を不当に非難した。これは、新型コロナワクチンの論文でも観察されたパターンだ。

 

麻疹ワクチンに対する合理的な反省

医療技術開発の基本原則は「まず害を与えない」ことだ。

理想的には、私たちは健康へのリスクを最小限に抑えながら、ウイルスに対する免疫システムを強化するワクチンを求めている。私たちは、病気の人を治療するのではなく、病気を予防するために健康な人にワクチンを接種するので、リスクははるかに高くなる。

安全性と有効性の理想的なバランスを達成しているワクチンはまだないことを認識することが重要だろう。ワクチン開発における広範な研究と進歩にもかかわらず、固有の制限と複雑さを乗り越える必要がある。

侵入するウイルスと効果的に戦うには、免疫系によって生成される適切なレベルの高品質の抗体が不可欠であり、この事実は広く認識されている。

しかし、麻疹の場合、ウイルスを殺すために抗体は必須ではなく、不必要に注射された抗体は短期的および長期的に害を及ぼす可能性がある。

さらに悪いことに、ワクチン接種の原則の誤解や誤用は、ウイルスとの継続的な戦いを大きく脅かす可能性がある。過去 3年間、世界はパンデミックの最中に、実証されていない新しい mRNA 技術が導入され、多くの人々がそれを実験することを余儀なくされるのを目の当たりにしてきた。残念なことに、現在多くの人がこのために、未知の長期的な影響に直面している。

麻疹ワクチンをめぐる現在の物語は多面的だ。それは病気の予防に役割を果たしてきたが、その有効性は栄養、自然免疫、公衆衛生対策などの他の介入ほど重要ではない可能性がある。

前述したように、安全性に重大な懸念があることに注意することが重要だ。

科学界にワクチンに関する懸念を公然と議論する自由がないことが懸念される。

透明性と説明責任を実現するには、有意義な対話を通じて、検閲されていない科学的証拠を厳格に調査する必要がある。

人間の免疫システムの複雑さとその複雑な生物学的メカニズムを認識することが最も重要だ。理論的には、ワクチンは免疫システムをサポートするが、その有効性は最終的には内部要因に依存する。

将来の病原体に備えるには、自然免疫を高める取り組みを含む包括的なアプローチが不可欠だ。

結論として、ワクチンの安全性と有効性を微妙に理解し、オープンな対話に参加し、情報に基づいた意思決定を行うことが不可欠だ。現在のワクチン接種戦略の限界を認識し、免疫と病気の予防に対する総合的なアプローチを採用することで、刻々と変化する情勢の中で公衆衛生の複雑さをより適切に乗り越えることができるだろう。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2024年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の覚醒と真実, 健康の真実, 日本の未来
-

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.