「人類の覚醒と真実」 一覧

パンドラたちと突き進む先は、いつかわからない終末

  パンドラの箱はどれだったのか ずいぶん前からですが、街の雰囲気の、たとえばクリスマス感とか年末感とか、そういうのがどんどん薄くなっていますね。 大きな街とかではどうなのかわからないですが ...

酸化グラフェン含有の明確な否定根拠を読み、この3年間、数々なトリックの攻撃を受け続けていたことを再認識する

  理解していなくともご紹介する理由 少し前の地球の記録の記事で、元「 LNP/RNA バイオテクノロジーのデザイナー」であり「組換えタンパク質などのコンサルタント」であるという女性であるク ...

すべての要素が「発ガン」へと向かわせるメカニズムを網羅したコロナワクチンに関する論文。そして、フィンランドでの先天奇形の異常な上昇の原因は?

  リルの仕業の模様 今回は、関係のない二つの話を書かせていただくことになりそうですが、最近見たグラフの中で、ショックを受けた推移が描かれているものがあります。 フィンランドの「先天奇形で生 ...

永遠に周囲と「自分」にウソをつきながら滅亡していく現世人

  嘘で嘘が塗り固められて、そこから逃れられない 最近、アメリカの保守派のメジャーメディア Hill に「なぜこれほど多くのアメリカ人が早死にしているのか?」と題された記事が掲載されていまし ...

エアロゾル感染する HIV が蔓延する世界で生きるには?

  基本的には妄想話とはいえ 前回の以下の記事では、人間のほうの免役が弱くなっている現在の状況では、今後、時間が経過すればするほど、コロナを含めての風邪などの「単なる弱い病原菌」も、もはや単 ...

「コロナは単なる風邪」という幻想からはそろそろ抜け出さないと…。今やこれは、老衰死の大量生産と IgG4 にむしばまれた人たちの致死を加速させる狂気の病原菌

2023/12/09    , ,

  凶悪化させたのがワクチンの大量接種だとしても コロナは単なる風邪、というフレーズは、パンデミックが始まった 2020年から言われ続けてきたことでした。それでも、2020年当時なら「ある程 ...

殺戮の中で地球に笑顔と自由が定着する日までの道程を、秩序と無秩序の同居を主張する「不和と争いの女神」エリスの言葉から知る

女神エリス主義者の教典『プリンキピア・ディスコルディア』よりエリスの言葉 「私は混沌(カオス)です。 私は、芸術家や科学者たちがリズムを構築するための物質です。 私はあなたの子どもたちや道化師たちが幸 ...

レプリコンって遺伝子組換え生物等の使用に関する「カルタヘナ法」に抵触しないの? と思いつつ、話はまたもマイクロRNAに

2023/11/30    , ,

2016年6月にコロナビアのカルタヘナに出現した超巨大積乱雲 earthreview.net   「移転」も「複製」もしているわけで 日本の法令で、カルタヘナ法というものがあります。 正式に ...

ステファニー・セネフ博士は "FUCKUP" のような現代版人工知能を通じて「悪意」に真っ先に開眼したのかもしれない…。そのセネフ博士のワクチンによるマイクロRNAの働きの説明

technologynetworks.com   ワクチンの「悪意」に気付くとき 米マサチューセッツ工科大学コンピューター科学人工知能研究所の上級研究員であるステファニー・セネフ博士のコロナ ...

「ロシア敗北という魔法の思考はもうやめるべきだ」というウォールストリート・ジャーナルの報道を見て思う、欧米のメジャーメディアの「ほんの少し」の変化

10月20日 ヨルダン川西岸のデモ参加者らがロシアとパレスチナの旗を振り、 プーチン大統領と北朝鮮の金正恩氏の肖像画を掲げている。   現実を少しずつ報じ始めたメディア 昨日、アメリカのウォ ...

人類の「血液」は乗っ取られた。時間の経過と共にそれは進む

2023/11/15    

  「数」の問題 どこの国の方かわからないですが、マルク・ジラルド(Marc Girardot)さんという方のサブスタック記事を知りました。日付けは、2022年2月とあり、新しいものではあり ...

「共通の miRNA 状態」により現出するかもしれない2025年頃の終末

2023/11/13    , ,

  心臓突然死の増加の要因に浮かび上がるmiRNAという存在 最近、ある論文を読んでいて、その「タイトル」に心動かされるところがありました。 以下のようなタイトルの論文です。 心臓突然死症例 ...

VAIDSとAIDSの世界へ

  免疫低下が収まらない社会 今朝、「小児のアデノウイルス感染症患者数が統計開始以来最大に」という報道を見ました。 なんというか、小さな子どもたちの免役の状態が一向に良くなっていないんだなあ ...

エリス株に「かつてのデルタの要素が組み込まれた新しい変異種」が米国を席巻。今後、小さな子どもがさらに影響を受けそうな…

2023/11/05    , ,

  乳幼児の超過死亡が極端に悪化している中 先日、厚生労働省の人口動態統計から、日本の超過死亡の「年齢別死亡数の推移」を表組みされていた方の投稿を見ました。 こちらの X にあります。 それ ...

コロナ時代が授けてくれた「健康法」

2023/11/04    

  狂気なのか違和感なのか 最近、ナオミ・ウルフさんを取り上げるアメリカのメディア記事がとても多くて、最近も著作を出版されたようで、複数のメディアが取り上げていました。 米エポックタイムズは ...

死の時代となる21世紀:緩慢な過剰死と遺伝子改変の問題は世代を超えて続く可能性があるのかもしれない

  「死」から「誕生」まで いやあ、日中暖かいですねえ。 今日なんて、お昼前後は外だと暑いくらいで、「これで11月なのかよ」とか、空に向かって、わあわあと喚いていましたが(キ…)、アメリカな ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.