「人類の覚醒と真実」 一覧

人間が人間を編集し、造り出す時代の一歩手前に何を思う : 実施直前の様相を呈する「デザイナーズベイビー」と「人間クローン計画」

・Daily Mail   ヒトがヒトを造るのは「倫理」の問題ではなく「自然の摂理への反逆」のような気もして 今日は、ふたつの記事を翻訳しまして、それをお読みいただきたいと思いました。 英国 ...

カナダの大学が突き止めた「ガン腫瘍を最大80パーセント縮小させた物質の正体」を知り、人間の体の中には「病気をおこす物質と、治す物質」があらかじめ組み込まれていることを再認識する

2015年11月30日のカナダ・トロント大学のニュースより ▲ 左から、研究を行った、ヨシヒト・カノ博士と、マイケル・オー医学部教授。University of Toronto News より。 &n ...

地球の支配者である植物の「意識」。そして、その植物たちはストレスに対して、人間と同じ神経伝達物質GABAを用いていた

▲ 2015年11月24日の Epoch Times より。   地球の支配者「植物」が持つ私たちと同様の反応システム こちらの新しい In Deep に移転した記念すべき第一回目の正式な記 ...

超病気の時代に生きる:「大腸ガンをアスピリンで予防する臨床試験」の報道を見て、そのNSAIDsにより死にかけた昔を思い出し、ついでに「この世に病気がある理由」も何となく頭に浮かび

「薬の上塗り」がもたらす先は   今回はあることに関しての記事を書こうと思っていたのですが、今朝の報道を見まして、「ガンの予防のためなら、あとは何がどうなってもかまわないのだろうか」と、やや ...

人類が初めて気づいた生命体 : 生物の3ドメイン(真核生物、バクテリア、古細菌)で定義できない「第4の生命体」が私たちの体内にいる

いわゆる「第4のドメインの生命」の存在が発見された可能性が濃厚に ▲ 2015年11月16日の Science Alert より。   先日、冒頭のような「まったく新しいタイプの生命体が人間 ...

前回記事[瞑想]についての補足 : 訳語の訂正と「慈悲の瞑想の言葉」について。そして、Google社で行われる慈悲のプラクティスの言葉を付記しました

  前回の記事、 ・世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見  2015/11/20 な ...

世界を変えるかもしれない「瞑想という革命的存在」 : 英国の大学が「たった7分間の慈悲の瞑想が人種的偏見を人々から著しく減少させる」ことを発見

・英国サセックス大学ニュースリリースより。   世界の「神経衰弱」が止まらない中で ほんの数日前、 ・パリの出来事から一気にカオス化が進むかもしれない世界だからこそ、戦争やテロの噂の中でも「 ...

メンタル・シミュレーションの観点から「思考は現実化する」というロシアの研究論文から思い出す、過去に様々に考えた「言葉と人間の真実の関係」

▲ 2015年11月16日の EurekAlert より。   言葉と人間との関係を考えて結構な月日が かつて、マザー・テレサは、 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に ...

「何じゃこりゃ?(WTF)」と命名された宇宙の未確認物体の地球への衝突まで、あと1日。そして、スペインで「5日後に同じ場所に」また謎の落下物が

10月28日のCNN 「未確認物体が地球に接近、11月に落下へ」より ・CNN   13日の金曜日にやってくるのは宇宙ゴミか破壊者か、それともUFOに乗った救世主? 10月の終わりに上のよう ...

WHOが公式発表した「ガンの原因となる116の要因」を全掲載

加工肉…紫外線…抗ガン剤…何もかもが外部要因の感じが ・Daily Mail     先日、世界保健機構( WHO )が、 「ガンの原因となる 116 の要因」 というものを発表し ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.