「 WHO 」 一覧

世界保健機構の顧問が「新型コロナは武漢ウイルス研究所から漏洩したものである可能性が極めて高い」と発言。…しかし今や「機能獲得研究の主人公はアメリカ」であることもまた明白で

rappler.com コロナウイルスは武漢研究所から漏洩したとWHOは言うけれど WHO の顧問が、カナダのメディアに「新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から漏洩した」と語ったことが報じられてい ...



WHOが「PCR検査のサイクル値の基準」を大統領就任の前日に変更。これで今後アメリカを中心にコロナ感染確認数が「激減する」ことが確定的に

「自動的にコロナ感染者が激減」というプレゼントをWHOから送られた某氏。GMA   新しいアメリカで アメリカでは、「任・知将」の異名をとるバイデン氏が何かの係に就任したそうですが、就任日に ...

調べ続けて知る「ワクチンにより感染症の流行を抑制した歴史はない」ことを示す膨大なデータ。いかなるウイルスも自然の法則で拡大し、そして自然に終息する

childrenshealthdefense.org   冷静に見るワクチンの歴史 新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、本当にいろいろなことを知りうる機会を得たこともあり、この時 ...



WHOトップのテドロス事務局長が 「ワクチンはパンデミックを止めるのに十分ではない」と声明。じゃ、どうすりゃ? と思いながら、これが暗黒時代の宣言であることも感じて

・strategic-culture.org すべて「終わらせない」という意志を見て かつての日本の男性の方々には、ワクワクしながらチンチンを云々というようなライフスタイルの方々もいらっしゃったかと思 ...

WHOと世界銀行が「36時間以内に地球の人間を8000万人殺すパンデミックを起こす可能性」を懸念する《病原体X》とは一体何なのか?

2019年9月19日の米インターナショナル・ビジネスタイムズより ・IB Times   WHOの重大感染症リストに記載されている病原体Xとは 先週、アメリカやヨーロッパで、、 「新たな感染 ...



WHOさえもインフルエンザの治療ガイドラインから永久に削除することを決めた「タミフル」がなぜ日本ではいまだに処方され続けるのか

今一度、タミフルという存在を考えてみます 2007年3月の読売新聞。タミフル服用後の発生事例 ・読売新聞 今日、下のニュースを見ました。 インフル薬“異常行動”めぐり厚労省が「施錠」など通知へ TBS ...

WHOは「ジカ熱対策のために遺伝子操作した蚊をおおいに活用しなさい」というけれど……。感染症医学の中心に立ちはだかるパスツールの亡霊たち

・arigobio.com   春の蚊を見て思う気温の状況 今日、ベランダで植物とかメダカとかいろいろ世話をしていましたら、「蚊」が植物用の台に止まっているのを見つけました。 私 「暖かくな ...



WHOが公式発表した「ガンの原因となる116の要因」を全掲載

加工肉…紫外線…抗ガン剤…何もかもが外部要因の感じが ・Daily Mail     先日、世界保健機構( WHO )が、 「ガンの原因となる 116 の要因」 というものを発表し ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.