地球最期のニュースと資料

In Deep

「地球という場所の真実」 一覧

サイキック核兵器人間は実在したのか? : アメリカ国家安全保障局が恐れたソ連の「リアル・アキラ」計画

機密指定を解除されたNSAの文書を解説するアメリカのウェブサイト ・Life imitates Akira: the NSA’s fear of psychic nukes   米ソ両国の「 ...



赤く歪んだ月ばかり… : 世界中で赤黒く輝いた2019年最大のスーパームーンと「地球上空で笑う爬虫類人間」を見て何思う

2019年2月19日 凍結した米スペリオル湖と赤く歪んだスーパームーン ・thomas spence   アメリカを赤く染めたスーパームーン 2月19日は、世界各地でスーパームーンが観測され ...

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

2019年2月12日の英国インディペンデントの報道より ・independent.co.uk   地球の植物の90%は昆虫によって受粉されることにより生き継いでいる 少し前に、以下のようなタ ...



アメリカで何が起きているのか : 全米で「謎の爆発音」と、それに伴う「謎の光のフラッシュ」現象が続く。原因はわからず

謎の閃光と衝撃音についての特集を組んだ米CBSニュースの番組 ・CBS 今年の 1月の終わり頃から、アメリカのかなり広い範囲で、「大きな衝撃音を伴う爆発音と、それと同時に空が光り輝く」という現象が続い ...

太陽は「その内部から発信される音波」で自身の磁場をコントロールしていた。そして、太陽系のすべての惑星もその「音の規則」に従っている可能性が

2019年2月7日の米科学メディア「PHYS.ORG」より ・phys.org     太陽から放出される磁気などの様々な粒子や物質が、地球にさまざまに影響を与え続けていることは、 ...



南極大陸の氷河の下に超巨大な空洞が発見される。それと共に、南極の下で科学者たちに理解できないメカニズムによる「謎の大融解」が進行していることが判明

2019年1月31日の科学メディアの記事より ・sciencealert.com   状況次第では、世界中で急激で大幅な海面上昇が発生する可能性も 南極という場所は、今やいろいろな異常が存在 ...

子どもたちを守る「黒い存在」の正体 : 氷点下で洪水状態の森で行方不明になり「2日後に傷ひとつなく発見された3歳の男の子」は「2日間クマと遊んでいた」と述べた

行方不明になっていた3歳の男の子が元気で発見されたことを伝えるアメリカの報道 ・Charlotte Observer   またも起きた小さな子どものあまりにも奇跡の生還 数日前、アメリカの報 ...



「オーロラが人間を狂気に導く」という話から思う「太陽が地球に放ち続けるものとその影響の真実」

ロシアのメディアより ・meteovesti.ru   ロシアの報道メディアで、ちょっと面白い記事を見かけました。 それは、 「オーロラが人に精神的な異常をもたらす」 ということについての記 ...

2019年最初の「赤い月」はスーパーブラッドムーン。そしてその皆既月食の血の色はアメリカだけを照らした

2019年1月21日 米アーカンソー州で撮影された皆既月食 ・Kayla Dowdy   スーパー・ブラッド・ムーンの日に思い出すこと 日本ではちょうど今日(1月21日)の日中にあたる時間に ...



地球の磁場をめぐる急激な「ポールシフト的事象」が発生中。北極の磁極が異常なほどの速さでシベリアへ移動していることが科学誌ネイチャーで発表される

2019年1月9日の「ネイチャー」より ・nature   地球の磁場がさらに暴走している 科学誌ネイチャーの最近の記事で、 「地球の北極の磁極の移動が、信じられないほど加速している」 とい ...

サウジアラビアの聖地メッカがイナゴに占領された光景から思い至る「聖書の世界を創る気候変動」という概念

2019年1月11日のイスラエルの報道より ・timesofisrael.com イナゴに占領されたメッカの聖モスク ・deZabedrosky   2019年の新年早々、サウジアラビアの聖 ...



地球の大気の流れに何が起きているのか : 北半球の「風力」が過去40年間で最大70パーセント近くも「弱くなっている」ことが中国科学院の大規模調査で判明

中国科学院の研究を報じるロシアのメディア ・mirvokrug 本日、メルマガの第21号を発行させていただきました。タイトルは「パニック障害や、あらゆる心の不調や苦悩を治癒する方法の根幹」というもので ...

地球は赤い時代へ : オーストラリアが十年ぶりに真っ赤に染まった日に思った「世界はなぜこんなに急速に赤くなり続けるのか」

2019年1月8日のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の光景 ・7 News Gold Coast   10年ぶりの「オーストラリアの赤い衝撃」 昨日 1月8日、オーストラリアのニュー ...



「植物の光合成には根源的な欠陥がある」と考える科学者たちの思考…… そして遺伝子組み換えで《植物の慈愛》を是正する思考…… その思考が地球を滅亡に導く「明確な理由」

そして私はまた植物の緑に引き戻される。 ・vividscreen 科学者たちは「植物とは何か」を考えなさい 今日(1月5日)、少し残念なニュースを目にしました。 それはアメリカの科学メディア PHYS ...

宇宙と天体の事象が最初から花盛りの2019年 : 人類が接近した最も遠い天体… 人類が初めて到達した「月の裏側」…。そして今日は太陽が最も地球に近い日

2018年1月2日にNASAの探査機が送信した天体ウルティマ・トゥーレの姿 ・NASA   NASAは 1月2日、これまでの宇宙観測史において、地球から最も離れた天体に接近し、その姿を「撮影 ...



アレニウスとホイル博士に感謝しながら「欲求で生まれたこの世界」にそれなりに感謝するこの年の終わり頃

紀元前12世紀に編纂されたインドの聖典『リグ・ヴェーダ』 ・Google Search   このブログでもたまにその名前を書かせていただくことがありますが、私の人生で最大の恩人であり、友人で ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.