ブログ記事の引用・転載はすべて自由です。その際、ページのリンクを示していただけると嬉しいです。以下でキーワード記事検索ができます。

4月12日にメルマガ夢見と古代ギリシャと「痛みとの個人的歴史」が混沌とを発行させていただきました。

2023年からの世界 人類の覚醒と真実 地球という場所の真実

人間を含むあらゆる生命は光そのものであり周波数そのもの

投稿日:




 

周波数はすべての生命システムの基本なのに、この現状

アメリカのロバート F.ケネディ・ジュニアさんのサイト「ディフェンダー」を見ていましたら、以下のタイトルの記事がありました。

人間を6Gのアンテナに?「これまでで最悪のアイデアの1つ」と評論家たちは言う
Human 6G Antennas? ‘One of the Worst Ideas Ever,’ Critic Says

 

これはそういうものが開発されたというような話ではなく、米マサチューセッツ大学などの研究者が、そのようなアイディアを提唱しているという話でしたが、「腕にブレスレットの形式で、2つの 6Gアンテナを設置する」というようなことでした。

それはともかく、「もう 6Gなんて話が出ているのか」ということのほうに驚きました。

Wikipedia にも「第6世代移動通信システム」という項目が出てきており、

そこには以下のように書かれてありました。

> 100Gbpsを超える超高速通信。NTTドコモは、速度と容量において 5Gの10倍を目指すとしている。中国は1TB/sの転送速度を目指しているとも報じられている。第6世代移動通信システム

 

速度は「 5Gの10倍」などとあり、「ひいぃ」と思いましたけれど、もう 4Gの頃からすでに健康不具合が続出しているというのに、5G、そして 6Gに行きますか。

「本当にみんな死んじゃうぞ」とか思いますが、アメリカのロス・アディ氏という科学者が、最初は、国防総省の依頼(パンドラ計画という名称のプロジェクト)で、後に自身で携帯の電磁放射が、人体に影響を及ぼすかどうかを研究したことがありましたが、

「第1世代移動通信システム (1G)より弱い電波で研究されていた」

のですけれど、ロス・アディ氏の結論は、

「腫瘍の発生と関係がある」

というものでした。

2000年の時点のインタビューで、アディ氏は、

「携帯電話の放射線の安全レベルの最大値を定義しなければなりません」

と述べています。

今は、この 2000年の頃の何万倍なんでしょうかね。

これで病気が増えないとしたらおかしい。

このロス・アディ氏の研究については、以下の記事で取りあげています。

 

[記事] 「パンドラ計画」と5G
 In Deep 2020年6月6日

 

この頃は日本で最初の緊急事態宣言が発令されていた頃で、「三密を避ける」などという言葉がメディアなどで真剣に語られていた頃でした(苦笑)。

私は、あんみつとか壇蜜とか金妻などを避けてはいましたが、三密までは思いが及びませんでした。

 

先ほどの人体 6Gアンテナのことはまだ何も開始されてはいないですので、それはいいとして、同じディフェンダーの記事で、ロブ・バーカーク博士という方による、

「人体と周波数の関係」

についての記事が掲載されていました。

ものすごく長い記事ですので、さっそくご紹介させていただこうと思います。

なお、ここに出てくるフリッツ・ポップ博士という方は「生体光 (バイオフォトン)」の研究者で、以下の記事でも出てきたことがあります。

 

[記事] 「生体の光」「水の記憶」「DNA」で人間の多くの病気を治癒する技術をほぼ完成していた矢先のモンタニエ博士の死。その「光学生物物理学」の歴史
 In Deep 2022年2月19日

 

ちょうど 1年くらい前の記事ですね。

では、ここから記事ですが、最初全部を翻訳したのですが、読むと、文章が長すぎまして、最初のほうは「周波数の研究の歴史」になどにふれているのですが、割愛しました。

紹介されていた人たちは以下の人たちです。

 

アルバート・エイブラムス(1863 – 1924) 後にラジオニクスと呼ばれる医療マシンを製作。
ロイヤル・レイモンド・ライフ(1888 – 1971) ガン治療に対しての周波数発生治療器を発明 (その後、医学界から追放)。
ラインホールド・ボール (1909 – 1989) EAV と呼ばれる電気鍼治療を開​​発。
ロバート・O・ベッカー(1923 – 2008) サンショウウオの損傷した四肢の再生が電磁力によって制御されていることを発見。
フリッツ・アルバート・ポップ(1938 – 2018) 生体が「光を発している」ことを初めて発見 (バイオフォトン)。

 

この方々です。

また、割愛した部分には、「なぜ現代医学は、生体の周波数の研究に重きを置かないのか」というような現代医学に批判的な部分もあるのですが、そこも割愛させていただきまして、最も重要だと思える部分をご紹介します。そこだけでもかなり長いです。

なお、人体のバイオフォトンやオーラ、あるいは「波動」というようなものは、確かに医学ではあまりふれられないですが、

「メタトロン」

という医療器具は、ソ連で開発された「波動測定器」として、今では、日本の多くの病院に設置されています。以下の記事の後半でふれています。

 

[記事] 2021年以来、人間のエネルギーは変わってしまったのだろうか
 In Deep 2022年10月9日

 

では、ここから記事です。




 


周波数という存在: アインシュタインは医学の未来について正しかったのだろうか?

Frequencies, Part 1: Was Einstein Right About the Future of Medicine?
The Defender 2023/02/24

 

「未来の医療は周波数による医療になるだろう」 - アルバート・アインシュタイン

 

アインシュタインが、一般相対性理論と世界で最も有名な方程式 E = mc2 に含まれる質量エネルギー等価理論を提案したのが今から約 120年前であることを考えると、今の状態は驚くべきものだ。アインシュタイン自身が予測したように、周波数の医療は今は医学の主力にはなってはいない。

では、なぜ今日の主流の医療システムは周波数の医療ではないのだろうか。

エネルギー医学の科学が十分に進歩していないからだろうか。

それともエネルギー医学の科学的根拠が認識されていないからだろうか、あるいは、少なくとも一貫して十分に臨床的に有効であることが実証されていないからだろうか。

確かに、現在の科学は、アインシュタイン、ニコラ・テスラ、アルバート・エイブラムス、ロイヤル・レイモンド・ライフ、フリッツ・ポップなどのような、バイオエネルギー学の新たな分野のパイオニアたちが考えたほど進歩していないことは事実だ。

 

周波数はすべての生命システムの基本だ

周波数は、エネルギーの振動または揺れだ。エネルギーは、主に電気、電気化学、または電磁の形で、さまざまな方法で伝達できる。

電気は都市や工場全体を動かし、ほとんどの人々の家に照明と電力を供給するためのエネルギーを提供する。しかし、生物系の内外を問わず、自然界にも存在する。

本質的には、神経繊維や銅線などの導体に沿った、電子と呼ばれる負に帯電した亜原子粒子を通る電磁エネルギーの流れだ。

電気はあらゆる生物に存在する。それがなければ、私たちの心臓は鼓動せず、脳は機能せず、神経は発火しない。しかし、電気は、稲妻の形など、生命システムの外でも自然界に存在する。

電気、または負に帯電した電子を含むこの電磁エネルギーの流れも、化学変化を誘発する可能性がある。化学エネルギーと電気エネルギーの相互変換を研究する科学分野は電気化学と呼ばれ、私たちの体は神経インパルスが伝達されるたびに電気化学勾配に依存している。

これらの神経インパルスの速度は、痛みの信号の場合は 1秒あたり 1メートル未満の速度から、筋線維を活性化する場合は 1秒あたり 100メートルを超える速度までさまざまだ。

これは、一般的な家庭の銅線の電気の流れよりもはるかに遅い (通常、毎秒約 2億メートル、光速の約 90%)。

これは、電位依存性イオンチャネルを介した正電荷のナトリウム、カリウム、またはカルシウムイオンの流入と流出によって引き起こされる神経線維の分極と脱分極によって生じる膜電位の変化によって起こることがわかっている。

これには、バイオフォトン (すべての生物が放出する光エネルギーの粒子) がそのような反応を引き起こし、生命の量子コントローラーとして機能する可能性が含まれる。

電磁気は、電気力と磁力の両方の組み合わせである荷電粒子間に作用する一種のエネルギー力だ。電磁波は、音波とは異なり、質量がないため、真空 (空間を含む) を通過できる。

電磁気学は、ラウドスピーカー、電磁調理器の作成から、ラジオ、テレビ、無線放射、X線装置に至るまで、幅広い技術で利用されてきた。

電磁波は、電波と電磁波が直角に振動することで伝搬する。

電磁波の主な特徴は、波のピーク間の距離である波長、波の振幅、一般に電力に関連し、ガウス単位で測定される周波数だ。

下の図でわかるように、可視光は電磁波の一種だ。光の速度 (毎秒約 3億メートル) は、私たちが知っている宇宙のどの速度よりも速い。光の波は、他の電磁波と同様に、それ自体に質量がないためだ。

対照的に、電気は、微小ではあるが質量のある粒子である亜原子電子間の電磁力の伝達を伴う。家の銅配線では、電波はこの速度の約 3分の2、たとえば毎秒 2億メートルで移動する可能性がある。

電子自体は実際には非常にゆっくりと移動し、複数の方向に移動し、互いに衝突して、ワイヤ内の電気に関連するおなじみの熱を発生させる。

 

あなたの耳に音楽を

なお、「音」は物質の粒子の振動を伴うため周波数として測定できるが、前述の光や電気とは対照的に、電磁気の一種ではない。

そのため、宇宙を通して光を見ることがはできるが、振動する粒子がないため、宇宙空間では人間の耳には何も聞こえない。

しかし、これは、音楽を含む音とその共鳴が治癒に有益ではないということではない。

実際、耳を通して聞こえる特定の共鳴、および体内の振動受容体によって聞こえる特定の共鳴が非常に有益である可能性があることを示唆する多くの実験的および臨床的エビデンスがある。

これは、人間の音楽への愛情がなぜ普遍的であり、動物がコミュニケーションのためだけでなく、生活の質を向上させるためにさまざまな音に依存している理由の少なくとも一部を説明している。

健康な若者の人間の耳は、通常、64 ~ 23,000 Hz の周波数で音を検出できる。比較すると、コウモリの可聴範囲は 7,000 ~ 200,000 Hz という驚異的な範囲だ。

 

電磁場 (EMF)

さて、周波数医療とは何か(サウンドヒーリングとは異なる)の要点だ。電磁気学は、電気と同じように、すべての生命システムの基本でだ。

しかし、ここに問題がある。生命を説明しようとする新興科学と最も実行可能な理論から、電磁気学システムは生命機能の単なる副産物ではないことがますます明らかになっている。

それは実際には、生物系の複合分子、原子、および亜原子粒子を、私たちが見たり感じたりする有機体を生物として説明できるように動かすことによって、生命を生み出すエネルギーの形である可能性がある。

電磁エネルギーの非コヒーレントパターン (干渉などの影響を受けるもの) も、機能不全の原因となる可能性があり、病気や死にさえ関連している可能性がある。

生命システムにおける電磁気学の重要性を理解するだけで、人間が無線情報通信システムにこれまで以上に依存し、それらが生み出すエレクトロ・スモッグに疑問を呈するのに十分な理由となるはずだ。

これらの技術は、私たち (および他の動物、植物、微生物) を、地球上の生命の進化の過程で経験するバックグラウンドのしきい値をますます超える新しい周波数と量 (線量) の低周波 EMF 放射にさらす。

安全性テストが実施されていない状態での 5Gの展開と、いわゆるモノのインターネット (IoT) への移行は、人間がこれまでに実施した制御されていない最大の実験と見なす必要がある。1つの種だけでなく、地球上のすべての生命に影響を与える可能性がある。

医療専門家たちがまだ電磁気学と生命の間の密接な関係を受け入れるようになっていない世界では、分子および生化学モデルから電磁界と人間のバイオフィールドを含むモデルに移行することの重要性は、ひとつの根幹かもしれない。

いくつかの重要な証拠に目を向けてみる。

 

電磁気学が生命にとって不可欠であると考える理由は何か

生物電磁気学と生命との本質的な関係について非常に説得力のある証拠を提供すると思われる、生体電磁気学に関する 6つの事実を引き出したいと思う。

 

1. すべての人間 (およびその他の生物) は、エネルギーシステムの影響を受ける可能性のある測定可能なバイオフィールドを持っている。

現在、私たちの体の内外にエネルギー場(バイオフィールド)が存在するという明確な証拠がある。これは、体内に生体電気力と生体電磁力が存在することが証明されていることを考えると、どちらも電磁場を生成するため、論理的だ。

ドイツのピーター・マンデル博士の研究に続いてコンスタンチン・コロトコフ博士によって開発された、キルリアン電子写真法またはその後継のデジタル技術、ガス放電可視化、または GDV などの技術を使用して、人間のバイオフィールドを可視化することができる。

(※) キルリアン写真とは、Adebe の説明ですと、「電子写真とも呼ばれ、コロナ放電を捉えたアート作品」とのことです。以下のようなものだそう。

 

バイオフィールド(オーラ)を視覚化するのに十分なほど敏感な知覚を持っている人がいることは、以前から知られていた。

コロトコフ博士はさまざまな研究に着手した。カリフォルニア州にあるロンティア・サイエンス研究所の研究では、セラピータッチ(下図)、催眠術、気功などの心身の変化を誘発する治療法が、介入後のバイオフィールドのエネルギー放出パターンにどのように変化 (より大きな一貫性) をもたらしたかを示している。

 

人間のバイオフィールドは、コロトコフ博士の GDV カメラを利用した市販のバイオ・ウェルシステムを使用して容易に視覚化できる。これは、介入やさまざまな感情的または身体的状態によって引き起こされるバイオフィールドの変化を検出する手段として非常に役に立つ。

バイオフィールドは、伝統的な中国医学の経絡システムとアーユルヴェーダのナディ (※ 気の通り道)と一致する目に見えないチャネル、ポイント、センターに沿ってエネルギーが流れることを可能にするネットワークだ。

これらの伝統、何千年も前にこれらのチャネルとポイントを流れるエネルギーに名前を付けてきた。これらは、中国伝統医学とアーユルヴェーダでそれぞれ「気」と「プラーナ」と呼ばれている。

人間のバイオフィールドに対する私たちの現代的な認識は、カルマナ・シャリーラと呼ばれるインタラクティブなカルマ・フィールドのジャイナ教の概念とも一致している。

これは、魂から発せられ、魂を取り囲み、意識や感情と相互作用し、魂が人生を経験できるようにする微妙なエネルギー体を指す。私たちはこの物質宇宙でこその存在を知っている。

 

2. すべての生物のすべての細胞は、体内の細胞通信にとって重要であると思われるバイオフォトンとして光を放出する

1920 年代のギュルヴィッチ博士の先駆的な研究と、1970年代のフリッツ・ポップ博士の先駆的な研究のいくつかは、ポップ博士のバイオフォトン理論につながったが、私たちは文字通り(すべての生物と同様に)光の存在といっていい。

生物物理学の分野では広範な研究が進行中だが、生物光子に関する研究はその一部でしかない。

バイオフォトン放出が体内の細胞情報転送および通信 (シグナリング) にとって重要であるという科学的認識が高まっており、これらの放出は量子ドメインで機能している可能性がある。

科学文献では、生化学的または物理的信号がなくても細胞間通信が発生する可能性があることがますます受け入れられており、超微弱な電磁力またはいわゆる微妙なエネルギーの役割が示唆されている。

ポップ博士の過去の研究チームの成果の実用化は、エコノミストから生物物理学者に転身したオランダ人のヨハン・ボスウィンケル氏によって取り上げらた。彼はヘルス・エンジェル財団を設立した。

ボスウィンケル氏は、病気は光の不足から始まると主張し、ポップ博士と同様に、体内のコヒーレント光が健康に寄与し、混沌とした光が病気を誘発すると主張している。彼のチームの研究では、ガン細胞のバイオフォトン放出が健康な細胞の約半分であることも示されている。

 

3. DNA 鎖には、類似の DNA 鎖を遠くから認識する能力があり、DNA を構成する窒素含有塩基の特定のペアリングは、電磁エネルギーによって駆動される

2008年に、インペリアルカレッジ・ロンドンとベセスダの米国国立小児衛生研究所のボールドウィン氏とその同僚による画期的な研究が、ジャーナル ・オブ・フィジカルケミストリーに掲載され、無傷の二本鎖 DNA には、遠くからDNA から類似の鎖を認識する能力があることが示された。

それだけでなく、アデニン (A)、チミン (T)、シトシン (C)、およびグアニン (G) で構成される DNA の 4文字のアルファベットの窒素含有塩基がペアになって結合し、A から T へ、C から G へと非常に特異的で予測可能な新しい DNA を構成する。

何年も前に生化学者エルヴィン・シャルガフ氏によって発見されたが、これは生化学的または物理的な引力によるものではない。

実験により、このプロセスは、以前考えられていたタンパク質間の生化学的引力や物理的接触によって駆動されるのではなく、「テレパシー」と呼ばれる独立した自己探索プロセスによって駆動されることが確認された。

ポップ博士などによって示されているように、DNA からのバイオフォトニック放出、およびキール大学の研究者であるニナ・シュワルベ氏たちによる DNA の光感受性が塩基配列によって異なるという証拠に注目すると、これらの効果は可能性が高いと思われる。

 

4. 地球上の生命は、地球の磁場とシューマン共鳴によって進化してきた

地球上の生命が磁気惑星で進化し (北極と南極が周期的に反転する)、すべての生命が地球と太陽の両方からの電磁力に継続的にさらされていることを考えると、人間の体は電磁プロセスに鈍感だ。

ミュンヘン工科大学のヴィンフリート・オットー・シューマン教授は、1952年に、負に帯電した地球が正に帯電した電離層内に存在することを考えると、地球にはパルスがあるに違いないと推測した。

シューマン教授と同僚は、現在シューマン共鳴の第 1高調波と見なされている約 7.5Hz の地球の基本周波数が、光の速度と地球の円周との間の相互作用の産物であることを発見した。

これらのシューマン共鳴の形状とパターン、および人間の脳の脳波によって記録されたパターンには、顕著な類似性がある。

これらの電磁共鳴が地球上の生命に重大な影響を与え、広範囲の生体調節プロセスや人間の心、さらには意識と相互作用することがますます明らかになっている。

(※) シューマン共鳴については、過去記事「永久に不変と思われた「地球が発するシューマン周波数」が 7.83Hz から 8.5Hz へとアップし、ついに不安定化へ…」をご参照いただけれはと思います。

 

5. 水 (生命にとって非常に重要) は、独立した H2O 分子の集まりだけではない

量子場の理論的アプローチによると、液体の水は、独立した、またはランダムに結合した H2O 分子の集まりだけで構成されているのではない。

分子のコヒーレンスドメイン (CD) として知られる大きな集合体で構成されており、電磁結合によって位相相関が保たれている。

これは、ワシントン大学のジェラルド・ポラック教授によって提唱された水の第 4段階、または EZ 水に関する理論と一致している。私がポラック教授と故リュック・モンタニエ教授と共に、王立医学会で水に関する会議で講演する機会があった際にも話した。

(※) EZ 水というものについては、こちらのページに説明がありました。

 

水はまた、電磁エネルギーを容易に伝達するため、DNA 内に保持されている生命の遺伝コードを構成する情報を含む、エネルギーと情報を保存および転送するための重要な媒体であることは理にかなっている。

この見解はモンタニエ博士によって保持され、ホメオパシーの作用機序を支持するものとなった。また、実験的証拠によってもサポートされている。

 

6. サンショウウオの尻尾には物語がある

電磁界、量子もつれ、生命の密接な関係を裏付けるこれらの 6つのポイントを、サンショウウオの尻尾の物語で締めくくりたいと思う。

この話は、整形外科医で生物物理学者のロバート・O・ベッカー博士がカエルとサンショウウオに関する研究で発見したことに基づいている。

サンショウウオが驚くべき再生力を持っていることは、すでによく知られていた。画期的だったのは、損傷後および再生中の電位の測定だった。

ベッカー氏らは、四肢または脊髄が損傷を受けると、損傷した部分が電気陰性の (増加した) 電荷を発生することを発見した。

しかし、陽極が損傷部位に配置された場合、手足や脊髄は再生しなかった。

それはあたかも治癒電流が取り除かれたかのようであり、マイナス電極がその部位に配置されたときに検証された概念であり、電極がない場合よりも四肢の再生が速くなった。

ベッカー氏のこの研究は、この再生が生体電磁電流によって引き起こされ、他の動物では瘢痕組織細胞を幹細胞に変換することによって引き起こされることを示すことができるようになった。

幹細胞は胚の状態に戻り、再生プロセスを開始する。

それだけでなく、ベッカー博士は、銀イオンがこのプロセスを加速する能力を持っていることを示す先駆的な研究を行った。これは、彼が「組織の治癒と再生を刺激するためのイオン導入システム」と呼んだもので、特許を取得していた。

この生体電磁気の強化により、創傷包帯に銀を含浸させるという今日の一般的な慣行と、あまり一般的ではないが銀ベースの液体とゲルを創傷に直接塗布することが製薬業界で行われるようになった。

ベッカー氏の他の発見の中には、動物の複雑さと再生能力、およびそのガンの発生率との関係があった。

両生類であるサンショウウオは、陸生脊椎動物の中で最も特殊化されていない動物の 1 つであり、信じられないほどの再生能力を持ち、ガンになることはほとんどなく、実験室でガンを誘発することは非常に困難だ。

比較すると、カエルは水陸両用の生活様式にはるかに特化しており、ほとんど再生せず、一般的にさまざまなガンにかかる。

このことを念頭に置くと、人間は複雑で再生能力が非常に低いため、ガンにかかりやすく、4人に 1人以上ががんで死亡するとされている。

それはおそらく、エネルギーのバイオフィールドをより一貫性のあるものにすることができない限り、人間が作り出した新しい低周波放射線と自然界に新しい化学物質にますますさらされる世界では、これを行うのは難しいが、しかし不可能ではないだろう。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2023年からの世界, 人類の覚醒と真実, 地球という場所の真実
-, ,

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.