「ディストピアへようこそ」 一覧

「平行するふたつの世界の通信は中断された」

latterdaysaintmag.com   みんなで命を捧げる時代に 結構前の話ですが、ヨーロッパのある国に住まれている方から、 「シュタイナー学校やシュタイナー系医療施設などで次々とほ ...



検索ワード「突然死」が全世界で異様な急増を見せる中、「コロナ重症者の5人に1人が回復後6ヶ月後までに死亡していた」ことがオーストラリアの研究で判明

2021/11/20    , ,

  世界中で「突然死」が激増している模様 何とも非現実的な雰囲気の日々が続いていますが、今日も以下の報道を見まして、やはりそのように感じていました。 時事通信の報道です。 小学生55%が接種 ...

国家が決議を無視する無法地帯に生きている中で思い出したジム・ジョーンズの演習

  以下の記事を書いて以来、どうもいろいろと気になることは出ていました。 Toll様受容体を調べて突きあたった「 mRNA 配列の改変で C と G が異常に強化されている理由」は、もしかす ...



従順が浸透した世界の中で「ワクチンは世界規模で失敗した」という記事を読む

2021/11/15    

  永遠の段階… この「ワクチンは世界規模で失敗した」というのは、米国ゼロヘッジが引用していた記事のタイトルなんですが、やたらと閲覧数が多かったので見てみました。 内容は目新しいものではなく ...

妊娠初期の流産率は「 91%」程度に落ち着く模様:ニュージーランドの研究者たちがこれまでのデータを再分析し、論文で発表

最終的な数値ではないですが 気づけば、そろそろ冬が近づいていますが、以下の記事を書きましたのは、本格的な夏になる前のことでした。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの ...



免疫を失うメカニズムがまたひとつ : スウェーデンの研究が、スパイクタンパク質は V(D)J組換えと呼ばれる「獲得免疫の根本システムを阻害」することを示す。自然感染、ワクチン共に

  さらに見つかるスパイクタンパク質の潜在的影響 自然のコロナ感染にしても、あるいは、一部の人たちだけにしても、ワクチン接種後に大幅に免疫応答が下がる傾向があることは知られています。 また、 ...

ワクチンとガン発生について改めて考える

  問題はガンだけではないですが 以前、以下の記事において、アメリカの医師の「大規模接種が始まって以来、子宮内膜ガンの患者が年平均の 20倍となっている」という訴えなどをご紹介したことがあり ...



イベルメクチンが執拗に禁止された理由はこれ? ファイザー社が治験中のコロナ薬は「イベルメクチンとほぼ同じ作用機序」を持つ模様。そしてメルク社の経口薬は変異原性を持つ模様…

Pfizer’s Phase 2/3 ‘COVID Pill Study’ Reveals Potential Antiviral Treatment (PF-07321332) Under Inve ...

韓国で20代に続発しているクロイツフェルト・ヤコブ病の報道から、若者ばかりがプリオン病になる理由を…。それと共に「遺伝子への組み込み」は何年も前からの懸念だったこと

  若者ばかりがプリオン病になるという現象 最近、気になったニュースとして、韓国の以下の報道があります。 20代女性2人、「人間BSE」変異種CJD感染疑い患者として登録…防疫当局が調査=韓 ...



終末的な感染爆発手前の穏やかな日本のひとときに、この精緻なワクチンについての過去の項目別リンクを示させていただきます

2021/09/30    , ,

  いろいろと見られなくなっていきますので 私は動画って全然見ない人で、LINE などを含めて SNS を一切やっていないせいもあるのですが、そもそも見たい動画をどうやって探すのかもわかりま ...

遺伝子編集を発端としたヒトを含めたあらゆる生物種の完全な絶滅への道筋が見えてしまった

2021/09/29    , ,

childrenshealthdefense.org   遺伝子の編集ということ自体の大きな問題 ヒトヘルペスウイルスの活性化ということに初めてふれた…というか自分自身が初めて知ったのは、9 ...



ジェノサイド後の世界 ダグ・ケイシー氏が語る次の「危機」

  曖昧に見えてくるであろう黙示録 前回の以下の記事、 ジェノサイド後の世界 ADE編 投稿日:2021年9月19日 の続きとなります……とはいっても、内容はまったく繋がっていませんけれど、 ...

数年後の社会 : 双極性障害、大うつ病性障害、統合失調症、アルツハイマー病… HHV-6の再活性化が及ぼす広い影響に戸惑うばかり

2021/09/16    , ,

  HHV-6の再活性化を調べれば調べるほど 先日の…まあ物騒なタイトルでしたが、「自死はどこまで増えるのか」という記事で、 「産後うつ」 という言葉が出てきました。 記事では、この産後うつ ...



米アイダホ州の病院の「子宮内膜ガンが年平均の20倍」という報告から、もはやワクチンによる免疫抑制でのHHV-6の再活性化によるガン多発の可能性を排除できず

Nikkei, Kai Fujii   ご自身の身はご自身で守るという原則 日本のニュースは Yahoo! のトップくらいしか見ないのですが、ここのところは、半ワクチン派とか陰謀論とかいう単 ...

自死はどこまで増えるのか

2021/09/14    , ,

goop.com   気が晴れない… 今回は、注目すべき、最近の日本の若者たちの自殺率の動向に関する論文の内容をご紹介したいと思っていますが、それにしても、最近のいくつかの記事などを思い浮か ...



まあ、男性のほうも不妊になりますよ

2021/09/13    , ,

女性のほうへのメカニズム 若い人たちへの接種が進んでいる中、何かの記事で、学生への接種率を高めるために「不妊するというようなデマなどを払拭していきたい」というようなことが書かれてあるものがありました。 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.