地球最期のニュースと資料

In Deep

「 異変 」 一覧

またしても太陽に向かう「太陽より巨大な正体不明の光」がNASAの衛星に撮影されているのですが、さてこれもまた何かわからない

2018年5月21日 午前08時00分のNASAの太陽観測機SOHOの映像より ・helioviewer.org Sponsored Link   最近、太陽系とか、太陽の周辺などの以下のよ ...



太陽系がとてもカオス : 木星の衛星イオは無数の火山の爆発で灼熱地獄の状態、冥王星は実はとてもカラフルなことがわかり、そして先日の太陽からの惑星間衝撃波の原因は「いまだ不明」

NASAの無人探査機ジュノーが撮影した木星の衛星イオの様子 ・NASA, EarthSky Sponsored Link   木星もその衛星も荒れくるっている今 地球は今いろいろ「変な感じ」 ...

「異変」が「災い」の象徴であるならば……:2017年に加速し続ける示唆。たった10日間のあいだに世界中で出現した超巨大積乱雲スーパーセル群

9月30日 ルーマニア・ルゴスに出現したスーパーセルに発達しつつある雲。同国では極めて稀 ・Nicorel Necorisco‏   この夏くらいから「空」の様子が何だかすごいことになる場合 ...



エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生。コロナホールも何だか凶悪化し、少し社会的に影響がありそうな気配

2017年4月1日に発生したMクラスの太陽フレア ・SIGNIFICANT SOLAR FLARE ほんの少し前に、 ・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月 ...

デフコン・レベル5の「最も平和な状態の世界」の2016年の最後の月は少し狂ってる

本文とは(一応)無関係の最近の日本の世相 ・Google News 実は今、世界の状態としては、ある数値レベルで「最も平和な状態」です。 そんなことを言われても、どうにもならない感じもありますが、その ...



太陽系が受けるダブルの衝撃 : 存在が濃厚となってきた惑星Xが「定期的に地球に大量絶滅をもたらしている可能性」についての研究が再び脚光を浴びている

2016年4月1日の天文学メディア「ユニヴァース・トゥデイ」より ・Universe Today 今年の1月に、下の記事を書きました。 ・それはニビルかネメシスか・・・「惑星X」と呼ばれ続けた惑星の存 ...

木星で起きた「周辺数千キロに影響が及ぶほど」の謎の大爆発。これが小惑星など天体の衝突だった場合、太陽系の「状態の変化」の幕開けになっている可能性もあるのかも

2016年3月17日に木星で観測された「大爆発」 ・Asteroid impact on Jupiter?   最近の太陽系内で最も「大きな出来事」が起きたかもしれません。 海外のアマチュア ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.