In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 人類の未来 」 一覧

「太陽がふたつ」と「北から攻めてくる」のキーワードが重なった時に世界を見回してみれば、この世の終わりのような風景ばかりで

ひふみ神示 第03巻より 北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり、天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ、神々様にも知らすぞ …

地球上の「超巨大噴火」の発生周期がこれまでの定説より何十倍も短いことが英国ブリストル大学の最新の研究で明らかに。これによって現在は「完全に噴火発生時期の範囲内」に

英国ブリストル大学の調査を紹介した科学記事 ・eurekalert.org Sponsored Link   あまりにも大きく塗り替えられた過去の超巨大噴火のサイクル ・ESA 「超巨大火山 …

「虹は神と人間との契約のしるし」 : 台湾の「9時間出現し続けた虹」の後から起きていること…。中国のこと…核攻撃のこと…北朝鮮のこと…ビットコインのこと…

11月30日 台湾に世界記録の「8時間58分間」虹が出現し続ける。しかも「五重」 ・Taiwan News 12月6日の米国ブルームバーグの記事より ・bloomberg.com 旧約聖書『創世記』0 …

日の本の国が消えるとき : 1時間に 51人ずつ人口が減っている日本についての「存在し得ない未来」についての論文

ヨーロッパの政治統計サイトの12月5日のトップ記事より ・gefira.org Sponsored Link   現在のペースが続くと「日本の人口は300年後に300人」になり「20年後には …

肉食のアルマゲドンは意外な形でやってくる。その70%以上がスーパー耐性菌を持っていることがわかっている鶏……たとえばアメリカで食肉として処理される鶏の数は「年間80億羽」……

畜産動物と耐性菌についての報道記事 ・livekindly.co アメリカで屠殺される動物の数 ・humanesociety.org Sponsored Link   私たちの文明が作り出し …

「傷だらけの太陽」を横目に地球に接近している地球近傍天体最大級の小惑星は、かつてギリシャを焼き尽くした太陽神の息子ファエトンの名と共にやって来る

11月30日の太陽の表面 ・spaceweather.com 11月29日のロシア・トゥディの報道より ・RT 今回は、最近の不思議な太陽の見た目のことと、その「太陽」と、やや関係というか因縁のある、 …

地球のどこで何が起きているのか? : 全世界の60カ所以上から「発生源不明の大きな衝撃音と地鳴りのような振動」が断続的に報告され続けている

11月24日のオーストラリアの報道より ・news.com.au 11月14日のアメリカ国立気象局のツイートより ・NWS Birmingham‏ Sponsored Link   「何かが …

「地球の回転が《謎の速度低下》を起こしている」 :アメリカ地質学会の衝撃的な発表。そして来年、大規模地震の発生数は大幅に上昇するという予測も公開

アメリカ地質学会が「大地震と唯一の相関関係を持つ過去の事象」を探り当てる。それは地球の回転速度の変化だった 2017年11月20日の米国フォーブスの記事より ・Forbes Sponsored Lin …

地震のとき

11月12日から19日までの1週間に起きた中規模以上の地震の震源 ・vk.com 11月12日のイラン・イラク国境でのM7.3の地震による「破壊」 ・vk.com 今、地球規模で中規模以上の地震がとて …

「11月20日、ニビルが地球に接近して大災害を起こす」という話題を大手メディアでさえ取りあげる根幹にあるのは「現実として地球は天体衝突の時代に入りつつある」という避けられない現実

2017年11月17日の米国ニューズウィークより ・IS THE END OF THE WORLD SUNDAY? 英米の大衆メディアで連日報じられるニビル関係報道 ・gizmodo.com Spon …

明らかになったリビアでの奴隷オークション……。難民たちの夢は映画『カサブランカ』の頃からほとんど変わらない「安い人の命」へと変転し

11月14日のアメリカCNNの特集記事より ・CNN 今回はこのアメリカ CNN の記事をご紹介したいと思います。 アフリカの各地からヨーロッパに渡るために移民としてリビアにやってきた人たちの多くが、 …

フェイスブックやインスタグラムを含むSNSが、「人間の心理学的な脆弱性を悪用する」意図で設計され、「いかに子どもの脳を破壊しているか」が元CEOより暴露される

2017年11月9日の米国メディア「アクシオス」のインタビューより ・axios.com 同日の米国ゼロヘッジ記事より ・zerohedge.com Sponsored Link   そうい …

全世界で進む「蚊の絶滅計画」は自然への反逆か人間文明への恵みか。アメリカでは広範囲でバイオモスキートが大量に自然環境に放出されることが決定

2017年11月6日のネイチャーより ・US government approves ‘killer’ mosquitoes to fight disease 昨年、「遺伝子操 …

地球最初の太陽系外への宇宙探査ミッションの乗組員が「クマムシ」に決定。光の4分の1の速度で星間脱出を目指すそのミッション名は「DEEP IN 計画」

・RT 最近は暗い話題も多かったですので、久しぶりに爽やかな話題など。 「クマムシ」といえば、今では地球上の最強の多細胞生物のひとつとして知られていますが、私が知ったのは、このブログを書き始めて間もな …

すでに暴力に太陽の力は必要ない : イギリスでは「14分間に1度」の割合でナイフでの殺傷事件が起き、世界でのテロの発生はもはやコントロール不可能の状態に

2017年11月1日の英国BBCの記事より ・On a knife edge: The rise of violence on London’s streets 先日 BBC で報じられて …

アルゼンチンに出現した「聖なる顔の象徴のような光柱」に導かれたのは「フェミサイド」という名の絶望的な女性暴力致死の現状だったという……

2017年10月24日 アルゼンチンの光の現象を報じた現地メディア ・elonce.com 先週、アルゼンチンの報道で見たこの現象が気になっていまして、「アルゼンチン」という場所の最近のことと共に今日 …