地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の未来」 一覧

全部が「まっぷたつ」になる寸前の世界で : 感染症のように伝染していく対立と分裂の中で、人々はどこまで割れていくのだろう

11月18日の報道より ・eastasiaforum.org 新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産 ...



洪水伝説の再来 : アラビア半島を中心とした中東地域の過去1ヶ月の雨量と洪水発生数が観測史上最大に。そこからふたたび思う「黙示録の時代」

11月15日 砂漠に「水上の宮殿」が出現したサウジアラビア・メッカ ・Muzaini   気づけば2日ほど更新が開いてしまいました。相変わらず、ちょっとした移動をしている途中でして、広大なサ ...

おそらく、これまでで最も実用化に近い「抗生物質を使わずに耐性菌を治療する方法」が国際合同研究チームにより見出された。それは「分子」を使う

アメリカの医学メディア「メディカルプレス」の報道より ・medicalxpress.com   本日 11月9日、メルマガ第12号を配信させていただきました。今回のタイトルは『最新の言語学調 ...



「偽の黙示録」:イスラエルに第三神殿の予兆となる赤い雄牛が生まれ、死海に魚が生息し、嘆きの壁に蛇が出現し、人々が終末の予兆だとざわめく中で思うこと

11月6日のアメリカのメディア記事より ・inquisitr.com Sponsored Link   次々と出現する「予兆」の意味 最近、主にイスラエルで、「終末の予言のしるしとして聖書に ...

世界各地の異様に早い大雪と大凍結の到来の状況に「ミニ氷河期が近づく足音」をほんの少し感じる今

観測史上初めて10月に雪が降ったと思われるモロッコについての報道 ・fr.le360.ma   ウォーキングというような立派なものではなく、単なる散歩として毎朝 1時間くらい歩くことは数年前 ...



地球の空に「かつてない巨大な青い星」が輝くときに、私はきっとホピの第九の徴を思い出す……。木星よりも巨大なガス圏を持つ彗星」が近現代で最も地球に近い距離に接近

10月23日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather アメリカ先住民族「ホピ」の終末の予言より 第一のしるし 白い肌の人たちの到来。この人たちは自分たちのものでもない大地を取りあげて、 ...

虹が神と人間の契約なら雹(ひょう)の意味は? 皇居にかかった二重の虹と、ローマに降り落ちた異常な雹嵐を見て思う、最近の自然を介した示唆

2018/10/23    , , , ,

10月21日 異常な雹嵐に見舞われたイタリアの首都ローマの光景 ・facebook   皇居の上空に「二重の虹」が出た日から この世にはいろいろな自然現象がありまして、その中には美しいものも ...



「体罰が法律で完全に禁止されている国は、暴力自体が少ない社会になる」というカナダの大学の論文についての報道から私たち日本人は違和感を感じなければいけないと思う理由

2018/10/22    , , , ,

英国テレグラフの報道より ・mcgill.ca   今回は冒頭の英国テレグラフの記事をご紹介しようと思います。 これは、カナダのマギル大学の研究で、「体罰を完全に禁止している国は、禁止してい ...

「いつ死ぬかの予測」が現実化する : 私たちの遺伝子に「死期を示す、エピジェネティクス的な《寿命の時計》が存在する」ことが判明

医療機関や保険企業から「寿命を宣言される時代」が来る可能性も 米マサチューセッツ工科大学のテクノロジー・レビューより ・MIT Technology Review   今回は、アメリカのマサ ...



カトリック司教が「レイキ治療は悪魔の道への扉だ」とレイキを悪魔払いの対象とした出来事を見て思う「完全に本来の意図から逸脱したキリスト教」という存在

10月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie   今日は体調が今ひとつです。寒気などもしまして、もしかすると、ずいぶんと引いていないカニを引いたのかも……ああ違う、風 ...

アメリカの子どもの間で大流行しており、そして日本でも拡大する可能性のある「全身が麻痺したままとなる原因不明の急性疾患」。その背後にあるものは

原因不明の疾患のアメリカでの拡大を伝える報道 ・Cases of rare polio-like illness affecting children reported in 16 states 今か ...



アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える

米国ミネソタ州での鳥の衝突を報じるCNN ・CNN 本日 10月12日に、In Deep メルマガの第8号を発行させていただきました。タイトルは「《数に支配される》過去2000年の人類史は、うお座の時 ...

「地球の破壊の局面」を強く想起させる、アメリカ史上最強のハリケーンが描く地獄絵図

今日は、他のテーマで記事を書いていたのですけれど、10月11日に、アメリカのフロリダ州に接近し、そして上陸した「マイケル」という名のハリケーンの被害が(まだ被害の最初期の段階なのに)すさまじく、それを ...



「ノンカロリーのダイエットドリンクを飲めば飲むほど肥満が進むメカニズム」:人工甘味料は肥満抑制物質GLP-1と、各種の肥満抑制腸内細菌を殺す

腸内細菌群と肥満の関係についての科学記事より ・rdmag.com   肥満が伝染病のように現代社会に、たった数十年で広がった理由 先日、低カロリーやノンカロリーの甘味料が「腸内細菌のバラン ...

人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに : 低カロリーあるいはノンカロリー甘味料は「腸内細菌の環境を徹底的に破壊」し、健全な人間を2週間で糖尿病へと導く可能性

欧州糖尿病学会で発表された人工甘味料による腸内細菌の破壊の研究に関する報道 ・eurekalert.org   低カロリー甘味料がどのように腸内環境を破壊し、糖尿病を急速に悪化させるか ・m ...



太陽に出現した2018年最大級となる巨大なコロナホールを見ながら、「太陽の異常の定着」が進行していることをつくづく感じる今

10月6日の太陽表面に出現したコロナホール ・NASA / SDO   自然に破壊され続ける「象徴」 個人的な話で恐縮ですが、私、一昨日くらいから私的な事情で移動をしていました。 明日あたり ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.