「人類の未来」 一覧

やっぱり民族滅亡なんですかねえ…

REBEL STREET   PFAS…プリオン…スパイクタンパク質… 何だか、今年に入ってからのいくつかの記事を重ねていきますと、日本人という書き方はしないでも、「人類の滅亡」というキーワ ...

やはりスパイクタンパク質は「血液脳関門を破壊する」模様。長期のコロナ後遺症は、それに起因することを実証したネイチャー掲載の論文

Brain Fog   血液脳関門は確かに破壊されていた 以前、スパイクタンパク質が「血液脳関門(BBB と略されることが多いです)を破壊する」可能性について、以下の記事で取り上げたことがあ ...

富士山の白い虹から4年目に漂う核戦争の幻影

  お釈迦様の言葉が現実でひとつひとつ埋められていく 元アメリカ下院議長だったニュート・ギングリッチさんという方の記事を今日読んでいました。「核戦争を真剣に受け止める」というタイトルの記事で ...

太陽でサイクル25で最も強いX6.3の巨大フレアが発生。そして、米国で広範囲に携帯網をブラックアウトさせた原因は何なのか

[追記]2024/02/23 スペースウェザーの記事が更新されまして、X1.8、X1.7、X6.3 の連続した 3つの太陽フレアは、「どれもコロナ質量放出(CME)を発生させなかった」と伝えています。 ...

スウェーデンが国民全世帯に配布した「危機/戦争への備えのパンフレット」から知る、戦争、自然災害、メガ太陽フレアへの準備の内容は、ほぼ同じだということ

2024/02/22    , ,

giantfreakinrobot.com   食料・水・通信 スウェーデンで、すべての世帯、つまり国民すべてに対して「戦争や緊急事態への準備を促すパンフレット」が配布されていることを知りま ...

「人類は未曾有の危険な賭けに出ている」ことを生ワクチンの仕組から知る

  弱毒化されるメカニズムは開発者も知らない 先日の以下の記事で、今、わりと世界中で接種が奨励されている麻疹(はしか)ワクチンについて書きました。麻疹ワクチンは生ワクチンです。 [記事]麻疹 ...

「中国共産党は意図的に中国経済を弱体化させている」という理論の納得感。そして、中国は「鎖国」と「戦争状態」に至る

2024/02/16    , ,

建国70周年を祝う国慶節に掲げられた習近平氏の巨大な肖像画。worldcrunch.com   2024年からの中国 ジャーナリストのジェニファー・ゼンさんが、「中国共産党は意図的に中国経済 ...

人類進化がおおむね止まった今、嘘が「人類の共通の潜在意識へ流入」することから始まる新たな悪の時代

2024/02/15    

  進化の停止 今回の本題とは関係のない話ですが、先日の記事「麻疹の歴史に見る…」の後半では、成り行きで書いている途中で、 「今生きている人類は、数百年前の人類より感染症に強い」 と何となく ...

日本でもフィンランドのようなことが子どもたちに起きているのだろうか…。仮に永続的な免疫抑制の影響だとすると、子どもたちの未来は?

2024/02/11    , ,

  2023年のあまりにも異常な推移 昨日、近所の小児科クリニックの前を通ると、駐車場が満車で、まあ昨年暮れくらいから、わりとずっとそうなんですが、「まだ子どもの病気が流行してるのかねえ」と ...

最近の人工衛星の大量運営により「地球の磁場の消失と電離層の撹乱が現実的な話」に。この影響は人類滅亡レベルになりそう

scitechdaily.com   地球の磁場の消失が現実的な話に スペースウェザーを見ていましたら、「メガコンステレーションは地球の磁場を変えてしまうのか?」というタイトルの記事がありま ...

脳神経学者ケビン・マッケーン博士の話からわかる、「プリオンにより日本人が絶滅する機序」。接種、未接種関係なし

ケビン・マッケーン博士 ficc_ystk   プリオンにより これは、最近、動画として報じられましたオンラインシンポジウム「mRNAワクチンという人類の脅威」というものの参加者の中に、ケビ ...

世界の超過死亡数が世界全体で3,000万人に迫る。直近では超過死亡がコロナ死の20倍以上に。今後はどうなる?

2024/01/28    

  減ることのない超過死亡数 現在、以下のことが同時に起きています。   ・世界全体で超過死亡の増加に歯止めがかかっていない ・コロナ変異種 JN.1の席巻により、コロナ感染が拡大 ...

抗コリン薬や抗不安剤、抗うつ剤を含む、非常に多くのジャンルの薬が「認知症を引き起こす」そのメカニズム

2024/01/27    , ,

NY Times   脳への有害な作用 非常に多くの種類の薬に、認知症を引き起こす作用があることについては、かなり以前から書かせていただいていたことがありました。 以下は 2019年の記事で ...

mRNAワクチンのプリオン領域によるクロイツフェルト・ヤコブ病への懸念が再燃。そして、接種の8%の確率で生成される「異常なタンパク質」の影響

2024/01/25  

リボソームが mRNA の翻訳に誤りを犯すと、異常なタンパク質が形成される。 theepochtimes.com   そしてプリオン このところ、新型コロナウイルス(自然感染)と、mRNA ...

細胞外DNAは確実に血栓を誘発する原因となり、脳卒中や多臓器不全などのリスクにつながる。…そしてワクチン混入DNAは、細胞外DNAそのものであり…

2024/01/24    

細胞外DNAの予想以上のリスク コロナワクチンに関して、最近は、以前とは「カテゴリーが異なる」いくつかの懸念を思うようになりました。 以前は、スパイクタンパク質や脂質ナノ粒子による直接的な影響の問題や ...

スパイクタンパク質が引き起こす「老化の超加速」は生やさしいものではない可能性。人生50年どころか、時限装置の針はあと10年ほど先を指しているかもしれない

  早老症という概念 昨日、以下のような記事で、「寿命50歳社会」というような言葉をタイトルに入れた記事を書かせていただきました。 (記事)「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.