「人類の未来」 一覧

未来世紀カナダ:「家の外にいるだけで逮捕される」という世界で最も厳しい外出禁止が発令されたオンタリオ州の現実は自由党員の漏洩メール通りの展開に

4月の下旬に雪に見舞われているカナダのオンタリオ州トロント。 FWN   来たるべき未来世紀 昨日、ハードディスクに保存している映画を適当にテレビ画面に流していましたら、1985年のアメリカ ...



終わらないコロナ百景 : 鎖国化するアメリカ、すべての自由の剥奪に乗り出すニュージーランド、そして監視社会を作ろうとあがく日本

  鎖国 アメリカの国務省が、「渡航中止」の勧告対象国を「全世界の 80%に拡大する」と発表したことが報じられていました。 米、渡航中止勧告を世界の8割に拡大 ロイター 2021/04/20 ...

パンデミックの象徴の数が「23」であることがさらに明白に

AlBarclay 23人により署名されたパンデミック条約 前回の以下の記事は、フェイクニュースとしてご紹介していますが、内容は、「世界を非倫理的な全体主義国家に導く」ためのツールとして、パンデミック ...



21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち

映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。 「3回目のワクチン接種」に至る道は予想以上に早かった 世界の新型コロナウイルスの感染確認数がついに前回の流 ...

「ワクチンパスポート」は2018年の欧州委員会の提案以来、着実にロードマップ通りに進んでいることが判明。正式な社会への適用は予定通りなら2022年

futurism.com   有害事象のこと 本題とは異なる話ですが、先ほどベランダで植物をいじっていましたら、道路で女性ふたりが話しながら歩いていました。フェンスがあるので顔や姿は見えませ ...



歴史的な寒波によりヨーロッパ各地で農産物に回復不能のカタストロフ的被害。フランスではワイン用の作物のほとんどが失われ、スロベニアでは過去100年で4月として最低の気温を記録

electroverse.net   21世紀にも20世紀にも経験したことのない欧州の被害 先週書きました記事「4月に入り過去最大の感染確認数を記録する国が続出…」の冒頭で、ヨーロッパが「過 ...

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究

A Dystopian Future 論文の実物を読むことができました 前回の以下の記事で、「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な ...



やや衝撃的な研究: mRNAコロナワクチンは「プリオン病などの神経変性疾患と関連し、脳を進行的に退化させる」可能性について述べられた論文の行方

Pixabay   ターゲットは常に「脳」 新型コロナウイルス、あるいは「そのスパイクタンパク質自体」を体内に生じさせるコロナワクチンというものが、どこまで見ていっても、その副産物(なのか「 ...

「コロナワクチンは大量破壊兵器であり、人類を一掃する可能性がある」:英国の著名医学者の提言を「意味のわからない各国の対策」の中で聞く

Economic Times   世界中、実は同じ状態の中で 今日、大阪の感染者数に関する「大阪府で新たに918人の感染確認 過去最多」というタイトルの報道を見まして、そこにあるグラフから、 ...



マスクに関する追記 : 長期間のマスク使用が進行性の肺ガンのリスクをもたらす可能性について

2021/04/10    , ,

executive-bulletin   前回、以下の記事で、どこでも販売されている一般の廉価なマスクに含まれている毒性について書きました。 「マスク」を詳細に分析したドイツの著名な科学者が ...

「マスク」を詳細に分析したドイツの著名な科学者が、そこから検出されるあまりに多い発ガン性物質や肺損傷原因物質に警告を発する

ecotextile.com   「マスクにより口と鼻から吸入しているものはまさに有害廃棄物です」:ドイツの科学者 少し前に、以下の記事でマスクのことについてふれたばかりなのですけれど、この ...



COVID-21…? 4月に入り過去最大の感染確認数を記録する国が続出。上位30カ国の約半数がパンデミックが始まって以来の最大値に

ft.com ヨーロッパに歴史的な気象が 現在、ヨーロッパで気温が異常なことになっていまして、この時期に北極からの「極渦」という冷たい気流…というよりは、もう爆弾低気圧的な気象の配置がヨーロッパを覆っ ...

マスクに感染症対策への有効性は「何もない」ことを改めて。マスクは今ではすでに単なる政治的統制ツール

LA Times ヨーロッパでマスク義務のある国とない国の感染確認数の推移 thefederalist.com   マスクとは 私自身は、現在の新型コロナウイルスへの対策とされているものは「 ...



「ワクチンパスポートは西側世界の自由の終わり」と作家ナオミ・ウルフ氏が主張する中で、しかしそれは着実に、そして世界全域に広がっている

COVID vaccine passports may be coming   「5億」件以上のフェイスブック個人データ流出について 本題とは関係ないですけれど、今日、フェイスブックの「5億 ...

人類存亡の危機まで見えてきたワクチン禍の中で読む「先端科学が宇宙の創造主を捉え続けている」という主張

1967年。英ケンブリッジ天文学研究所の研究室で座るフレッドホイル卿。Donne   コロナ禍というより まあ、最近は、記事を書くための情報というか報道というのか、そういうものを目にする毎に ...



祈りの風景の中で見た「今後の世界は、新型コロナウイルスの環状RNAによるガンの嵐に見舞われる」という悪夢。ワクチンからの影響は…?

3月22日 インドネシアのスマランで撮影された雲。 Agus Prasetyo Boyolali   祈りはおそらく通じないけれど 日常で見る自然の光景というのは、思っている以上に人々の心理 ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.