地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の未来」 一覧

サウジアラビアの聖地メッカがイナゴに占領された光景から思い至る「聖書の世界を創る気候変動」という概念

2019年1月11日のイスラエルの報道より ・timesofisrael.com イナゴに占領されたメッカの聖モスク ・deZabedrosky   2019年の新年早々、サウジアラビアの聖 ...



地球の大気の流れに何が起きているのか : 北半球の「風力」が過去40年間で最大70パーセント近くも「弱くなっている」ことが中国科学院の大規模調査で判明

中国科学院の研究を報じるロシアのメディア ・mirvokrug 本日、メルマガの第21号を発行させていただきました。タイトルは「パニック障害や、あらゆる心の不調や苦悩を治癒する方法の根幹」というもので ...

子ども時代に虐待や育児放棄を受けた人の成人後の自殺リスクが「最大で5倍」となることが英国での研究で判明。しかし世界中で児童虐待は激増中

2019年1月9日の英マンチェスター大学のニュースリリース ・manchester.ac.uk   今回ご紹介させていただこうと思うのは、英国マンチェスター大学などによる研究で、その内容は、 ...



地球は赤い時代へ : オーストラリアが十年ぶりに真っ赤に染まった日に思った「世界はなぜこんなに急速に赤くなり続けるのか」

2019年1月8日のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の光景 ・7 News Gold Coast   10年ぶりの「オーストラリアの赤い衝撃」 昨日 1月8日、オーストラリアのニュー ...

ミニ氷河期的なカオスと共に始まった2019年の北半球。ヨーロッパ、アメリカ、イラン、インド、トルコ…を包み込む異様な雪と氷の世界

2019年1月4日 氷の国のような風景となったイタリア中部リヴィゾンドリ ・Vicenzo Rosato via Maycol Checchinato   今年の世界の大雪と寒波はすでに歴史 ...



中国が「人口減」に直面していたという衝撃

中国の人口が減少に転じたことを報じるロシアのメディア ・minsknews.by   中国で起きていた「歴史的な出生数の減少」 ・AFP / WANG ZHAO ロシアのメディアを眺めていま ...

流産の原因は女性にではなく「男性にあった」 : 再発性の流産は「精子のDNAの欠陥」から起きている可能性が高いことが英国の科学者たちの研究で判明

2019/01/06    , , , , , ,

ロンドン大學の発表を報じる2019年1月4日の医学メディアより ・medicalxpress.com   アメリカの医学メディアを見ていましたら、「流産は男性の精子に原因がある可能性が高い」 ...



2019年の元旦に瞬間的に思い出した「弥勒」という言葉

2019年1月1日の日の出 朝焼けの中の富士山 ・Hitoshi Naitou   みなさま、珍念あけましておめでとうございます(いきなりずっこけるのかよ)。 珍念ではありませんね。新……( ...

狂気じみていた2018年から、確定的なカオスの時代の2019年へ

ロシア・ダゲスタン共和国のマハチカラで撮影された光柱 ・David de Zabedrosky   街の風景からお正月らしさはどんどん消えていっていますけれど、それでも 12月31日というの ...



デジタルに進行するヨハネの黙示録:スウェーデンで大人気の「手の皮下に埋め込むマイクロチップ」。それはクレジットカードでもあり身分証明書でもある

2018年12月27日のスウェーデンの報道より ・wthr.com 新約聖書「ヨハネの黙示録」 13章 16-17節 また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷に ...

地球の上空に存在する 「未知の物理法則」: 重力に逆らう力によりサハラ砂漠の塵が世界中に拡散しており、これが気候変動の原因かもしれないと科学者たちは述べる

科学メディア PHYS.ORG の記事より ・phys.org   昨日(12月23日)、インドネシアで「火山の海底噴火による津波」という現象が起きました。 そういう現象が存在するとは聞いた ...



クリスマス直前に400年ぶりに地球に最接近した奇妙な形の直径1.6キロメートルの小惑星。そして、天体の衝突の時代がさらに近づいていることを予見させる最近のさまざまな出来事

12月22日にNASAが撮影したヘンな形の小惑星「2003 SD220」 ・NASA   最近はクリスマスといっても、何だか街の風景にもそんなにその雰囲気がない感じが年々強くなっている気がし ...

誰もが「電離層への介入」を目指している : 米国、中国に続きロシアまでも高層大気への介入による地球環境コントロール戦争に参入。その行く末は…

2018/12/21  

米国科学メディア「サイエンス・アラート」記事より ・Science Alert   本日 12月21日、新しいメルマガを発行させていただきました。 タイトルは『「この方法で多分太らない」…… ...



「砂糖という存在の正体」の衝撃 : 単糖は「重要な腸内微生物を腸内から《消し去る働き》」を持っていたことが米国の研究で判明

米イェール大学の発表を説明した米国メディアの記事 ・pbs.org   ブドウ糖も果糖もショ糖も乳糖もすべて同じ 今回ご紹介するのは、なかなか衝撃的なものかもしれません。 12月17日にアメ ...

病気とレギオンと私

12月14日 日本の気象衛星ひまわりが撮影した月と地球 ・Regional and Mesoscale Meteorology Branch   本日はやや体調が芳しくなく、記事の更新はお休 ...



「サタンの勢力に覆われた国」とキリスト教の司教たちが嘆くアメリカの今の姿。しかし、悪魔というものは本当は…

米国のカトリック・ニュース・エージェンシーの記事より ・catholicnewsagency.com   私は、20世紀初頭にロシアの科学界で活躍し、(その後、スターリンによっとシベリアに送 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.