「人類の未来」 一覧

殺戮の中で地球に笑顔と自由が定着する日までの道程を、秩序と無秩序の同居を主張する「不和と争いの女神」エリスの言葉から知る

女神エリス主義者の教典『プリンキピア・ディスコルディア』よりエリスの言葉 「私は混沌(カオス)です。 私は、芸術家や科学者たちがリズムを構築するための物質です。 私はあなたの子どもたちや道化師たちが幸 ...

小さな子どもたちを待ち受けているかもしれない、やや残酷な未来

2023/12/03    

  「正常な心臓を持っている人はあまりいないかもしれない」 先日、慶応義塾大学医学部の研究者たちによる論文が発表されていまして、それだけを見て何か思ったというわけではないですが、いろいろな意 ...

レプリコンって遺伝子組換え生物等の使用に関する「カルタヘナ法」に抵触しないの? と思いつつ、話はまたもマイクロRNAに

2023/11/30    , ,

2016年6月にコロナビアのカルタヘナに出現した超巨大積乱雲 earthreview.net   「移転」も「複製」もしているわけで 日本の法令で、カルタヘナ法というものがあります。 正式に ...

免役崩壊、ゾンビ細胞、細胞機構のハイジャック…。それらから考える2024年の大量死の行方

2023/11/27    , ,

  世界中でまたも起きている子どもの免役崩壊 いつも歩いている途中にある小児科病院は、このところずっと駐車場が満車で、今日もそうでした。完全予約制にも関わらず、この状況というのは、子どもの何 ...

三年後あたりには「出産という現象がきわめて稀少」になる可能性さえ出てきた。その原因がスパイクタンパク質なのかマイクロRNAなのかはともかく

  もともと歪な日本の年齢ピラミッドが崩壊する日 国や社会がまともに成立していくことについては、「人がたくさん死亡していく」ということだけなら、まあそれは確かに大きな問題かもしれないですが、 ...

ステファニー・セネフ博士は "FUCKUP" のような現代版人工知能を通じて「悪意」に真っ先に開眼したのかもしれない…。そのセネフ博士のワクチンによるマイクロRNAの働きの説明

technologynetworks.com   ワクチンの「悪意」に気付くとき 米マサチューセッツ工科大学コンピューター科学人工知能研究所の上級研究員であるステファニー・セネフ博士のコロナ ...

「人間の重要な分子規則を永久的に書き換えてしまっている」

  多くのタンパク質に恒久的な調節不全が 昨日でしたか、科学誌ネイチャーで「何だか気になる」論文を見たのです。ところがなんだか難しくてですね。 論文自体は以下にあります。 nature.co ...

マイクロRNAによる「男性総不妊症化」計画

helsinki.fi   マウスにALSを引き起こすことに成功したマイクロRNA研究 最近、miRNA(マイクロRNA)について、ふたつの記事を書かせていただきました。 (記事)「共通の ...

心筋炎の原因はスパイクタンパク質ではなく「ワクチンmRNAにより生成されるマイクロRNAそのもの」であることを知る。そして、ガンと心筋炎とALSの饗宴の時代が近い…

  mRNA タイプのワクチンはすべて無理だという結論 少し前に書かせていただきました以下の記事以来、miRNA (マイクロRNA)というものに、やや興味を持って、たまに勉強していました。 ...

「ロシア敗北という魔法の思考はもうやめるべきだ」というウォールストリート・ジャーナルの報道を見て思う、欧米のメジャーメディアの「ほんの少し」の変化

10月20日 ヨルダン川西岸のデモ参加者らがロシアとパレスチナの旗を振り、 プーチン大統領と北朝鮮の金正恩氏の肖像画を掲げている。   現実を少しずつ報じ始めたメディア 昨日、アメリカのウォ ...

人類の「血液」は乗っ取られた。時間の経過と共にそれは進む

2023/11/15    

  「数」の問題 どこの国の方かわからないですが、マルク・ジラルド(Marc Girardot)さんという方のサブスタック記事を知りました。日付けは、2022年2月とあり、新しいものではあり ...

「共通の miRNA 状態」により現出するかもしれない2025年頃の終末

2023/11/13    , ,

  心臓突然死の増加の要因に浮かび上がるmiRNAという存在 最近、ある論文を読んでいて、その「タイトル」に心動かされるところがありました。 以下のようなタイトルの論文です。 心臓突然死症例 ...

数千億発のDNA散弾銃

2023/11/11    

緩慢な国家の崩壊の中で ファイザーとモデルナのコロナワクチンに、DNA の混入(あるいは、汚染)があるということは、今では、かなり定説となりました。 多数の異なる科学者たちによる実験で「確実に再現され ...

VAIDSとAIDSの世界へ

  免疫低下が収まらない社会 今朝、「小児のアデノウイルス感染症患者数が統計開始以来最大に」という報道を見ました。 なんというか、小さな子どもたちの免役の状態が一向に良くなっていないんだなあ ...

ウクライナの赤いオーロラを見て、第二次世界大戦前夜にヨーロッパ全体の空がオーロラに包まれたときを思い出し、そして、ファティマの聖母の言葉を思い出す

11月6日 ウクライナのチェルニーヒの空を赤く染めたオーロラ Пороблено   ウクライナの空までが赤いオーロラに包まれた日に 11月5日から現在にかけて、北半球のかなり広いエリアでオ ...

エリス株に「かつてのデルタの要素が組み込まれた新しい変異種」が米国を席巻。今後、小さな子どもがさらに影響を受けそうな…

2023/11/05    , ,

  乳幼児の超過死亡が極端に悪化している中 先日、厚生労働省の人口動態統計から、日本の超過死亡の「年齢別死亡数の推移」を表組みされていた方の投稿を見ました。 こちらの X にあります。 それ ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.