「人類の未来」 一覧

「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の常識とマインドコントロールが作り出す寿命50歳社会

  諦観 マスク着用者ばかりの街の中を歩くたびに、「パンデミックが始まった 2020年に戻っただけじゃないかよ」と、一種の諦観というか、本当の意味での「この世の終わり」を思う最近ですけれど、 ...

ドイツ国防省の秘密文書は「第三次世界大戦は2024年から始まる」と明確に述べる。まずはロシア対ドイツ

2024/01/16    

「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(1961年)より   本当のリセットを望んでいるのは誰なのだろう 今日、私の住んでいるギブミー・チョコ ...

妊娠中のワクチン接種後に生まれる自閉症的行動を示す新生児に関する研究。その原因である「海馬と小脳の神経細胞の破壊」の影響は、大人にも適用されるはず

2024/01/14    , ,

  脳の神経細胞が破壊され、シグナル伝達に異常が 数日前に、ひとつの論文が発表されていました。 その内容は、 「妊娠中のラットに mRNA コロナワクチンを接種すると、生まれたオスの新生児に ...

彼らは自己増殖しているのか? 細胞で、骨髄で、そして脳内で

  新しい研究が出るたびにスパイクの体内での保持期間が長くなる 歌手の八代亜紀さんが、指定難病の「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」というかなり稀少なご病気で亡くなられましたが、まあ、私は、八代亜 ...

中国の科学者たちが、「ヒトのACE2受容体を遺伝子導入したマウスにおいて死亡率100%」のセンザンコウ由来コロナウイルスについて発表。それは脳に感染する

reddit.com 発表したのは元人民解放軍 生物兵器担当将軍… 論文より。 biorxiv.org   中国の研究者たちによって発表された論文が話題を集めています。 そのキーワードは、 ...

医師や医療専門家には「起きている本質がわからないであろう」中で、多くの遺伝子がすでに不純な状態に。それは日本の滅亡まで「遺伝」されていく

2024/01/07    

  問題の本質はさらに複雑化している 脂質ナノ粒子や RNAバイオテクノロジーのデザイナーであるクリスティ・ローラ・グレースさんの投稿を最近よく読みます。 まあ、ほとんどの部分を理解できてい ...

次のカオス

2024/01/04    

  混沌と混乱の年開けに 2024年は、年明けから混沌とした状態で始まっています。 日本においては、1月1日に能登で大地震があり、その翌日の 1月2日には、日本航空機と海上保安庁の航空機が衝 ...

パンドラの箱はもう開き終わった。次はエリスが黄金の林檎を次から次へと地球に投げつける

2024/01/02    , ,

2021年12月31日に太陽から噴出したプラズマ Jhon Hnery Osorio orozco   1月1日の地震 ことよろ(投げやりかよ)。 いや、さすがに「おめでとうございます」とか ...

2023年の岸壁にて

2023/12/31    

littleadventurertravels.com   登場する新しい次のウソに気づくことができるのかどうか 2023年も終わりですね。 あと 365日もすれば、あっという間に 2025 ...

すい臓ガンを筆頭とした、いくつかのガンが激増する明確な理由

2023/12/28    , ,

  すい臓のベータ細胞を直撃するスパイクたち 何となくですが、著名人などの方に「すい臓ガン」と診断されたというような報道をよく見るようになったように思います。 現在の社会全般ではどうなのだか ...

パンドラたちと突き進む先は、いつかわからない終末

  パンドラの箱はどれだったのか ずいぶん前からですが、街の雰囲気の、たとえばクリスマス感とか年末感とか、そういうのがどんどん薄くなっていますね。 大きな街とかではどうなのかわからないですが ...

多くの「工夫」が施された変異種 JN.1 が蔓延するこの冬への懸念

2023/12/21    , ,

  エリスを駆逐したJN.1の登場以来、拡大しつつある死の波 現在、世界中で、新しいコロナ変異種である「 JN.1 」が急速に勢力を拡大しています。 この JN.1 というのは、以下の記事で ...

すべての要素が「発ガン」へと向かわせるメカニズムを網羅したコロナワクチンに関する論文。そして、フィンランドでの先天奇形の異常な上昇の原因は?

  リルの仕業の模様 今回は、関係のない二つの話を書かせていただくことになりそうですが、最近見たグラフの中で、ショックを受けた推移が描かれているものがあります。 フィンランドの「先天奇形で生 ...

元ゲイツ財団のボッシュ博士:「ワクチンの高度な頻回接種国では、今の変異種の流行により人口が30%〜40%減っても驚かない」

AP   ボッシュ氏、再び ビル・ゲイツさんの財団でワクチン開発のトップクラスの位置にいたギアート・バンデン・ボッシュ氏という科学者を最初取り上げたのは、もうそろそろ 3年にも近くなるほど前 ...

「太陽の位置がおかしい」という投稿が相次いでいるのですが…皆さまでお気づきの方はいらっしゃいますか? そして思い出す12年前のイヌイットたちの言葉

express.co.uk   イヌイットたちは星も月も太陽もすべて位置が変わってしまったとかつて述べていた 今日、X の投稿で以下のようなものを見ました。 塗装屋の友達が 太陽ɠ ...

永遠に周囲と「自分」にウソをつきながら滅亡していく現世人

  嘘で嘘が塗り固められて、そこから逃れられない 最近、アメリカの保守派のメジャーメディア Hill に「なぜこれほど多くのアメリカ人が早死にしているのか?」と題された記事が掲載されていまし ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.