地球最期のニュースと資料

In Deep

「人類の未来」 一覧

アメリカで「太陽の光を遮断して気温を下げる」というジオエンジニアリング実験が本当に開始されようとしている。地球への影響は未知数

2018年12月5日のアメリカの科学メディアの報道より ・popularmechanics.com   昨日(12月14日)、最新のメルマガを発行させていただきました。タイトルは「太陽が人間 ...



神話ではなかったソドムとゴモラの滅亡 : かつて中東の上空で巨大天体が爆発し、死海周辺の古代文明が「4000℃の熱で一掃」されていたことが判明。回復にかかった時間は600年…

科学メディア「ライブサイエンス」の報道より ・livescience.com   私が、「巨大天体の地球への衝突」ということに興味を持ったのは、前回の記事でもふれましたフレッド・ホイル博士の ...

「すべての学校教育からダーウィンの進化論を排除せよ」…という理想的な動きが、イスラエルやトルコ、インドなど各国で迅速に進行中

英国ガーディアンのオピニオン記事より ・theguardian.com   あまりにも粗雑な「進化論」という説はそろそろ全世界が完全に放棄するべき 私は、この数年ずっと進化論に完全な反対の意 ...



太陽活動と人類活動の「リンクが切れた」地球…。暴動は、戦争は、市場は…?

2018年12月7日 フランス・パリの凱旋門前 ・dailynews.lk 同じ頃、イスラエルでは「女性への家庭内暴力の蔓延」に抗議するデモが拡大 ・presstv.com   今、わりと世 ...

「半分、黒い。」 : 磁気を噴出するコロナホールが太陽の大部分を占める異常な状態が「定着」し、人類が太陽からどんな影響を受けるのかがもはや分からない

太陽観測衛星から撮影された12月6日の太陽。ほとんど半分黒いのです ・NASA / SDO   太陽が「本格的におかしい」と多くの人が感じ始めていたことを記事にしたのは、今年 5月の以下の記 ...



「地獄の完成」 : アメリカ人の薬物での死者数の増加は究極的な段階に。その中でアメリカ当局は「モルヒネの1000倍強力な鎮痛剤」を承認するという地獄の上塗りも

12月2日の米国ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com 11月4日の米NBCニュースの報道より ・FDA OK painkiller 1,000 times more powerful t ...

かつて地球に「250年間の寒冷化」をもたらした原因となった「大西洋の海流の崩壊」が正式に確認され、少なくとも欧州と北米は、いつミニ氷河期に突入しても不思議ではない状態に

11月30日の米国ゼロヘッジの記事より ・Scientists: Weak Ocean Circulation Could Signify Incoming Mini Ice Age   昨 ...



人間の意識と意識、あるいは「無機物を含めたこの世の存在すべて」と人間の意識は常に共鳴している

2018/11/29  

・theconversation.com   私は週に一度、メルマガを発行させていただいているのですが、ここのところ、3回連続で「音」のことについて書かせていただいています。 この「音」につ ...

とてもとても狂った世界に生きている

・The Burning Platform ルドルフ・シュタイナーの 1912年の講演より 「神々は、世界は美しく善いものだと見た」と聖書が表現しているとき、人間が輪廻の経過のなかで、最初は善いものだ ...



【重要】 ピタゴラスが2500年前に述べた「病気は音で治療できる」という主張に対しての本格的な試験が始まる。現段階でわかっていることは、細胞内のひとつの繊毛が周波数に対して反応するということ

・greenmedinfo.com   2500年前にピタゴラスが主張していた「音は医学」だという観念を医学的に検証する試み 久しぶりに「音と治癒」に関しての記事です。 以前は、このことに関 ...

全部が「まっぷたつ」になる寸前の世界で : 感染症のように伝染していく対立と分裂の中で、人々はどこまで割れていくのだろう

11月18日の報道より ・eastasiaforum.org 新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産 ...



洪水伝説の再来 : アラビア半島を中心とした中東地域の過去1ヶ月の雨量と洪水発生数が観測史上最大に。そこからふたたび思う「黙示録の時代」

11月15日 砂漠に「水上の宮殿」が出現したサウジアラビア・メッカ ・Muzaini   気づけば2日ほど更新が開いてしまいました。相変わらず、ちょっとした移動をしている途中でして、広大なサ ...

おそらく、これまでで最も実用化に近い「抗生物質を使わずに耐性菌を治療する方法」が国際合同研究チームにより見出された。それは「分子」を使う

アメリカの医学メディア「メディカルプレス」の報道より ・medicalxpress.com   本日 11月9日、メルマガ第12号を配信させていただきました。今回のタイトルは『最新の言語学調 ...



「偽の黙示録」:イスラエルに第三神殿の予兆となる赤い雄牛が生まれ、死海に魚が生息し、嘆きの壁に蛇が出現し、人々が終末の予兆だとざわめく中で思うこと

11月6日のアメリカのメディア記事より ・inquisitr.com Sponsored Link   次々と出現する「予兆」の意味 最近、主にイスラエルで、「終末の予言のしるしとして聖書に ...

世界各地の異様に早い大雪と大凍結の到来の状況に「ミニ氷河期が近づく足音」をほんの少し感じる今

観測史上初めて10月に雪が降ったと思われるモロッコについての報道 ・fr.le360.ma   ウォーキングというような立派なものではなく、単なる散歩として毎朝 1時間くらい歩くことは数年前 ...



地球の空に「かつてない巨大な青い星」が輝くときに、私はきっとホピの第九の徴を思い出す……。木星よりも巨大なガス圏を持つ彗星」が近現代で最も地球に近い距離に接近

10月23日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather アメリカ先住民族「ホピ」の終末の予言より 第一のしるし 白い肌の人たちの到来。この人たちは自分たちのものでもない大地を取りあげて、 ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.