[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 人類の覚醒と真実 健康の真実 悪魔の輪郭

イスラエル保健省のデータ分析から「コロナワクチン接種者の死亡数は、新型コロナ感染症そのものの死亡数より40倍高い」…という独立系の報道に疑問を持ちつつも、あえてご紹介させていただく理由

投稿日:


aawsat.com




 

イスラエルのワクチン接種者の死者が激増しているという報道

ちょっと迷っていたのですが、数日前に1度記事にしようとしてやめたものについて、今回ご紹介してみようかと思います。

イスラエルの「ワクチン接種後」の話と関係するものです。

イスラエルは世界最速で国民の大多数へのワクチン接種が進められている国のひとつですが、ワクチン担当部局であるイスラエル保健省のデータを、フランスの大学の教授(イスラエル国籍を持つ方)などが分析したところ、

「コロナワクチンを接種した人たちの死亡数が、コロナそのもので亡くなった人の数より著しく高い」

ことが見出されたということが報じられていたものです。

そこにある数値はすさまじいもので、イスラエル保健省のデータの検証で、

・65歳以上は、ワクチン接種者の死亡率は接種していない人の 40倍

・65歳以下では、ワクチン接種者の死亡率は接種していない人の 260倍

という壮絶な数値が書かれているものでした。

書いた方は、仏エクス=マルセイユ大学のエルヴァ・セリグマン博士という方で、ご本人はイスラエル国籍のある方で、これまでの学術論文の発表数などから見ても、まったく申し分のないキャリアのある科学者です。

それで、最初はそれが掲載されていた記事を翻訳したりしていたのですけれど、イスラエル保健省のデータと、その記事を比較していくうちに、

「?」

という部分がいくつか出てきてしまったのです。

簡単にいえば、データからだけ見れば、この著者たちの言うような数値は示されていないようにしか思えないのです。

いまさら言うまでもないですが、私自身は、コロナワクチンに対して、それがどのようなメカニズム(mRNA だとかウイルスベクターだとか不活性だとか)に関わらず、同意できない立場ではあります。反ワクチン派といわれても仕方ない部分がある人です。

コロナワクチンの場合に対してのその最大の理由は、どんなタイプのコロナワクチンであっても、 ADE (再感染により、感染状態が悪化する現象)を免れないと思われるからです。

しかし、コロナワクチンに反対だろうが、そうではなかろうが、データ以外には理論の拠り所はないわけで、今回見た記事のいくつかの数値は「どうも合点がいかない」という結論に達したのです。なので、記事にするのをやめていました。

ただ、元のデータがヘブライ語(イスラエルの公用語)であったりと、何とも難しい部分もあります。

しかし、それが単に与太話と判断したならば、それまでですが、私がたまに参考にさせていただくアメリカのサイトが相次いで、この記事を引用していました。どちらも比較的、科学あるいは医学に強いサイトです。

以下が引用されているサイトのページです。

「ワクチン接種を受けた人の桁違いに高い死亡数」:イスラエルのワクチンデータは恐ろしい状況を明らかにしている
'Orders of Magnitude Higher Deaths in the Vaccinated': Israel's Vaccine Data Reveals a Frightening Picture

COVID-19によるイスラエルの高齢者に対する死亡率40倍の実験的ワクチン
Experimental vaccine death rate for Israel’s elderly 40 times higher than COVID-19 deaths: researchers

このどちらも決していい加減なウェブサイトではありません。しかし、引用されているオリジナル記事の数値の扱いがどうも合点できないのです。

私から見ると「数値の取り方を間違っている」部分があるように思えて仕方ないのです。

しかし、もともとのデータがイスラエル保健省のもので、そこで使われている言語がイスラエルの公用語であるヘブライ語であり、わからないのは仕方ない面もあります。

報道記事のほうは、ヘブライ語の他に、英語、フランス語、ギリシャ語などでも投稿されました。

数値の部分だけは納得できないままですが、しかし、その記事を掲載させていただこうと思います。

今回ご紹介する記事の内容が間違っていたとしましても、そのような部分をむしろ指摘できるような方々に読まれていただければ幸いです。

私自身としては、コロナワクチンの潜在的な危険性を否定することはどうしてもできないわけで、自分の中に「コロナワクチンは危険だ」というような偏った価値観があることは事実ですので、読まれる方にはそのような面を排除して客観的に判断されていただければと思います。

なお、オリジナルの記事は、最初に投稿されたヘブライ語バージョンは以下です。

www.nakim.org

その後に、各国語に翻訳されて投稿された記事は以下にリンクがあります。

The uncovering of the vaccination data in Israel reveals a frightening picture

望むべくは、この記事のデータを正確に判断され得る方がこの記事を読まれていらっしゃれば幸いに思います。

記事はここからです。




 


イスラエル保健省:ファイザーワクチンは「新型コロナ感染症自体による死亡数より40倍高い率で高齢者を殺した」

Experimental vaccine death rate for Israel’s elderly 40 times higher than COVID-19 deaths: researchers
lifesitenews.com 2021/03/02

イスラエル保健省のデータの新しい分析によると、ファイザーの COVID ワクチンは、最近の 5週間のイスラエルでのワクチン接種期間中に「コロナ感染症自体が殺すよりも約40倍多く」の高齢者を死亡させ、若い人では 260倍高かった。

1月に、アメリカの医師グループにより、 COVID-19 ワクチンは実験的であり、これはコロナウイルス感染そのものよりも「安全ではない」と結論付けたことが報じられたことがあるが、最近のイスラエルでのワクチン関連の死亡率の新しい分析は、この医師グループの主張が実際に起きている可能性があることを示している。

データの分析は、仏エクス=マルセイユ大学の新興感染症と熱帯病の教授であるエルヴァ・セリグマン博士(Dr. Hervé Seligmann)と、エンジニアのハイム・ヤティフ (Haim Yativ)氏によって行われた。

この分析を一言でいえば、イスラエル保健省から公表されたデータは、ファイザーの実験的な mRNA ワクチンの最近の 5週間のワクチン接種期間中に、「新型コロナウイルス感染症自体で死亡したよりも約 40倍多くの高齢者の人々が死亡した」ことを示すものとなっている。若い年齢層では、これらの数値は、新型コロナウイルス感染症自体で死亡したよりも 約 260倍の高さとなっている。

完全な数学的分析は博士たちの示した記事に記されている。こちらがその記事だ。

著者たちは、以下のように述べる。

「ワクチン接種を受けた 65歳以上の人のうち、3週間の投与期間のうちに約 0.2%が死亡したため、10万人のワクチン接種者のうち約 200人が死亡したことを示している。これは、ワクチン接種をしていない同じ世代では、新型コロナウイルス感染症で死亡したのは、10万人のうち 4.91人だった」

「この恐ろしい状況は 65歳未満の人々にも及ぶ」と研究者たちは続ける。

5週間のワクチン接種プロセス中に、「ワクチンを接種した 65歳未満の人々のうちの 0.05%が死亡した。つまり10万人中 50人が死亡している。これに対して、ワクチン接種を受けていない新型コロナウイルス感染症で死亡した 65歳未満の人々の数は 10万人あたり 0.19人と比較される。したがって、この 65歳未満の年齢層の死亡率は、ワクチン接種プロセスのこの 5週間の間に 260倍増加した」

イスラエル国立ニュース(INN)が報告したように、セリグマン博士はイスラエルとルクセンブルグの国籍を持ち、エルサレムのヘブライ大学で生物学の学位を取得しており、100を超える科学論文を執筆している。イスラエル国立ニュースは、今回の研究者であるセリグマン博士たちには「いかなるイスラエルとの対立や利益(の立場)はない」と報告している。セリグマン博士には、イスラエルに子どもがいる。

ヤティフ氏とセリグマン博士は、さらに以下のように述べる。

「これらのコロナワクチンによる推定死亡数でさえ、その短期間に、新型コロナウイルス感染症による死亡として定義されたもののみを説明しており、この数値には、心臓疾患、あるいは炎症反応に起因する事象その他が含まれていないため、おそらく実際の数よりはるかに少ないと推定される」

「これらの数字は、(コロナワクチンによる)長期的な合併症の影響を説明するものではない」と彼らは記している。

さらに、ヤティフ氏とセリグマン博士は、今後数ヶ月以内に「 ADE(抗体依存性感染増強)としてのワクチン接種の中長期的な悪影響」がファイザーワクチンを受けた人々に現れ始めると予測している。

ADE とは、米国の医師グループであるアメリカ・フロントライン・ドクターズ(AFLDS)は以下のように説明している。

「これは、ワクチンが接種した人を保護するのではなく、ワクチンによって作成されたコロナウイルスの抗体が、後に自然のコロナウイルスに暴露した際に、より重篤または致命的な症状を引き起こす場合のことです。このワクチンは、損傷を防ぐのではなく、感染を増幅させるのです」

アメリカ・フロントライン・ドクターズは、ADE によりフィリピンで 600人の子どもたちが死亡し、2019年にワクチン接種の意思決定者に対して刑事告発が行われたデング熱ワクチンの例を示した。

これらの理由だけではなく、他の多くの理由から、アメリカ・フロントライン・ドクターズや他の多くのアメリカの医師たちは、ほとんどの人たちにこれらの実験的なコロナワクチンを使用することを強くは推奨していない。

今回のイスラエル保健省のデータの死亡率から、ヤティフ氏とセリグマン博士は、ワクチン接種への圧力のためのイスラエル政府のロックダウンなどの政策に厳しい批判を述べている。イスラエル国立ニュースによると、ヤティフ氏とセリグマン博士は、これらの政府の方法を「新しいホロコースト」と呼んでいる。

過去数週間、イスラエル政府は「グリーンパス(ワクチンパスポート)」システムを採用したことで注目を集めた。これにより、ワクチンを接種した人々はグリーンコードを受け取り、娯楽施設やレジャー施設などへの入場が許可される。

また、グリーンパスが与えられた人たちは、いかなるビジネスも再開でき、コロナ感染者との濃厚接触を認められても自己隔離する必要もない。

イスラエルの保健大臣、ユーリ・エデルスタイン氏は、グリーンパスの発行の際に以下のように述べている。

「ワクチン接種はイスラエル国民の道徳的義務である。それは私たちの相互責任の一部だ。予防接種を受けないイスラエル人は誰であろうと、取り残されることになるだろう」

イスラエルのグリーンパスは 6か月ごとに更新する必要があり、またグリーンパスを保持していても、現在のイスラエルは、国民全員にマスクと社会的距離のルールの遵守の義務がある。

また、イスラエルの報道によれば、ワクチン未接種の人々の職場への立ち入りを拒否する権利を雇用主に与える法律がイスラエル政府で検討されていると報告している。

こうした政府の取り組みから、「イスラエルはワクチン未接種者との戦争を行っている」と表現するメディアも出るようになっている。


 

ここまでです。

このイスラエルで現在までに国民の 90%近くに接種されているのは、mRNA ワクチンという遺伝子の力を利用したものですが(日本で使われるファイザーのワクチン)、コロナワクチンには、他に、ウイルスベクターワクチンというものもあり、また、中国シノファームなどによる不活性ワクチンもあります。

私などは、もともと mRNA ワクチンという響きそのものを、健康云々以前に、「なんか不気味だな、オイ」とか思っていたのですけれど、しかし、時間が進むにつれて、単に安全面でいえば、他の種類のワクチンの方が危ない感じになっているようです。

フランスでは、英アストラゼネカ社のウイルスベクターワクチンが使われていますが、先行して接種された医療従事者たちのあまりの副反応の多さに、

「フランスの介護施設従事者の半数はワクチンを拒否している」

とロイターは報じています。

このロイターの記事では、フランスの医療従事者の話として、「ワクチンへの信頼は完全に失われています」と述べたことが記されています。

そして、もうひとつの「不活性化ワクチン」。

これは Wikipedia 的には「ウイルスの毒性をなくし、必要な成分を取り出してワクチン化したもの」ですが、中国シノファームのワクチンはこれに該当することが以下の記事で取りあげました報道には書かれています。

中国シノファーム製コロナワクチンの「副反応の全リスト」が中国の専門家の投稿により判明。記載されている副反応は73種類
地球の記録 2021年1月12日

この中国シノファームのワクチンを国民の多くに接種しているアラブ首長国連邦が「ひどいことになっている」ことを以下の記事で書かせていただいています、

人口100人中のワクチン接種率で世界第二位の高さを誇るアラブ首長国連邦で、接種開始後2ヶ月にして過去最大の新型コロナ死者総数を更新中
地球の記録 2021年3月4日

以下のグラフにありますように、ワクチン接種開始後、「新型コロナウイルスの死者の増加に歯止めがかからなくなっている」のです。

理由はわかりません。

再感染した際に重症化する ADE (抗体依存性感染増強)の可能性があるのか、変異種の問題なのか、その他の何かなのかはわかりません。

しかし、現実、死者は増え続けている。

他のタイプのワクチンでも、「死者数が良い兆しを見せている」という国や地域は私が知る限りはないです。

今回、確証があやふやなイスラエルのワクチン後の報道に関して、ご紹介させていただいた理由はここにあります。

つまり、ワクチン接種開始後、どの国であっても、

「何も良い方向に行っていない」

ということです。

おそらくは、程度の差はあれ、日本もそうなると思います。

初夏になり、夏になれば、表面上、感染確認数は減るかも知れないですが、それが何も意味をなしていないことは、秋になればわかります。

そして、その頃には、「死因の理由のわからない死者が続発し始める」(本当はわかっているけれど)のかもしれません。

そういう懸念と共に生きる社会となってしまいました。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, 人類の覚醒と真実, 健康の真実, 悪魔の輪郭
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.