2017年からの世界 人類の未来 宇宙の中の地球

観測史上最も巨大な小惑星「3122 フローレンス」が9月1日にこれまでで最も地球に近い宇宙空間を通過することをお盆中に知りました

投稿日:

wokv.com

小惑星 3122 フローレンス(右端の水色)の9月1日の軌道

NASA / JPL

Sponsored Link


 

ここ数日は、まあ……お盆だということとはそれほど関係がないのかもしれないですけれど、時間があまりない日々が続いています。

きちんとした内容で書けるかどうかわからないのですが、今日はひとつのことだけを書いておきたいと思います。

それは、来月の 9月1日に「知られている中では最大の小惑星」が、地球に、これまでなかったほどの距離にまで接近することを昨日知りまして、そのことをちょっとだけ書いておきます。

「これまでなかったほどの距離にまで接近する」とはいっても、衝突だとか、そういうような影響はまったくない距離ですので、何があるというようなことではないです。

その小惑星は、冒頭に載せました「3122 フローレンス」と名づけられた小惑星で、1981年に発見されたものなのですけれど、これが、

・小惑星の観測の歴史の中で最大のもの

であり、そして、

・この3122 フローレンスがここまで地球に近づくのも観測史の中で初めて

なのです。

この小惑星の推定される大きさについては、観測した組織や計算などによってバラツキがありますが、冒頭のものでは、「直径 4.8 キロメートル」となっています。

ちなみに、NASA では、直径約 5.3キロメートルとなっています。

NASAのデータより

Near Earth Asteroids

この小惑星に対しての、これまでで最も大きな推定値は「直径約 9キロメートル」というものも存在します。

いずれにしても 最小でも 4キロメートルから最大で 9キロメートルほどもあるという、大変に巨大な小惑星なのですが、数値だけではよくわからないですので、感覚的なものとして、たとえば  In Deep の過去記事に載せたことがあります「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星とロサンゼルスの街の大きさの比較」の写真を再度掲載しておきたいと思います。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は、ヨーロッパ宇宙機関の探査機ロゼッタが 2014年に、探査装置フィラエを送り込み、彗星の表面の組成の観測に成功したて天体で、その直径は長い部分が約 3.2キロメートルです。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(3.2km)とロサンゼルスの街の比較

Graphic Shows The Size Of Rosetta's Comet

直径3キロメートルでこれですから、今回の地球近傍小惑星である 3122 フローレンスの直径 4キロメートルから最大 9キロメートルというのが、いかに巨大な天体であるかがおわかりかとも思います。

これが、9月1日に地球から 711万キロメートルにまで接近します。

もっとも、711万キロメートルという距離は、天文学的には地球と近いとされる距離ですが、実質的に見れば、宇宙のずーっと向こう側でありまして、間違っても地球に影響があるほど接近するようなことはありません

仮にですけれど、いつの日か、「こういう天体が地球に大接近したり衝突するようなことがあったらどういうことになるか」というと、これは、たとえば、過去記事の、

良い時代と悪い時代(1): 500年ほど続いた「穏やかだけれど傲慢な時代」は終わろうとしているのかも
 2012/10/06

などに載せたことがあります、フレッド・ホイル博士の名著『生命はどこからきたか』にある「彗星が地球に衝突した場合」の想定表を見るとおわかりになるかと思います。

今回の 3122フローレンスの大きさ( 4hm から 9km)相当の天体が衝突した場合を赤で囲んであります。

天体が地球に衝突した際の大きさと被害の影響の関係

・フレッド・ホイル / 生命はどこからきたか

これを見ますと、「おおむね、7キロメートルを超える天体が地球に衝突すると、地球は大絶滅を迎える」ということになっています。

ちなみに、上の表ですと、地球に衝突する際の速度が「秒速 13.5キロメートル」とありますが、今回の 3122フローレンスも、通過する際には同じような速度で通過します。つまり、「 1秒間に 13キロメートル進む」というようなスピードで通過していくのですね。よくわからない速度ですが、それだけに、何かに衝突した場合は、その破壊力は大変なものとなります。

今回の小惑星 3122フローレンスは「決して」地球に衝突しませんが、現実として、こういうものがわりと地球の近くを行き来しているという事実があるということを知っておくのも悪いことではないのかもしれないとも思います。

長い地球の過去の歴史、そして「これからの歴史」の中では、いつかは必ず、こういうような天体が地球に衝突する時はあるのです。それは過去にも確実にあったことですし、今後も避けようがありません。

そして、そういう時に立ち会えたとするならば、それをラッキーと感じるかアンラッキーと感じるかはそれぞれの方々の感覚によるものでしょうけれど、しかし、それはとても劇的な場面に立ち会えていることになるということは確かだ思います。

それは何億年に1度ほどの大変化の時に他ならないのですから。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

5

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

8

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

9

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

10

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

-2017年からの世界, 人類の未来, 宇宙の中の地球
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.