「悪魔の輪郭」 一覧

ワクチンは第三次世界大戦への生物戦的な「下準備」だと悟った日。もう手遅れですが

  サバイバルの序章にて むかしのアメリカ映画には、「良いニュースと悪いニュースがある」という台詞が出てくることがあり、そして、 「あんたにかかりゃ何でも悪いニュースだ」 という台詞を聞くこ ...



ワクチン接種後に「25%の居住者が急死」したドイツの高齢者施設大量死を取材したドキュメンタリー映画から思う「今、世界の多くの高齢者に起きているかもしれない」こと

ワクチン後に居住者42人中13人が死亡したドイツの高齢者施設の様子を語る匿名の職員。 Rumble   思えば世界のメディアから「消えた」高齢者施設報道 私はもともと動画をほとんど自主的に見 ...

「遺伝子組み換えヒューマン社会」的な未来はリアルかフェイクか

Al Barclay   数十億人に行われている何か 昨日の以下の記事を書いた後、何となく、米ファイザー本社のサイトにある、消費者からの質問に答える「ファイザー COVID-19ワクチンにつ ...



遺伝子ワクチン時代後の赤ちゃんたちは……と考えながら調べものをしていたら、胎児の世界…羊水…エクソソームとめぐり最後に遺伝子ドライブ技術につきあたってしまった

1994年の self23 公演『ゲ.イ.ム.』パンフレットより これからの世界の赤ちゃんはどうなる? 最近はどうしてもコロナワクチンのことを書くことが多くなってしまっていますが、昨日、ふと、 「人工 ...

「自己拡散型ワクチン」技術の存在を知り、そして、ファイザーの臨床計画書ではmRNAワクチンの有害事象が「接触した未接種者に起こる」ことも知る

米マイアミでの出来事から知る現代テクノロジーの進歩 最近、米マイアミの私立学校の代表が、「ワクチンを接種した人の近くにいた未接種者」に生理の不正出血や流産などが世界中で起きているとして、 「学校の教職 ...



21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち

映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。 「3回目のワクチン接種」に至る道は予想以上に早かった 世界の新型コロナウイルスの感染確認数がついに前回の流 ...

「ワクチンパスポート」は2018年の欧州委員会の提案以来、着実にロードマップ通りに進んでいることが判明。正式な社会への適用は予定通りなら2022年

futurism.com   有害事象のこと 本題とは異なる話ですが、先ほどベランダで植物をいじっていましたら、道路で女性ふたりが話しながら歩いていました。フェンスがあるので顔や姿は見えませ ...



「ワクチンパスポートは西側世界の自由の終わり」と作家ナオミ・ウルフ氏が主張する中で、しかしそれは着実に、そして世界全域に広がっている

COVID vaccine passports may be coming   「5億」件以上のフェイスブック個人データ流出について 本題とは関係ないですけれど、今日、フェイスブックの「5億 ...

米国CDCは「コロナウイルスの特許」を取得している。つまり彼らがウイルス検査や測定に関するすべての許可権と所有権を持つ世界で唯一の存在

Alberto Mier   ヒトコロナウイルスは「発明品」であることを語る特許庁書類 アメリカ、あるいは現在の全世界の新型コロナウイルス感染症対策の指針を作っている組織のひとつといえる米国 ...



「脳と生殖機能を破壊せよ」 : 青空の実験室と課した地球の中でポリソルベート80を調べる

zerohedge.com 「私たちはすでに敵対的な扱いを受けており、このようなことを話すことを私は好んでいません。人間ではない人間がこの世にいると聞いたときに、人々が私たちにかける言葉を想像してみて ...

イスラエル保健省のデータ分析から「コロナワクチン接種者の死亡数は、新型コロナ感染症そのものの死亡数より40倍高い」…という独立系の報道に疑問を持ちつつも、あえてご紹介させていただく理由

aawsat.com   イスラエルのワクチン接種者の死者が激増しているという報道 ちょっと迷っていたのですが、数日前に1度記事にしようとしてやめたものについて、今回ご紹介してみようかと思い ...



なぜこれほど「脳と生殖機能への攻撃」が執拗に続けられるのか

Fluoride exposure in utero linked to lower IQ in kids   ターゲットはいつも脳と生殖機能 新型コロナウイルスとワクチンなどその周辺の影響 ...

悪魔的存在と対峙したこの10年。これからのここ、そしてここじゃない場所

2010年12月20日 教会の間に浮かぶ欠けた逆五芒星。コロンビアのグラマロテ。 In Deep 忘れがちだったファンダメンタルを気付かせていただき 最近、メルマガの読者様から、あるメールをいただきま ...



血管に注入された新型コロナのスパイクタンパク質は、脳のバリア「血液脳関門」を簡単に通過し脳全体に広がることを知った日に、100年前のシュタイナーの「アーリマンに関する会議」の議事録を読めました

Brain image via shutterstock   「アーリマンがやってくる」(1919年) 考えてみれば、自分の人生っていうのは、災い転じてフクロウとなる(鳥になっちゃうのかよ) ...

無感覚で他者を殺し続ける私たち人類のカルマは? 多くの無意味な殺処分につくづく感じ入る今の世

野生のミンク。 Facts About Minks   不条理な理由で機械的に動物たちを殺す世に この 2月に入って以来、日本やヨーロッパ、インドなどで「鳥インフルエンザが確認されたことによ ...



5000年続いた暗黒時代の終わりに「悪魔的存在との対峙」を回避することができない今後、陰惨な性質が明らかになるウイルスとそれを操る社会に私たちはどのように立ち向かうべきか

CONJUNCTION OF SATURN AND JUPITER IN 2020: A NEW CYCLE BEGINS   暗黒時代(カリ・ユガ)に見ている現実 今回は、タイトルにもあり ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.