「悪魔の輪郭」 一覧

ドイツのジャンクと交換されるのは、それは核攻撃か、それとも偽りの平和か

2023/01/28    , ,

1945年5月10日 ベルリン陥落後に交通整理をするソビエト軍女性兵士。 halaljew   時計はさらに 前回、以下の記事で、ドイツ外相の狂気ともとれる言動について、少しふれました。今回 ...



ドイツ外相のロシアへの宣戦布告を聞きながら、全体集団催眠の中で目覚める場所は天国か、それとも地獄か

2023/01/26    

The Annunciation   世界はあと1秒 2020年から、主要国はずっと一種の集団催眠、最近の言葉では「マスフォーメーション(集団形成)」という状態になっているのですけれど、昨年 ...

ロシア発の最終戦争が近づいている気配ですが、さてどうする(どうするかなんてわかりようがないですが)

2023/01/23    

warnews247.gr プーチン大統領は… 思えば、In Deep って、書き始めた十何年前は、軍事関係の記事が多かったんですよね。 「ま、このぉ……これからは戦争の時代のようですしなあ」という感 ...



今さらマスクの議論をしても、失われた子どもたちの3年間は不可逆

  子どもたちから知能と認知を奪うのがそんなに楽しいか? 私は、あまり人のことを悪くいったり、中傷したりするような言葉を使うのは好きではありません。つまり、たとえば「バカ」とか、「ダボスが! ...

ディストピア社会を世界で最も強く牽引した首相の国、未来世紀ニュージーランドの今

2023/01/21    

  若きリーダーとして 2020年のコロナのパンデミックの初期の頃、世界で最も厳格なコロナ制限を導入した国のひとつが、ニュージーランドでした。 日本と同じ島国であるこの国は、2020年に世界 ...



人類が「汚れた血」にさせられた意味

2023/01/15    , ,

  なんとなく疲れて、ふと見たサイトにて 今朝、イエローマジックオーケストラの高橋幸宏さんの訃報をきいて、まあご病気もありましたし、最初はそれほど感慨もなかったのですけれど、ベランダで立って ...

終末感と悪魔感をめぐる雑談

2023/01/12    

  12年前を思い出し なんというのか、人生でこんなに終末感を感じたのは、おそらく初めてで、別に絶望とか恐怖とかでは全然ないのですが、まさに「終末感」としか言えないものに全体的に包まれている ...



認知戦のバトルフィールドで踊り続けて

  最初に書きますと、今回の記事は、書いている途中でいろいろと発見したりしているうちに、もう何が何だかわからないものとなってしまいました。 たまにそういう逸脱はわたくし、ありますので、お許し ...

異端が排除される狂気の時代に、カナダの新しいT4作戦による大量死を眺め見て、さてそれをどう感じるか(何も感じなかったりして)

2022/12/21    , ,

  最近、アメリカの金融専門家であるチャールズ・ヒュー・スミスさんという方のブログ記事を読みまして、「ああ、なんかそうだなあ」と思いました。 普通はこう感じるのが普通かなあと。 今回の本題と ...



世界最大の慈善家による「人間送電グリッド化計画」の特許から18年後のこの世界は、本来人間に使用するべきではないナノ粒子の巨大集合体となっており

2022/12/15    

  ゲイツ氏の夢 最近、 「人体を電気の送電媒体にする」 という科学技術について知りました。 発電をするのではなく、人間を電気の送電媒体にするという発案です。 これ自体については、単なる科学 ...

スイスの歴史で前例がない「うつ病と精神疾患の増加」の報道から思い出す、スパイクタンパク質とヒトヘルペスウイルスの再活性化の関係、そして MAO との関係

  若い世代の女性の精神疾患による入院が50%以上増加という報道から 今日、AFPの「精神疾患による若年女性の入院急増 スイス統計局」という報道を読みました。 これは、文字だけですと、まあ今 ...



ターゲットは視床下部 : 体温と身体維持システムが破壊されるメカニズム

2022/12/10    

  体温問題を振り返る 先日、以下の記事を書きました。正直、自分でもやや信じがたいものです。   [記事] 体温33℃の世界。そして蛇の世界  In Deep 2022年12月6日 ...

体温33℃の世界。そして蛇の世界

2022/12/06    , ,

創世記 第3章14節 主なる神は、蛇に向かって言われた。「このようなことをしたお前は/あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で/呪われるものとなった。お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。   現実 ...



衝撃的な数値。オーストラリアで、2021年後半の出生率が「約70%」減少していた。その理由について議員が議会質問で尋ねる:「原因は何なのか」と

オーストラリア議会で質問するマルコム・ロバーツ上院議員 持っている書類が以下の記事で示しているグラフです。 Malcolm Roberts   出生率が -67%の減少という異常な事態 11 ...

カナダでのブースター後の医師の突然死が途方もなく増える中、米国の各有名大学でインフルエンザワクチンやオミクロン対応コロナワクチンの「接種義務化」が進む

  カナダの現役医師のブースター後の突然死事例が80人を超える 最近になって、いわゆる芸能人とか有名人の「体調不良」の記事をやたらと見るのですけれど、中には亡くなられた方の記事もあり、どなた ...



「私はあなたを許しません」

2022/11/16    

  何だか今回はテーマとかはなく書き始めましたら、タイトルのつけようがなくなりまして、先日、ナオミ・ウルフ博士の「私はあなたを許します」というタイトルの記事を書かせていだいたのですが、まあ、 ...

Copyright© In Deep , 2023 All Rights Reserved.