「悪魔の輪郭」 一覧

機械になっていく人間の社会を見つめながら

Così fan tutti 1916年4月4日のルドルフ・シュタイナーのベルリンでの講義より 西暦 2000年がカレンダー上で過ぎてから長くはかからないでしょう。 それは、アメリカから始まり、直接的 ...



そろそろ気づきましょう。今はナチス時代の粛正下と同じだということを

ナチスがユダヤ人に着用を義務化した六芒星のバッジ。後にこれを目印として人間狩りを施行。dw.com   イスラエルの新しいワクチン接種者認証システム「ハッピーバッジ」プログラム 最近は、脳波 ...

ワクチン強制接種の連鎖の中で : 私たちの行く先は、グレートリセット下の社会で脳も身体もすべて管理されて生きることか、それともそこに行き着く前に「自己崩壊する各国政府」を見ることか

変異種トリックの中、各国で劇的に進行する強制ワクチン接種 アジアでもヨーロッパでも感染確認数が激増中ですが、今の状況を見ていますと、ファイザー社元副社長のマイケル・イェードン博士が、今年のはじめに述べ ...



カルトからカタストロフへ : フランスで強制ワクチン接種が開始される中、変異種とワクチンと人々の自然免疫の喪失がもたらす未来社会は

times   デルタ株とワクチンの関係を見てみると 今朝、世界の感染確認数や死者数などをそれなりの国々で見ていて、やや驚きましたのが、「アジアがえらいことになってる」ことでした。 いくつか ...

そろそろ気づきましょう。戦場にいるということを

2021/07/11    , ,

Amarate Tansawet   いやあ、社会がどんどん重くなっていきますね。とか言いながら、最近では、反応が平坦になるようなことが多く、やや「戦場慣れしてきた」のかもしれません。 とは ...



臨床で使われたものと現在実際に使われているコロナワクチンは「異なるもの」だと知る中で始まってしまった「ワクチンmRNAのゲノム改変を探究する旅」

  臨床試験で使われたワクチンと現在使用されているワクチンは異なる かつての粋な文人なんかは、早朝ほの暗い書斎で歴史ある漢詩などに目を通す、なんてこともあったかもしれないですが、私も早朝に目 ...

厚生労働省発表の「コロナワクチンが原因の日本の死亡者はゼロ」の資料を見て思う「戦時下感」。そして、中国軍の生物兵器開発の公式資料に思うその現実感

2021/07/06    , ,

  「コロナワクチンが原因で亡くなった人は一人もいません」 厚生労働省のウェブサイトでは、定期的にコロナワクチンの「副反応疑いの報告」というものを掲載しています。 その会の正式名称は、当事者 ...



ワクチンによる不妊と流産をめぐるシンシチンとヒト絨毛性ゴナドトロピン探究の旅は続く

妊娠のメカニズム 意図したわけではないのですが、連続して、コロナワクチンの妊娠あるいは生殖機能そのものへの影響と関係する記事を書かせていただいていました。 流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRN ...

ワクチンが不妊と流産をもたらすもうひとつの要素「ヒト絨毛性ゴナドトロピンへの影響」。そしてなぜ副作用として女性の不正出血が多いのかもこのあたりに

pxhere.com   増え続ける妊娠と出産の問題の中で 前回、mRNAワクチンが、少なくとも妊娠初期に対して壊滅的な影響を与えることについて、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ ...



流産率 82% : 医学誌に掲載されたmRNAワクチンによる妊婦さんの流産率の調査に見る「妊娠初期の母体と赤ちゃんへの壊滅的な影響」

2021/07/01    , ,

lifesitenews.com アメリカの論文データが示す妊娠状態への影響 カトリック系のサイト経由で知ったのですが、最近、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に、m ...

自然のコロナスパイクタンパク質にも、そしてワクチン由来のスパイクタンパク質にも漂うHIVの気配

avert.org   今日「タンポポの抽出成分が、スパイクタンパク質を効率的にブロックする」という内容の論文を知りました。以下の記事で論文などをご紹介しています。 ドイツの研究で「タンポポ ...



お前は「23andMe」、オレは「self23」: 遺伝子配列決定産業の支配者が子どもたちの機械化を目指しているトランスヒューマニズム戦争の構図に思う自らの悪魔性

2021/06/28    , ,

(左)2021年6月17日にナスダックに上場した遺伝子検査企業 23andMe の上場初日。 (右)生物戦争下の上流階級の生活を描いた self23 の1994年公演『ガスマスク男爵』パンフレット。 ...

ウイルスベクターDNAワクチンの破壊力。「他人のヒトゲノム8%を注射される」ことで起き得る可能性のあるあまりにも多い本作用

  英アストラゼネカ社ワクチンの特例承認もやはり「闇」ばかり 先日の以下の記事で、アメリカのジョセフ・メルコラ博士という方が、共に遺伝子コロナワクチンに強固に反対しているステファニー・セネフ ...



遺伝子コロナワクチンのさまざまな害についての「完全に科学的な側面から見たメカニズム」を、アメリカの三人の医学者と科学者が語ったその内容。貴重ですよ

  遺伝子ワクチンの懸念についてのすべて 新型コロナウイルス感染症に対して、主流の概念とは真逆の主張をしている医学者、科学者たちは、世界中に数多くいらっしゃいます。 多くの方々が、昨年までは ...

厚生労働省の医薬品部局による「コロナワクチン特例承認」書類で知る「闇」(というか本当に黒い部分が多いので)。蒙昧なその内容を皆様もご覧ください

pmda.go.jp   日本の歴史上でも珍しい承認の顛末が公開されている文書に 灯台もと暗し、というような表現がありますが、灯台はもともとは暗かったという意味だったでしょうか(違うわ)、と ...



スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.