地球最期のニュースと資料

In Deep

「悪魔の輪郭」 一覧

パリ検察庁がノートルダム大聖堂の火災に対して「鎮火のはるか前に放火ではないと断定」した理由。バチカンやヨーロッパ当局は一体何を恐れているのだろう

ノートルダム大聖堂が焼失した2日後のアメリカのニュースより ・Hal Turner Radio Show ノートルダム大聖堂の火災のすぐ後、米ニューヨークの主要な観光地の一つとなっている「セント・パト ...



世界中での「聖母マリアの受難」が示す21世紀という今の時代

2019年4月10日 米ボストンの教会で破壊され赤いペンキをかけられた聖母マリア像 ・Dorchester Post   2018年のフランスでの教会への攻撃件数は「1062件」だった 先日 ...

フランス全土でキリスト教会への攻撃と悪魔的冒瀆が連続して発生し続けている中、意味が「聖母マリア」であるノートルダム大聖堂が焼け落ちる

フランスでカトリック教会への「攻撃」が続いていることを報じる米ニューズウィークの記事 ・Newsweek   今のフランスでは、毎日のように、礼拝所と十字架が破壊され冒瀆され、聖餐のパンがゴ ...



世界に広がる除草農薬グリホサートの黙示録

2019年3月3日のアメリカのブログ記事より ・zerohedge.com   グリホサートが世界中の食べ物や飲み物に 少し前のメルマガで、モンサント社の「ラウンドアップ」という除草剤の主要 ...

地球の異なるすべての民族が「良心に基づく同じ道徳的規範を共有している」ことが史上最大規模の研究により判明。その本来の人間の「善性」はなぜ損なわれ続けてきたのか

英オックスフォード大学の研究に関する科学メディアの記事より ・sciencealert.com 1924年のルドルフ・シュタイナーの講演より (※ 「悟性」とは、論理的な思考力のこと) 最初、人間は悟 ...



中国の科学者たちが「ラットの脳と人間の脳を接続」することにより、人間がラットの行動を支配し、マインドコントロールすることに成功。そんな科学の未来は

2019/02/07  

2019年2月4日の米国CNETの報道より ・cnet.com   先月書かせていただいた「唯物論支配のこの地球で「人類の滅亡あるいは消滅」は数十年以内だと知り、むしろ安堵の中にいる私…」と ...

科学の進歩か新たな生物兵器の誕生か : 「ひとつの生物種全体を抹殺できる」可能性のある遺伝子ドライブ技術が史上はじめて哺乳類で試験され、成功した

2019年1月25日のロシアの報道より ・lenta.ru   少し前の以下の記事で、フランス人のジャック・アタリという人の 2006年の著作について、少しふれたことがありました。 唯物論支 ...



デジタルに進行するヨハネの黙示録:スウェーデンで大人気の「手の皮下に埋め込むマイクロチップ」。それはクレジットカードでもあり身分証明書でもある

2018年12月27日のスウェーデンの報道より ・wthr.com 新約聖書「ヨハネの黙示録」 13章 16-17節 また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷に ...

誰もが「電離層への介入」を目指している : 米国、中国に続きロシアまでも高層大気への介入による地球環境コントロール戦争に参入。その行く末は…

2018/12/21  

米国科学メディア「サイエンス・アラート」記事より ・Science Alert   本日 12月21日、新しいメルマガを発行させていただきました。 タイトルは『「この方法で多分太らない」…… ...



病気とレギオンと私

12月14日 日本の気象衛星ひまわりが撮影した月と地球 ・Regional and Mesoscale Meteorology Branch   本日はやや体調が芳しくなく、記事の更新はお休 ...

「サタンの勢力に覆われた国」とキリスト教の司教たちが嘆くアメリカの今の姿。しかし、悪魔というものは本当は…

米国のカトリック・ニュース・エージェンシーの記事より ・catholicnewsagency.com   私は、20世紀初頭にロシアの科学界で活躍し、(その後、スターリンによっとシベリアに送 ...



高血圧の基準が140/90から130/80に下げられることに。このアメリカの新ガイドラインに欧州の医学界は「無意味」と反論するも、何となく日本でも浸透しそうな

11月27日の医学メディアの報道より ・No benefits from new U.S. blood pressure guidelines, according to study いわゆる「高血圧 ...

フェニックスの空に浮かんだ眼を見ながら「現実の存在の危うさ」を思い出す

2018年11月02日 米アリゾナ州フェニックス(北緯33度)上空に ・Ancient "Eye in the Sky" over West Phoenix, Arizona   この土日は ...



「偽の黙示録」:イスラエルに第三神殿の予兆となる赤い雄牛が生まれ、死海に魚が生息し、嘆きの壁に蛇が出現し、人々が終末の予兆だとざわめく中で思うこと

11月6日のアメリカのメディア記事より ・inquisitr.com Sponsored Link   次々と出現する「予兆」の意味 最近、主にイスラエルで、「終末の予言のしるしとして聖書に ...

携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース ・National Institutes of Health News Release   携帯の電波とガンの関係のシロクロがある程度、 ...



「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

・collective-evolution.com   前回の記事、 ・火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させてい ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.