「悪魔の輪郭」 一覧

全国民の90%がワクチンを接種している台湾で「1年前との比較で出生率が23%減少」という通常ではあり得ない衝撃的な報告。これは生殖と不妊に関する問題が世界中で噴出していく兆候なのか…

2022/06/28    , ,

非現実的な数値を示す台湾の出生率の急落 台湾政府が、6月10日に発表した台湾の人口動態推移に関する発表で、 「 2022年5月は、2021年5月と比較して出生率が 23%低下した」 という衝撃的な数値 ...



世界保健機構が「事実上の世界政府」に:新しいパンデミック条約によりWHOはあらゆる国家への健康規制を直接指示することができる組織へと肥大

lifesitenews.com   道は着実に築かれ続けている WHO 世界保健機構が最近、「パンデミック条約」というものの計画を発表していたことをアメリカのブラウンストーン研究所の記事で ...

コロナワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDSとも)への警告に関する論文からも、ストレートな曝露を受けた小さな子どもたちへの懸念がさらに

  何十億人に危機が迫っていると言われる中で思うのは 世界中で「小さな子どもたちの重症肝炎」が急激に報告され始めているということについて、地球の記録で簡単に新しい情報を綴っています。最近まで ...



食料施設への不可解な攻撃が「世界中で起きている」ことが各国報道で判明。アメリカでは畜産管理アプリ経由での大規模なサイバー攻撃が発生。これをやっているのは……

2022年3月 米アーカンソー州のネスレの工場での火災 Western Standard   世界中で続いている食糧関連施設の火災と破壊 ゴールデン何とかが続いていますが、皆様は穏やかに過ご ...

パンデミックが始まって以来、世界中で「女子の思春期早発症」が劇的に増加しているという報告に思い出す「スパイクタンパク質がもたらす時限爆弾」の概念

  女児の思春期早発症が劇的に増加している理由の推定 アメリカの医学メディアで、少し気になる記事を見ました。 「パンデミック以来、性成長が異常に早まった小さな女の子たちが世界中で劇的に増えて ...



アメリカの食料危機は「意図的」である様相。過去数ヶ月で十数カ所の食品関連施設が火災や爆発で消失し、全米への肥料の運搬が強制的に止められている

2022/04/23    , ,

オレゴン州のシアラーズ・フーズ社の火災。 Newsweek   アメリカで起きている、どう見ても異常な出来事の連続 アメリカでこの数ヶ月、 「食品関係の施設の火災、事故、爆発が相次いでいる」 ...

中国のロックダウンは「第三次世界大戦の延長」かと。目的は「西側の食糧、エネルギー供給と流通システムの混乱による経済の崩壊」

  数字から見る上海ロックダウンの架空性 現在、中国で非常に厳格なロックダウンが行われていますが、その規模は、野村ホールディングス傘下の香港の企業調査によれば、以下のようになっています。 & ...



コロナワクチンは「何十億人にヘビ由来の遺伝子を注入している」可能性を主張する科学者の話から、パンデミック当初に「報道から消された発生源」を思い出す

2022/04/13    , ,

  人間ってこんなに従順だったっけ? と思うワクチン展開後の世界 ウクライナの首都の日本語表記を「キエフからキーウに変更した」という報道を見た時に、 「また来たッ、認知戦の成果の確認」 と思 ...

「戦争」を仕掛けているのはプーチン氏かもしれない。そしてそれは世界経済フォーラムの崩壊まで続く最終戦争になるかも

  もしやプーチン氏が? 先日のメルマガは、『世界経済フォーラムに「戦争」を仕掛けているのは誰なのか』というタイトルのものでした。いやまあ、もちろんそれが誰かわかるわけがないのですけれど、妄 ...



コロナと同じ手法のウクライナ展開にやや辟易しながら、数日前に更新されたアメリカ緊急事態管理庁 / FEMA の「核爆発が起きた場合」という文書を読んでみる

2月25日に更新されたアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁 (FEMA)管轄のページより。 ready.gov   ウクライナの英雄 ウクライナの問題は、コロナとワクチン展開同様の「西側メディア ...

オミクロン株をめぐる「イベルメクチン戦争」

2022/02/04    

日本の興和のプレスリリースをめぐるアメリカでの論争 先日、アメリカのロイターが、以下のような記事を出しました。 イベルメクチンは COVID に対して「抗ウイルス効果」を示すと日本企業は述べる Ive ...



医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルが多くの証拠と共に公式に掲載した「ファイザー社臨床試験の杜撰と改ざん」の告発

2021/11/05    , ,

  虚脱の日々に 最も権威ある医学誌のひとつであるブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)が先日、ファイザー社の臨床試験について「重大な嫌疑がある」ことについての告発記事を掲載してい ...

戦時下に、日本人の専門家のワクチン遺伝子配列の分析を読んで知る「スパイクタンパク質の産生を止める術がない」こと。そして「未知のタンパク」の存在

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...



コロナの長期後遺症の原因が「日本人のほぼ100%が持っている」休眠中のウイルスが「再活性化する」ことによるという米国と中国の論文から見える、やや暗い未来。何か手立ては?

  小さな子どもたちとADE… 前回、以下のような記事を書きまして、まあ何をどうしたらいいというものではないにしても、母乳とワクチンということについて書かせていただきました。 授乳中のお母さ ...

狂い咲きのユリを見ながら「人類の進化を阻害された今だからこそ悪を想像しろ」とますます思う

  狂い咲きサンダーロード 今日は何かいろいろと役所的な手続きに出かける日となってしまいまして、収監手続きとか(逮捕されたのかよ)……いや、収監ではなく…入管… (海外の人?)……ああ違う。 ...



8月15日の聖母の被昇天祭にバチカンのカルロ・マリア・ビガノ大司教が世界規模で行う「悪魔払い」の祈りへの参加のメッセージ

悪魔払いの日に これは、もともとは今日発行したメルマガの記事に書いていた時に、ふと知ったことだったのですが、もしかすると、ブログを読まれている方の中にもクリスチャンあるいは、ビガノ大司教にご興味のある ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.