「悪魔の輪郭」 一覧

医師や医療専門家には「起きている本質がわからないであろう」中で、多くの遺伝子がすでに不純な状態に。それは日本の滅亡まで「遺伝」されていく

2024/01/07    

  問題の本質はさらに複雑化している 脂質ナノ粒子や RNAバイオテクノロジーのデザイナーであるクリスティ・ローラ・グレースさんの投稿を最近よく読みます。 まあ、ほとんどの部分を理解できてい ...

パンドラたちと突き進む先は、いつかわからない終末

  パンドラの箱はどれだったのか ずいぶん前からですが、街の雰囲気の、たとえばクリスマス感とか年末感とか、そういうのがどんどん薄くなっていますね。 大きな街とかではどうなのかわからないですが ...

酸化グラフェン含有の明確な否定根拠を読み、この3年間、数々なトリックの攻撃を受け続けていたことを再認識する

  理解していなくともご紹介する理由 少し前の地球の記録の記事で、元「 LNP/RNA バイオテクノロジーのデザイナー」であり「組換えタンパク質などのコンサルタント」であるという女性であるク ...

すべての要素が「発ガン」へと向かわせるメカニズムを網羅したコロナワクチンに関する論文。そして、フィンランドでの先天奇形の異常な上昇の原因は?

  リルの仕業の模様 今回は、関係のない二つの話を書かせていただくことになりそうですが、最近見たグラフの中で、ショックを受けた推移が描かれているものがあります。 フィンランドの「先天奇形で生 ...

元ゲイツ財団のボッシュ博士:「ワクチンの高度な頻回接種国では、今の変異種の流行により人口が30%〜40%減っても驚かない」

AP   ボッシュ氏、再び ビル・ゲイツさんの財団でワクチン開発のトップクラスの位置にいたギアート・バンデン・ボッシュ氏という科学者を最初取り上げたのは、もうそろそろ 3年にも近くなるほど前 ...

「これは遺伝子ロボトミーだから」と述べる分子遺伝学者の言葉を聞き思う、今後の人類の脳、あるいは海馬の行方…

2023/12/12    

  それらはゆっくりとやってくる 少し以前から、たとえば、著名人の方が「前日の記憶を全部失って病院に駆けつけた」とか、「極度の疲労で丸1日の記憶が消えた」とか、そういう報道を見聞することがあ ...

コロナはすでに HIV 化している模様です。…関係ないながら世界中で謎の増殖を続けるトコジラミは「効率よく HIV を媒介する」という昔のパスツール研究所の発表を思い出す

  コロナはすでに HIV 化している模様 前回、以下のようなタイトルの記事を書きました。何らかの変異なり、人為的であれなんであれ、コロナが HIV のようにリンパ球の中に潜伏し、そして、そ ...

エアロゾル感染する HIV が蔓延する世界で生きるには?

  基本的には妄想話とはいえ 前回の以下の記事では、人間のほうの免役が弱くなっている現在の状況では、今後、時間が経過すればするほど、コロナを含めての風邪などの「単なる弱い病原菌」も、もはや単 ...

「コロナは単なる風邪」という幻想からはそろそろ抜け出さないと…。今やこれは、老衰死の大量生産と IgG4 にむしばまれた人たちの致死を加速させる狂気の病原菌

2023/12/09    , ,

  凶悪化させたのがワクチンの大量接種だとしても コロナは単なる風邪、というフレーズは、パンデミックが始まった 2020年から言われ続けてきたことでした。それでも、2020年当時なら「ある程 ...

世界中で懸念されている自己増殖RNAワクチンが日本から炸裂。その仕組み。そして、厚生労働省部局の承認書も見てみましたが…単に以前のデジャヴ

2023/12/06    

  日本から始まるかもしれない終末 以前は、厚生労働省部局の「薬剤の承認書」なんてものは見たことがなかったですが、2年半前、ファイザー社ワクチンの特例承認書を見たのが初めてで、その後、モデル ...

小さな子どもたちを待ち受けているかもしれない、やや残酷な未来

2023/12/03    

  「正常な心臓を持っている人はあまりいないかもしれない」 先日、慶応義塾大学医学部の研究者たちによる論文が発表されていまして、それだけを見て何か思ったというわけではないですが、いろいろな意 ...

レプリコンって遺伝子組換え生物等の使用に関する「カルタヘナ法」に抵触しないの? と思いつつ、話はまたもマイクロRNAに

2023/11/30    , ,

2016年6月にコロナビアのカルタヘナに出現した超巨大積乱雲 earthreview.net   「移転」も「複製」もしているわけで 日本の法令で、カルタヘナ法というものがあります。 正式に ...

免役崩壊、ゾンビ細胞、細胞機構のハイジャック…。それらから考える2024年の大量死の行方

2023/11/27    , ,

  世界中でまたも起きている子どもの免役崩壊 いつも歩いている途中にある小児科病院は、このところずっと駐車場が満車で、今日もそうでした。完全予約制にも関わらず、この状況というのは、子どもの何 ...

三年後あたりには「出産という現象がきわめて稀少」になる可能性さえ出てきた。その原因がスパイクタンパク質なのかマイクロRNAなのかはともかく

  もともと歪な日本の年齢ピラミッドが崩壊する日 国や社会がまともに成立していくことについては、「人がたくさん死亡していく」ということだけなら、まあそれは確かに大きな問題かもしれないですが、 ...

「人間の重要な分子規則を永久的に書き換えてしまっている」

  多くのタンパク質に恒久的な調節不全が 昨日でしたか、科学誌ネイチャーで「何だか気になる」論文を見たのです。ところがなんだか難しくてですね。 論文自体は以下にあります。 nature.co ...

マイクロRNAによる「男性総不妊症化」計画

helsinki.fi   マウスにALSを引き起こすことに成功したマイクロRNA研究 最近、miRNA(マイクロRNA)について、ふたつの記事を書かせていただきました。 (記事)「共通の ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.