「悪魔の輪郭」 一覧

遺伝子コロナワクチンのさまざまな害についての「完全に科学的な側面から見たメカニズム」を、アメリカの三人の医学者と科学者が語ったその内容。貴重ですよ

  遺伝子ワクチンの懸念についてのすべて 新型コロナウイルス感染症に対して、主流の概念とは真逆の主張をしている医学者、科学者たちは、世界中に数多くいらっしゃいます。 多くの方々が、昨年までは ...



厚生労働省の医薬品部局による「コロナワクチン特例承認」書類で知る「闇」(というか本当に黒い部分が多いので)。蒙昧なその内容を皆様もご覧ください

pmda.go.jp   日本の歴史上でも珍しい承認の顛末が公開されている文書に 灯台もと暗し、というような表現がありますが、灯台はもともとは暗かったという意味だったでしょうか(違うわ)、と ...

スパイクタンパク質とポリエチレングリコールが「生殖機能を根底から破壊する」メカニズムのすべて。それは女性に対しても男性に対しても

新約聖書 コリントの信徒への手紙二 2章 09-11節 わたしが前に手紙を書いたのも、あなたがたが万事について従順であるかどうかを試すためでした。 あなたがたが何かのことで赦す相手は、わたしも赦します ...



これは「副作用」ではなく「本作用」だと認識しながら、人類類史上最大の事象がディーガルの分析した未来予測へと推し進める惨状を見続ける日々

2021/06/18    , ,

Nikkei, Kai Fujii   軍事分析組織ディーガルの「ほんの数年後」の人口動態予測 最近ものすごいペースで進められているワクチン接種ですが、「数値」を比較すればするほど、なんとい ...

「検査そのものをワクチン化させる」ことも可能かもしれないジョンスホプキンスと米国防高等研究計画局の素晴らしいテクノロジーを知る

写真はそれぞれ米ジョンスホプキンス大学のニュースリリースより。hub.jhu.edu   スロバキアの国民全員強制コロナ検査の「本当の理由」は 今回の話はわりと面白いと思うのですが、きちんと ...



「他者の遺伝子」はこのように体内に導入することができる : トランスフェクションとマグネトフェクション、そして超常磁性酸化鉄ナノ粒子を知り感銘を受けた日

証拠はいまだ曖昧ですが 最近は勉強に次ぐ勉強で、毎日いろいろな情報を知り、そして「こんなに世の中って進んでたのかあ」と、自分がこんなに何も知らなかったことに毎日驚きます。 先日の以下の記事で、「接種し ...

合成遺伝子と磁気を用いた「外部からの生物の感情のコントロール」に関する論文から「磁石のつく世界」という迷宮に入りこんでしまいました

  強制的に感情をコントロールする 今朝というのか昨晩というのか、午前 4時前に夢で目覚めてしまいまして、夢では、私は誰かと何か話していて、その誰かは体内のモデルが書かれてある図で何かを説明 ...



「新型コロナウイルスでの世界支配は失敗した」と思うしかない現在、主要国の共同作業だったことをタイムラインから振り返る

武漢ウイルス研究所を知ってから1年半後の世界 思い出しますと、中国の武漢で「新たなコロナウイルスによる感染流行が拡大している」と報じられ始めた昨年の 1月頃には、たとえば、以下を記事を含めまして、「中 ...

人類が「究極的な汚れた血」を持つに至るまで

最近、フィリピンのキリスト教プロテスタントの一教派であるバプテストの方が書いた記事をふと見つけました。フィリピン全国教会評議会のバリク・タナウさんという方によるもので、その冒頭は以下のようなものでした ...



バチカンのビガノ大司教の「グレートリセットへの宣戦布告」声明の内容。そして、同司教が語る25年前の「人類の脳破壊計画」

  「汝らは悪魔から出てきた者だ」 バチカンのカルロ・マリア・ビガノ(ヴィガノ)大司教といえば、昨年からずっと現在の世界の政策について批判し続けていまして、最近では以下の記事で取りあげさせて ...

マスク…統制…娯楽の剥奪…。弱い者から集中的に社会から削除するパンデミック政策のメカニズム

2021/05/19    , ,

Pinterest   T4作戦下なら粛正される側だった幼児から見て 昨年、パンデミックによる「対策」が始まった時、いちばん最初に瞬間的に拒否感が爆発したのが、「マスクの事実上の義務化」でし ...



ワクチン接種後に「25%の居住者が急死」したドイツの高齢者施設大量死を取材したドキュメンタリー映画から思う「今、世界の多くの高齢者に起きているかもしれない」こと

ワクチン後に居住者42人中13人が死亡したドイツの高齢者施設の様子を語る匿名の職員。 Rumble   思えば世界のメディアから「消えた」高齢者施設報道 私はもともと動画をほとんど自主的に見 ...

「遺伝子組み換えヒューマン社会」的な未来はリアルかフェイクか

Al Barclay   数十億人に行われている何か 昨日の以下の記事を書いた後、何となく、米ファイザー本社のサイトにある、消費者からの質問に答える「ファイザー COVID-19ワクチンにつ ...



遺伝子ワクチン時代後の赤ちゃんたちは……と考えながら調べものをしていたら、胎児の世界…羊水…エクソソームとめぐり最後に遺伝子ドライブ技術につきあたってしまった

1994年の self23 公演『ゲ.イ.ム.』パンフレットより これからの世界の赤ちゃんはどうなる? 最近はどうしてもコロナワクチンのことを書くことが多くなってしまっていますが、昨日、ふと、 「人工 ...

21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち

映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。 「3回目のワクチン接種」に至る道は予想以上に早かった 世界の新型コロナウイルスの感染確認数がついに前回の流 ...



「ワクチンパスポート」は2018年の欧州委員会の提案以来、着実にロードマップ通りに進んでいることが判明。正式な社会への適用は予定通りなら2022年

futurism.com   有害事象のこと 本題とは異なる話ですが、先ほどベランダで植物をいじっていましたら、道路で女性ふたりが話しながら歩いていました。フェンスがあるので顔や姿は見えませ ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.