「悪魔の輪郭」 一覧

mRNAワクチンのプリオン領域によるクロイツフェルト・ヤコブ病への懸念が再燃。そして、接種の8%の確率で生成される「異常なタンパク質」の影響

2024/01/25  

リボソームが mRNA の翻訳に誤りを犯すと、異常なタンパク質が形成される。 theepochtimes.com   そしてプリオン このところ、新型コロナウイルス(自然感染)と、mRNA ...

スパイクタンパク質が引き起こす「老化の超加速」は生やさしいものではない可能性。人生50年どころか、時限装置の針はあと10年ほど先を指しているかもしれない

  早老症という概念 昨日、以下のような記事で、「寿命50歳社会」というような言葉をタイトルに入れた記事を書かせていただきました。 (記事)「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の ...

「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した男性の言葉」をガンが果てしなく増加していく世界の中で聞いてみる

  一部のガンがとめどなく増えている中で 最近、X への投稿で、今回のタイトル通りに「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した米国人男性」の動画があることを知りました。 その動画に、日本語 ...

ドイツ国防省の秘密文書は「第三次世界大戦は2024年から始まる」と明確に述べる。まずはロシア対ドイツ

2024/01/16    

「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(1961年)より   本当のリセットを望んでいるのは誰なのだろう 今日、私の住んでいるギブミー・チョコ ...

妊娠中のワクチン接種後に生まれる自閉症的行動を示す新生児に関する研究。その原因である「海馬と小脳の神経細胞の破壊」の影響は、大人にも適用されるはず

2024/01/14    , ,

  脳の神経細胞が破壊され、シグナル伝達に異常が 数日前に、ひとつの論文が発表されていました。 その内容は、 「妊娠中のラットに mRNA コロナワクチンを接種すると、生まれたオスの新生児に ...

彼らは自己増殖しているのか? 細胞で、骨髄で、そして脳内で

  新しい研究が出るたびにスパイクの体内での保持期間が長くなる 歌手の八代亜紀さんが、指定難病の「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」というかなり稀少なご病気で亡くなられましたが、まあ、私は、八代亜 ...

医師や医療専門家には「起きている本質がわからないであろう」中で、多くの遺伝子がすでに不純な状態に。それは日本の滅亡まで「遺伝」されていく

2024/01/07    

  問題の本質はさらに複雑化している 脂質ナノ粒子や RNAバイオテクノロジーのデザイナーであるクリスティ・ローラ・グレースさんの投稿を最近よく読みます。 まあ、ほとんどの部分を理解できてい ...

パンドラたちと突き進む先は、いつかわからない終末

  パンドラの箱はどれだったのか ずいぶん前からですが、街の雰囲気の、たとえばクリスマス感とか年末感とか、そういうのがどんどん薄くなっていますね。 大きな街とかではどうなのかわからないですが ...

酸化グラフェン含有の明確な否定根拠を読み、この3年間、数々なトリックの攻撃を受け続けていたことを再認識する

  理解していなくともご紹介する理由 少し前の地球の記録の記事で、元「 LNP/RNA バイオテクノロジーのデザイナー」であり「組換えタンパク質などのコンサルタント」であるという女性であるク ...

すべての要素が「発ガン」へと向かわせるメカニズムを網羅したコロナワクチンに関する論文。そして、フィンランドでの先天奇形の異常な上昇の原因は?

  リルの仕業の模様 今回は、関係のない二つの話を書かせていただくことになりそうですが、最近見たグラフの中で、ショックを受けた推移が描かれているものがあります。 フィンランドの「先天奇形で生 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.