「日本の未来」 一覧

過去2回は栄光の年だった「ヨベルの年」の今、イスラエルが得るものは勝利と栄光なのか、それとも、国連決議からのボイコットと爆撃か

2016年3月20日のイスラエル英字メディアの報道より ・Breaking Israel News   イスラエルの英字紙を見ていましたら、上のような「国連人権理事会の報告者候補はイスラエル ...

「認知症は20代から脳内で進行している」:アルツハイマー病の「脳での最初の発生部位 — 青斑核」が初めて特定され、その損傷が数十年の時間と共に病気を形成し続ける可能性

・Daily Mail   数日前、アメリカ国立衛生研究所が資金を提供する研究によって、「アルツハイマー病の芽が最初に現れる脳の部位」が特定された可能性についての発表がありました。 それは脳 ...

アルツハイマー病とALSの外部的原因の特定? : 青藻が作り出す毒素 BMAA が神経変性疾患発症の直接的外部要因として関与している可能性が濃厚に

英国デイリーメールの報道より ・How bacteria in UK waters may lead to dementia   「緑が生み出すもの」の行く末 最初に書いておきますと、今回の ...

2016年からは正念場を迎えるかもしれない日本(15年後に国の借金は3500兆円)について思ういくつかのこと

リトアニアの「十字架の丘」を駆ける少女 ・Nathonal Geographic / Photo of the Day 2015/07/08   上の写真は、ナショナル・ジオグラフィックの2 ...

子どもたちの未来。メンタル治療とリタリンやコンサータ。そして、私がかつて見たリタリン常用者たち

  子どものメンタル目治療に使われている治療薬の真実 前回の記事、 ・アメリカで驚異的に増え続ける ADHD の子どもたち。しかし、それよりも、今でも「日本の子ども」の治療に使われているのが ...

アメリカで驚異的に増え続ける ADHD の子どもたち。しかし、それよりも、今でも「日本の子ども」の治療に使われているのが、コカインや覚醒剤と同じリタリンもどきだったとは・・・

驚異的なADHDの増加と「投薬」の増加 アメリカのジョージ・ワシントン大学の科学者たちが、アメリカ国内の ADHD (注意欠陥・多動性障害)の子どもたちの数が、ものすごい率で増加しているということを ...

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(2): すべての疾患への扉となり得ている「多様化を失った」現代文明社会下でのストレスの本質

前記事:人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に ・spiritual evolution   ...

人間が病気になる「基本的なメカニズム」(1):交感神経・副交感神経の働きと「ストレスが引き起こすこと」の関係がぼんやりと理解できた日に

・Lymphocyte   今回、こんなタイトルの記事を書いているのには、いろいろな理由はあります。 たとえば、最近、25年以上の知り合いの人で、私より 10歳ほども年下の人が、今年、ガンで ...

バクテリアが人類に勝利した日:「最終救済薬コリスチン」を含めた「すべての抗生物質が無効」のウルトラ耐性菌が猛スピードで全世界に拡大している

2015年12月7日の報道より ・NVS24   抗生物質「終焉の日」 In Deep の前身ブログ、クレアなひとときの「スーパーバクテリアの登場」という記事で、抗生物質に耐性を持つスーパー ...

アルツハイマー病の発症を「最大17年間遅らせる」ことができる遺伝子がオーストラリアの大学の研究で発見される

2015年12月02日のオーストラリア国立大学ニュースより ・ANU   ほんのすぐ先の未来に広がる「この世の終わり」を示す推測値 最近、 ・アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.