[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 日本の未来

欧州委員会がヨーロッパ全体でのワクチン接種強制化に言及する中、「パスなしで店に入った場合、最高で6年の懲役刑」が与えられるリトアニアの例から見る未来

投稿日:2021年12月7日 更新日:


sciencebusiness.net




 

警察国家と化したリトアニアのような事例が拡大する?

気づけば、ヨーロッパは大変なことになりつつあるようで、というか、大変になっている国も多く、数日前までは、以下の記事などでご紹介しました、

「ワクチン未接種者への罰金刑」

を実施することになったギリシャ、あるいはオーストリアのことをご紹介しまして、厳しくなってきているなあとは思っていました。ギリシャは「接種するまで毎月罰金」です。

ヨーロッパで「ワクチン強制化」が進行中 : ギリシャ、オーストリアでは罰金付きの義務化が実施。ドイツでも議会で義務化の是非を問う投票が始まる
地球の記録 2021年12月3日

そうしましたらですね。

最近知ったことで、ヨーロッパのバルト三国にリトアニアという国があるのですが、ここはものすごいワクチンパスポート政策をとっていることを知りました。

リトアニアは、

「パスなしで店舗に入った場合、最大 5000ユーロ(約 64万円)の罰金か、最大 6年の懲役刑」

なのだとリトアニアの人だと思われる方が、記事を書かれていました。

 

そして、現在、リトアニアのメディアでは「不当に店舗に入ろうとして逮捕された人たちのリスト」が、日々公表されているということで、その方は、リトアニア語を英語に訳して、その報道を紹介していました。

たとえば、以下のように「事件として」連日報じられているのだそうです。

リトアニアのメディア報道からとされているもの

10月22日:19歳の女性と17歳の少年が、他人のパスを持ち、ショッピングモール内を不法に歩いているのが発見された。

10月22日:29歳の男性が自分の名前ではないパスを持ってスーパーマーケットに入ろうとしたところを捕まる。

10月23日:17歳の少女が他人のパスで不法にショッピングセンターに入ろうとしたところを警備員に発見される。

10月25日:21歳と22歳の男性が他人名義のパスを持ってショッピングセンターにいるところを発見。

10月27日:19歳男性が女性名義のパスを持ってショッピングセンターに入ろうとしたところを捕まる。

Thread reader

まだ続くのですけれど、こんな感じで日々報じられているようです。

この人たちにも、おそらく高額の罰金刑が課されるのだと思いますが、「 17歳の少女」とか、何とも切ない話ではあります。

ワクチンパスポートの名称は、国によっていろいろで、ヘルスパス(フランス等)、グリーンパス(イタリア等)などがありますが、リトアニアのワクチンパスポートの名称が、

「オポチュニティパス (Opportunity Pass)」

となっているのも切ないです。

オポチュニティの意味は、辞書的には「機会、好機、チャンス」などで、チャンスパスということになるのでしょうか。持っていなければ、いかなる機会も与えられないと。

その記事の作者は接種していないようなのですが、記事は以下のような文言で始まっていました。

 

> リトアニアがヨーロッパで最も厳しいワクチンパス体制を実施して 8週目になる。そして、今はそれがますます厳しくなっている。終わりはない。

> パスがない場合、食品、薬局、または農産物/ペット用品を販売する規模の小さな店にしか入ることができない。そのため、妻と私は他のどこにも入ることができない。

> 法律により、パスがないと、いかなる衣料品店に入ることもできない。ファッション服、スポーツ服、子ども服、ウェディングドレス、すべての衣料品店が私たちの入場を禁止している。 Thread reader

 

これだけでも大変な感じですが、リトアニアでは、10月中旬以降、

「小規模な食料品店でもパスが必要になった」

とあり、以下のように書かれています。

 

> その結果、多くの地域で、パスなしで食べ物を購入する場所がなくなった。

> スーパーマーケットは 9月以来すでに私たちの入場を禁止した。今では小さな店も私たちの利用を禁止している。

> どうやって食べ物を買えばいいのか? Thread reader

 

そして、ドイツでは、メジャー新聞 WELT の報道によれば、

「コロナ隔離を拒否した人たちが、強制的に検疫所に送致されている」

ことが公式に行われていると報じています。

報道の冒頭は、以下のようなものです。

ミュンヘン市当局は隔離することを拒否する人々に対して最も厳しい行動を取る

ドイツの隔離要件を無視して行動すると、劇的な結果を招く可能性がある。

コロナ検疫法を破ったドイツ人たちは、最大 25,000ユーロ (約 320万円)の罰金刑の脅威にさらされているが、当局は、感染しているにもかかわらず、スーパーマーケットやスポーツに行くような人たちを厳しく制裁できるようにしたいと考えており、方法はさらに劇的になった。

今年の初め以来、ドイツの 10大都市で、少なくとも 15人が、国内の隔離要件を無視していたため、診療所や刑務所の検疫所に強制的に送致された。

ミュンヘン市当局が、この最後の手段に特に頻繁に訴えた。今年の初め以来、11人の隔離反対者が強制的に隔離された。 WeLT 2021/11/27)

「罰金 300万円以上なのかよ」とかも思いますが、いろいろな国がムチャクチャな強行策に出ているようなのです。

ここにきて、急激に強圧的な政策がヨーロッパ各地で見られるわけですが、先週、欧州委員会の委員長が、ヨーロッパの加盟国各国に対して、

「ヨーロッパ全域で強制的なワクチン接種の導入を考えてほしい」

と述べたことをカトリック系のサイトが伝えていました。

その記事をご紹介します。




 


欧州委員会の委員長が、ヨーロッパ大陸全域で強制的なCOVIDワクチン接種を提案する

EU Commission president suggests for mandatory COVID vaccination throughout the continent
Life Site News 2021/12/01


欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長

欧州委員会(EC)の委員長が、欧州連合(EU)加盟国に対し、ヨーロッパ全体に強制的な COVID 予防接種対策を導入することを「考える」ように各国に促した。

12月1日の記者会見で、ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、EU 市民の約 33%が、いまだに COVIDワクチンを接種していないことを嘆き 、EUの一部である 27カ国の間で「共通のアプローチ」を提案した。

「ヨーロッパの人口の 3分の1がワクチン接種を受けていません。人口としては 1億5000万人にものぼる大変な数です」とライエン委員長は述べ、接種されていない人の「大多数」が接種を受けるように強制される可能性があることを示唆した。

委員長は以下のように述べた。

「欧州連合内での強制ワクチン接種をどのように奨励し、どのように考えることができるかについて、この議論を今、主導することは適切だと思います」

「これには議論が必要です。そして共通のアプローチが必要です。これを進めることは純粋な加盟国の能力の範疇であり、したがって私からはいかなる種類の勧告もすることは適切ではなく、各国そのものにかかっています」

「私たちは救命ワクチンを持っていますが、それらはどこでも適切に使用されておらず、このため莫大な医療費がかかっています」

ライエン委員長は、「完全な予防接種と追加のブースターショットが、コロナに対しての現在利用可能な最も強力な保護を提供するものです」と意見を表明し、オミクロン変異株にふれ、接種の緊急性を訴えた。

「科学者たちは、オミクロンの伝染性と重症度の特徴について確信が持てるまで、私たちが持っている時間を最大限に活用するために可能な限りのことをしなければならないと私たちに言います。最悪の事態に備え、最善を期待してください」

プレスリリースで、委員長は、新たに特定されたウイルスのオミクロン変異体はヨーロッパ大陸を破壊する可能性があると引用した。

その結果、EU が COVID ワクチン接種プログラムを「強化」し「治療への投資…監視と予防を改善し、世界的な連帯を強化している」と委員長は述べた。

「それまでの間、私はあなた方全員に緊急の呼びかけを繰り返します。ワクチン接種を受け、そしてもブースターショットを受け、そしてあなた自身を守るための規則に従ってください」

プレスリリースは、「 EU加盟国は、ワクチンに対処するための対象を絞った国家戦略とともに、すべての適格な年齢層のワクチン未接種の人々を対象とする新たなキャンペーンを含む、必要なすべての規制を課す準備ができている」必要があることを強調している。

2021年10月の G20サミットで合意された 2022年の世界的なワクチン接種目標 70%を達成するためのワクチン共有を確保すると記されている。

欧州委員会はまた、27のEU加盟国が、オミクロン変異体を含むウイルスに対する強力なレベルの保護を維持するためにブースターショットを迅速に展開するべきであると助言した。

また、「コロナに対して最も脆弱なグループから始めて、オミクロン変異体を含むウイルスに対する強力な保護を維持するためにブースターショットを迅速に展開する」べきであると助言した。

委員長は、オーストリアとドイツに続いて、 市民に COVID ワクチン接種の義務を強制する計画の発表を加盟国に要求している。ここには、接種の受け入れを要求し、従わない人たちには多額の罰則を課すことが含まれる。

西ヨーロッパで最も低いワクチン接種率のオーストリア当局は、接種命令に 2回反対した人たちに最高 7,200ユーロ(約 92万円)の罰金、または 4週間の懲役刑に処せられる法律を草案している。


 

ここまでです。

非常に強圧的な動きですが、ただ、このようなことは、「欧州委員会で予定されていた流れ」でもあります。

欧州委員会は、コロナ前の 2018年に、ワクチンバスポートによる事実上の義務化についての実行年を「 2022年」としていることを、以下の記事で文書と共にご紹介したことがあります。今年の春頃の記事です。

「ワクチンパスポート」は2018年の欧州委員会の提案以来、着実にロードマップ通りに進んでいることが判明。正式な社会への適用は予定通りなら2022年
投稿日:2021年4月15日

ここから見ますと、今のヨーロッパの流れは予定通りであり、その点からは不思議ではないのですが、しかしですね

現在のヨーロッパでは、2021年1月に欧州評議会により可決された「決議 2361」により、こういう「接種の義務化を禁ずる」とした決議が現在も有効なはずなんです。

決議 2361とは、以下のようなものです。スウェーデンの報道です。

欧州評議会は「予防接種は義務的であってはならず、予防接種を受けていない人が差別されてはならない」と決議した

2021年1月27日、欧州評議会は「決議 2361」に署名した。これは、加盟国では予防接種を義務化すべきではないと述べている。さらに、予防接種を受けていない人たちが、いかなる方法でも差別されることは許されないことを示す。 nyatider.nu 2021/02/07)

以下の記事の後半でふれています。

医師と科学者たちが欧州医薬品局に提出した「遺伝子ワクチンの承認停止要請の請願書」の内容に見る「本当の危険性」。その書簡の全文
投稿日:2021年3月13日

今のヨーロッパのいくつかの国と、先ほどの欧州委員会の委員長の発言は、この欧州評議会の決議に明らかに違反しているものだと思うのですけれど、決議が失効しているとかなのですかね。

法が通じないのだと、もう「無法」ということになるわけで、その方向で進んでいくのでしょうか。

この決議 2361に対しての無法状態については、以下の記事でもふれています。

国家が決議を無視する無法地帯に生きている中で思い出したジム・ジョーンズの演習
投稿日:2021年11月18日

この無法状態のまま来年 2022年に移行していくとなると、来年は今年より厳しくなってしまうのですかね。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.