地球最期のニュースと資料

In Deep

人類の未来

攻撃の世界からのお知らせ

投稿日:

西日本を含めて、東アジア全体がとても気温が高い状態となっているのですが(幸いなことに関東は今のところはまだ涼しいです)、最近、下のようなタイプの学説がわりと古くから続いていることを知りました。

1989年に米国ミズーリ大学から出された論文
Temperature-and-AggressionPsychological Bulletin

それで、この論文を含めて、いろいろと「人間の暴力性と関係するもの」を調べたりしていたのですが、時間切れとなってしまいました。

今はムチャクチャな傾向を辿っている世の中なんですが、世界を覆い尽くすこの暴力性は何なのかなと、まあ思ったりもするのです。

太陽はまた黒点ゼロに戻りましたのに。

daily-sun-2016-07-27bSpaceweather
 

それでも、社会は今の有様であります。

そんなわけで、人間の攻撃性というものを、少し考えたいと思った次第です。

太陽や磁場と同様に、気温もまた人間の攻撃性を支配しているもののひとつなら、長く続く世界的な気温の上昇も何かあるのかなあと。

上昇し続ける世界の地表気温
2016-hight-temperatureNASA地球の記録

いずれにしても、今日はまとめきれませんでした。
明日投稿できると思います。

そういえば、桜島が噴火していますが、今回の噴火は「見栄」がすごいです。

2016年7月26日に噴火した桜島の様子。この際の噴煙の高さは5000m
sakurajima-0726mainichi.jp

なんかこう・・・あらわしている気もしますよね。
それでは、今日はここまでで失礼します。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

8

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

9

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

10

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

-人類の未来
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.