地球最期のニュースと資料

In Deep

★ In Deep オリジナル年賀状がメルマガ読者様に2020年元旦に届けられるMAG2さんのキャンペーンが行われています。内容などについてはこちらのページでどうぞ。(2019/11/01)

人類の未来

攻撃の世界からのお知らせ

投稿日:

西日本を含めて、東アジア全体がとても気温が高い状態となっているのですが(幸いなことに関東は今のところはまだ涼しいです)、最近、下のようなタイプの学説がわりと古くから続いていることを知りました。

1989年に米国ミズーリ大学から出された論文
Temperature-and-AggressionPsychological Bulletin

それで、この論文を含めて、いろいろと「人間の暴力性と関係するもの」を調べたりしていたのですが、時間切れとなってしまいました。

今はムチャクチャな傾向を辿っている世の中なんですが、世界を覆い尽くすこの暴力性は何なのかなと、まあ思ったりもするのです。

太陽はまた黒点ゼロに戻りましたのに。

daily-sun-2016-07-27bSpaceweather
 

それでも、社会は今の有様であります。

そんなわけで、人間の攻撃性というものを、少し考えたいと思った次第です。

太陽や磁場と同様に、気温もまた人間の攻撃性を支配しているもののひとつなら、長く続く世界的な気温の上昇も何かあるのかなあと。

上昇し続ける世界の地表気温
2016-hight-temperatureNASA地球の記録

いずれにしても、今日はまとめきれませんでした。
明日投稿できると思います。

そういえば、桜島が噴火していますが、今回の噴火は「見栄」がすごいです。

2016年7月26日に噴火した桜島の様子。この際の噴煙の高さは5000m
sakurajima-0726mainichi.jp

なんかこう・・・あらわしている気もしますよね。
それでは、今日はここまでで失礼します。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-人類の未来
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.