地球最期のニュースと資料

In Deep

Photo

2019年からの世界 拡大する自然災害 日本の未来

2019年 日本海の変 : 日本沿岸で今年の1月だけで「12匹連続」でリュウグウノツカイが打ち上げられている。世界的に見ても異例の事態

投稿日:

2019年2月1日の香港の報道より


scmp.com




 

冒頭の香港の報道で、日本の富山湾に次々と深海魚のリュウグウノツカイが打ち上げられていることを知りました。

リュウグウノツカイは、日本においては 1匹打ち上げられるだけでも、それなりに珍しいことではあるのですけれど、香港の報道を見た後、日本の報道を調べてみましたら、何と、

富山湾で 2019年1月だけで、すでに 6匹のリュウグウノツカイが打ち上げられている

のだそうです。

富山湾は、以下の位置にあります。

富山湾の位置

Google Map

以下は報道からです。

またまたリュウグウノツカイ 富山湾、異変? 魚津水族館「原因よく分からない」

hokkoku.co.jp 2019/02/02

射水市の新湊漁港で1日、深海魚「リュウグウノツカイ」2匹が水揚げされた。魚津水族館(魚津市)によると、今年に入って富山湾で確認されたのは計6匹となり、2009年以降の年間確認数でも過去最多となった。

相次ぐ深海魚の出現に富山湾の異変を指摘する声も上がるが、魚津水族館の稲村修館長は「生態が明らかになっていない魚なので、原因はよく分からない」と話した。

1日、高岡市雨晴沖の定置網に入った体長320センチの1匹は生け捕りにされ、射水市の新湊きっときと市場で展示されたが、午後1時半ごろ死んだ。

もう1匹は体長301・8センチで、射水市の新湊沖の定置網にかかり魚津水族館に運ばれた。水族館に搬入の際には死んでいた。1月31日には氷見市境に近い七尾市庵町沖でリュウグウノツカイ1匹とダイオウイカ1匹が定置網にかかった。

富山湾でリュウグウノツカイは1月19日に滑川市の吉浦海岸と新湊沖で各1匹、同28日に新湊沖で1匹、同30日に魚津市経田の河岸で1匹確認された。昨年10月31日にも富山湾で1匹見つかっている。

ここまでです。

日本沿岸の中でも、富山湾は、これまでもリュウグウノツカイが打ち上げられたり目撃されることはある場所ではあるそうなのですが、これまで最多だったのが、2015年の「 1年間で 4匹」というものでした。

それが、今年に入ってからの 1ヶ月だけで 6匹確認されたというのは非常に珍しいことです。

 

そしてですね、さらに調べてみますと、今年に入ってから他にも日本沿岸のあちこちでリュウグウノツカイが打ち上げられていることを知ったのです。

数えてみると、 1月だけで、十数匹が確認されているという、ちょっとした異常な事態となっているようなのです。

以下はそれぞれのニュースからの抜粋です。

2019年1月の日本でのリュウグウノツカイの報道

[石川県 1月31日]“ダイオウ”“リュウグウ” 3メートル超が同時に (テレ朝ニュース)
先月31日、石川県七尾市沖の定置網にダイオウイカとリュウグウノツカイが同時に網に掛かりました。ダイオウイカは、最も長い足を含めると全長3メートル22センチ、鮮やかな赤色の背びれが特徴のリュウグウノツカイは、全長3メートル84センチです。

今月1日から、のとじま水族館で展示が始まりましたが、この2つの深海生物が同時に持ち込まれるのは1982年の開館以来、初めてだということです。


[沖縄県 1月28日] 読谷漁師「初めて見た!」幻の深海魚・リュウグウノツカイ水揚げ (琉球新報)
読谷村の都屋漁港から約2.5キロの沖合に設置した村漁業協同組合の大型定置網に28日、神秘的で美しい姿から“幻の深海魚”と呼ばれる「リュウグウノツカイ」2匹が生きたまま水揚げされた。

漁師や漁業関係者からは「生まれて初めて見た」「泳ぐ姿が美しかった」など、感嘆の声が聞かれた。 水揚げされたのは体長4メートルと3.6メートルの2匹。


[京都府 1月14日] 舞鶴沖で深海魚「リュウグウノツカイ」を捕獲 (MBSニュース)
14日午前6時すぎ、京都府舞鶴市の沖合で体長4メートル弱の深海魚が捕獲されました。 「リュウグウノツカイ」という普段は海底2、300メートルの場所に生息する種類で、漁師が設置した網にかかっているのを見つけたということです。

[兵庫県 1月24日] 深海魚「リュウグウノツカイ」、豊岡沖で捕獲 (産経ニュース)
細長い姿が特徴の深海魚「リュウグウノツカイ」が但馬沖の日本海で捕獲され、豊岡市瀬戸の水族館「城崎マリンワールド」に運ばれた。

24日に行われた計測では体長4メートル42センチ、重さ32キロで、「これだけの大きさは見たことがない」と同館。

あと、富山湾とは日本海を挟んだ場所にある韓国でも今年、リュウグウノツカイが目撃されています。

[韓国 1月8日] 巨大リュウグウノツカイから時ならぬボラの群れまで…「大地震」の前兆?=韓国 (中央日報)

最近江原道の海岸など東海岸ではあまり見られない深海魚が相次いで発見され、ネットユーザーの間で「大地震の前兆の現象」ではないのかという憂慮が続いている。

専門家らは地震と深海魚の出現を関連づけるのは無理があるという分析だが、ほぼ同じ時期に、日本と白リョン島海域で地震が続いて発生し、不安が拡散している。

この韓国の事例は、もう少し報道から抜粋しますと、地震云々ということ以上に、

「日本海がおかしくなっている」

ことが示されているもののようにも思います。

中央日報の記事の続き

今月5日、江原道高城地域の海岸で約50センチメートルのサイズのヤリイカが発見された。続けて8日には長さ4.2メートルの大きなリュウグウノツカイが登場し、同日江陵のある浜辺では数えきれないほどのボラの群れが荒波に乗って現れて観光客を驚かせた。

また、最近東海岸では回遊経路が分からない天然のスケトウダラが現れて消え、伝説の深海魚と知られる全長1.5メートル以上のサケガシラが江陵・鏡浦海岸で発見された。

大型深海魚をはじめとして時ならぬ魚類の出現にネットユーザーは驚きよりも地震に対する懸念を見せた。

この中の、

> 回遊経路が分からない天然のスケトウダラが現れ

というあたりは、何となく迫力を感じさせる下りではあります。

 

リュウグウノツカイは深海魚であることから、それが海岸などに打ち上げられることは「地震の予兆」だというようなことは、世界のどこでも言われます。

先ほど見ましたら、アメリカの CNN まで「日本で地震の懸念が高まる」という下のような見出しの記事を出していました。

2月2日の米国 CNN の記事より


CNN

しかし、現実には、過去に相当な件数のリュウグウノツカイの打ち上げ事例の報道を見ましたが、その後に「大地震」が起こったという事例は、少ししか記憶にありません(小さな地震まではわからないですが)。

ただ、「少ししか」と書きましたように、大地震の直前にリュウグウノツカイが海岸に打ち上げられた事例、あるいは、大地震の後に打ち上げられた事例は確かに少しはあることはありました。

下のリュウグウノツカイは、昨年 2月にメキシコでマグニチュード 7.2の大震が起きた前日に、同じ南米圏のペルーの海岸に打ち上げられたものです。

2018年2月 メキシコ大地震の前日にペルーに打ち上げられたリュウグウノツカイ

earthreview.net

ただ、地震と関連するとかしないとかという話より、「日本の海で起きたことがないようなリュウグウノツカイの連続打ち上げが今、起きている」ということは事実であり、何かが環境に起きているのではないかという感じはあります。

いくら何でも「 1ヶ月で十数匹のリュウグウノツカイが打ち上げられている」というのは、確かに異常なことではあるのだとは思います。

しかし、その異常が「何によるものなのか」はわからないです。

そもそも、リュウグウノツカイは生態そのものがわかっていない深海魚でもあります。

それにしても、先ほどの韓国沖の「回遊経路が分からない」スケトウダラなどを見ても、どうやら日本海を中心に海の中は「いろいろと混乱している」というようなことになっているのかもしれません。

 

それにしても、地震・・・・・。

実は地震については、リュウグウノツカイはともかくとして、ひとつ気になることが先日からあることにはあるのです。

しかし、何の合理的な根拠もない話ですので、書くことは無責任だとは思いますので、ふれないですが、日本もアメリカも少しだけ気にはなります。

何か合理的に書けるようなことがありましたら、書きたいとも思います。

そんなわけで、ふと見知った「日本を舞台として起きているリュウグウノツカイの乱」状態について取りあげさせていただきました。

ところで、 2月1日に新しいメルマガを発行しました。タイトルは「インターネットから「真実が消えていく」中で私はいつまで書けるのだろ」というものです。インターネット全体の検閲と規制が近づいている可能性についての記事です。よろしくお願いいたします。





-2019年からの世界, 拡大する自然災害, 日本の未来
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.