[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

これからの太陽活動 地球という場所の真実

黒点ゼロの状態の中、突如として太陽表面に磁気の巨大なフィラメントが浮き上がり、太陽は「爆発待機状態」に

投稿日:

2017年5月10日のスペースウェザーの記事より


Spaceweather

現在の太陽の状態

SDO/HMI

Sponsored Link


 

太陽表面に予期せぬフィラメントが次々と出現

世の中は、騒然としているのか、そうでもないのか、よくわからない状態ですが、太陽も今ひとつわからない状態となっているようです。

太陽活動そのものは穏やかで、黒点などは、本日 5月10日に、またも「ゼロ」となりました。黒点数0は、4月16日以来で、そのため、本来なら地球の磁気への状態などは小さく、いろいろと穏やかな「はず」なんですけれど、そういう中、上にありますように、

「太陽表面で爆発が起きそう」

というような状態に今なっているんですね。

これは太陽の表面に「磁気フィラメント」というものが次々と立ち昇り、そして、そのフィラメントが「太陽表面に打ちつけられる」というような動きとなっているのだそうです。

下のような状態です。

5月9日の太陽の表面

Firestorm On The Sun !

これについて、スペースウェザーの記事をご紹介します。

AN EXPLOSION WAITING TO HAPPEN?

爆発発生待ち状態?

5月9日、突如として、多数の磁気の巨大なフィラメントが太陽の北東の端に浮かび上がった。

写真家ジェームズ・ケビン・タイ(James Kevin Ty )氏は、フィリピンのマニラから、メガピクセル天文カメラと太陽専用フィルターを使用し、この太陽に立ち昇るフィラメントを写真におさめた。

そして、この多数のフィラメントは、すぐに爆発につながる可能性がある。

これらの現象は、本質的には、熱いプラズマで満たされた広大な磁力のチューブのようなものだ。そして、磁力線がフィラメントのように交差する際に、激しい爆発を引き起こす可能性があるのだ。そのプロセスは「磁気リコネクション(magnetic reconnection)」と呼ばれている。

今のところ、太陽で磁気リコネクションによる爆発は起きていないが、これらの構造は、そのような爆発がなくても十分に動的なものだ。

磁気リコネクションという聞き慣れぬ言葉が出てきます。「リコネクション」というのは「再接続」という意味ですので、言葉の意味は、「磁気の再接続」ということで、つまり、太陽の表面で磁場の位置が再配置されて、

「磁場のエネルギーが運動エネルギーや熱エネルギーに変換される過程」

のことを言うようです。

平たくいえば、磁場が太陽フレアなども含む「爆発現象に変換される」というようなことでしょうか。

いずれにしても、現在、太陽の北東(図でいう右上)の端から、多くの磁場フィラメントが「浮かび上がって」いる状態で、これが、磁気リコネクションにより爆発などに結びついていくというようなことだと思います。

もし、ある程度の爆発が起きれば、太陽黒点が0であろうが、その爆発した場所と地球の位置関係によっては、数日後くらいから、地球は「強い磁気の影響」を受けることになる可能性がありそうです。

まあ、今現在の世の中は、どういう状態なのか、何となくよくわからない面はあります。

穏やかだとはさすがに思いませんが……。

昨日 5月9日には、アメリカで最も大きな核廃棄物の問題を抱えている核施設「ハンフォード・サイト」の汚染物質保管場所で大規模な崩落が発生して非常事態となったりしていて、しかし、詳細はよくわからないままとなっています。

KUIK

ハンフォードサイトは、Wikipedia から抜粋しますと、以下のような場所です。

ハンフォード・サイト

ハンフォード・サイトは米国ワシントン州東南部にある核施設群で、原子爆弾を開発するマンハッタン計画においてプルトニウムの精製が行われた場所である。その後の冷戦期間にも精製作業は続けられた。

現在は稼働していないが、米国で最大級の核廃棄物問題を抱えており、除染作業が続けられている。

 

ここはアメリカ最大の放射能問題のある場所で、そういう場所で「核貯蔵庫トンネルの大崩落」が発生したということになります。

まあ、日本の報道では「放射能漏れの兆候なし」という見出しだけが大きく報じられていますが、これは現地の報道では「現在調査中」となっていて、何も判明していないのに、調査発表前から一斉に「危険なし」と報じたというのは興味深かったです。

まあ、他にもいろいろなことは続いているのかもしれないですが、太陽黒点ゼロの状態が続くのでしたら、「突発的な巨大なカオス」は起きないのではないでしょうかね。些細なものは続々と起きるかもしれないですが。

何が起きる可能性があるかというと、最も考えられるのは「フォルス・フラッグ(偽旗作戦)」系の事象ではないかという気はします。

それがどんなフォルス・フラッグになるのかはわからないですけれど。

何か示唆はありますかね……。

 

示唆といえば、5月に入ってからの世界中の「雲」の形がおもしろいです。

自然が何かを示唆するのかしないのか、明白なところは言えないですけれど、この数日、世界に出現したさまざまな雲をご紹介して、今回は締めたいと思います。

場所と日付けだけを記しておきます。形状の「示唆」はそれぞれのご想像にお任せします。

 

世界中に出現した雲 2017年5月

英国リーズ 5月5日
ロシアに続き、英国の空にも現れた「人の眼」のごとき雲

英国カンブリア 5月4日
英国カンブリアの上空に展開した「生きている龍か蛇のような」奇妙な雲

イタリア・エトナ火山上空 5月4日
vk.com

イタリア 5月7日
vk.com

カムチャッカの連山 5月初旬
deZabedrosky

英国ヨークシャー 5月6日
vk.com

空はいつでも「宇宙戦争の最中」のごときです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-これからの太陽活動, 地球という場所の真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.