地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりました。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

人類の覚醒と真実 地球という場所の真実

示唆、あるいは元型はどこにある? あるいはそんなものはない? …と思いながら、この数日の風景を見てみる

投稿日:2017年10月18日 更新日:

アルゼンチン・ブエノスアイレスに出現した何だかわからない雲群 2017年10月17日

Red Climatica Mundial




昨日の、

「みずがめ座の時代への精神的移行と人類の変容」を初めて公にしたのは晩年の心理学者カール・ユングだった。……しかし私たちは本当にその移行ができるのだろうか? とも思う今
 2017/10/17

という記事を読み直しながら、「示唆とか元型って結局何だろうなあ」というようなことを思っているうちに、今日は何だかこの合理的すぎる世の中がいつにも増して悲しく感じられてしまっていました。

それで、ピクシーズという、どちらかというと 30年前が旬だったアメリカのバンドの「 Where Is My Mind (心はどこにある?)」という 30年くらい前の曲を繰り返し聴いていました(YouTube)。

この曲は、後の 1999年にハリウッド映画『ファイトクラブ』のラストシーンで、マンハッタンの金融ビルがすべて爆破されるシーンで流れるので、それでご記憶の方も多いかと思われます。

ファイトクラブという映画は「物質とお金だけのこの世の中を本当に根底から破壊してみよう」と努力する男の人の話でした。努力がかなったのかどうかはよくわかりません。

そんなわけで、その曲を聴きながら、この数日間の世界の風景で「示唆や元型というものはあるのだろうか、それともそんなものはないのだろうか」と考えさせられたものをご紹介したいと思います。

冒頭のアルゼンチンの雲はその最たるものだったかもしれないですが、実はこの雲、その後、彩雲まで放ったのです。下は同じ日のブエノスアイレスのその雲の光景です。

ブエノスアイレス 2017年10月17日

Red Climatica Mundial

 

ここから最近数日間の世界の光景をいくつかご紹介したいと思います。

ただの羅列になってしまいまして申し訳ないですが、それにしても、最近はさらに「風景が加速」しています。

ここからです。


この世界の風景に意味は? と思った2017年10月中旬の光景の数々

ルーマニア中部プロイェシュティでいろいろな雲が重なり合った風景 2017年10月18日

Ploiesti and Kalimanesti, Romania. October 14, 2017.

北オセチア共和国アラギールに出現した雲  2017年10月14日

Valentina Mayorenko

日本列島に向かう台風21号の衛星画像。少しタツノオトシゴ 2017年10月16日

NASA

大規模な山火事で町の色が変わってしまったカリフォルニア州オークランド  2017年10月14日

Ciencia a tu Alcance‏

山火事で町の色が変わってしまったスペイン・ガリシア 2017年10月15日

fobosplanet

山火事で「巨大な煙の壁」が現れたポルトガル・コインブラ  2017年10月15日

fobosplanet

CWP

カナダ・アルバータ州の巨大オーロラ  2017年10月14日

Northern Alberta 14/10/2017

ハリケーン・オフィーリアが英国にもたらした波の形 2017年10月16日

fobosplanet

ハワイのキラウエア火山の溶岩の上にかかった虹 2017年10月16日

EpicLava

インドネシア・シナブン火山の現実離れした噴火の光景 2017年10月17日

Endro Lewa

米国コロラド州を漂った雲 2017年10月17日

fobosplanet

インドネシア・シナブン火山の噴火をスマートフォンで撮影する女性 2017年10月17日

Ivan Damanik / AFP





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-人類の覚醒と真実, 地球という場所の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.