地球最期のニュースと資料

In Deep

2016年からの世界 日記

双子のハリケーンと共に、ややカオス気味でした8月が終わります

投稿日:2016年8月31日 更新日:

ハワイに向かっている顔のような「双子のハリケーン」 2016/08/31

Madelein-and-Lestertiempo.com

この8月の後半は、ふだんの夏に比べても、用事面・体調面と何となく慌ただしく、記事を更新できない日がやや多い月でした。

そして、この今日昨日の8月の最後2日間も、ついにちゃんとした記事を書く時間がとれませんでした。いろいろと興味深い出来事はあるのですが、まとめる時間がとれなかったのでした。

まあしかし、いろいろ落ち着きましたので、明日からは普通にいけると思います。

ここ2日ほどは、テレビのニュースなどもあまり見られなかったのですが、台風 10号の被害も、岩手などで大変なことになっていたようです。

SNS には大変な状況の写真などが投稿され続けていました。

北海道清水町 8月31日
iwate-t10avk.com

岩手県久慈市 8月30日
iwate-t10bTwitter

台風ではないですが、現在、ハワイに向かっている「双子のハリケーン」があり、冒頭のように「顔」的な雰囲気を醸し続けながら、カテゴリー4に成長し続けていると報じられています。これらのハリケーンはマデレーン(Madelein)とレスター(Lester)と名付けられています。

こういう台風やハリケーンのようなものも、いまだに海水温度が世界的に高いままである限り、もう少し発生も続くものなのかもしれないですが、いろいろと予測できない世の中でもあります。

ちなみに、明日は、アフリカで皆既日食が見られます。

9月1日に日食が見られる場所(赤いライン)

Track-of-Sept-1-annular-eclipseskyandtelescope.com

上のの場所では、天候に恵まれれば、下のような光景が期待できます。

RingOfFire-2016-0801Spaceweather

個人的には、あるいはこのブログ的には、日食のたぐいは、どちらかというと物騒なものですので、鍵を閉めて、部屋に閉じこもるのがベストなんでしょうけれど。

[関連過去記事リンク]皆既日食

そんなわけで、今日も日記的なものとなってしまいましたけれど、明日からはいろいろ元気でいけそうですので、またよろしくお願いいたします。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

2

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

5

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

6

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-2016年からの世界, 日記
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.