「 癌 」 一覧

ガン化していく世界 : ふたつの免疫抑制/免疫不全が発生するメカニズムを論文から知る

2021/10/26    , ,

★ In Deep メルマガからのお知らせ メルマガをカード以外の決済に対応させていただきました。詳細は「 In Deepメルマガ : カード以外の決済に対応させていただきました」に書かせていただいて ...



「抗ガン剤としてのイベルメクチン」に関しての数々の論文を知る

  イベルメクチン研究の最大のジャンルは「抗ガン」作用についてだった模様 どうという話ではないかもしれないのですが、ふと、 「イベルメクチンの抗腫瘍効果が検証されている医学論文がたくさんある ...

米アイダホ州の病院の「子宮内膜ガンが年平均の20倍」という報告から、もはやワクチンによる免疫抑制でのHHV-6の再活性化によるガン多発の可能性を排除できず

Nikkei, Kai Fujii   ご自身の身はご自身で守るという原則 日本のニュースは Yahoo! のトップくらいしか見ないのですが、ここのところは、半ワクチン派とか陰謀論とかいう単 ...



祈りの風景の中で見た「今後の世界は、新型コロナウイルスの環状RNAによるガンの嵐に見舞われる」という悪夢。ワクチンからの影響は…?

3月22日 インドネシアのスマランで撮影された雲。 Agus Prasetyo Boyolali   祈りはおそらく通じないけれど 日常で見る自然の光景というのは、思っている以上に人々の心理 ...

抗ガン剤は「腸内細菌環境を破壊」し、「脳に炎症を起こす」ことが米国の大学での研究で初めて判明。これが化学療法のすべての副作用のメカニズムである可能性

米オハイオ州立大学の研究で使われた抗ガン剤「パクリタキセル」 ・Paclitaxel   抗ガン剤で副作用が出る当然過ぎるメカニズムが判明 抗ガン剤については、「副作用があって当然」というよ ...



携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース ・National Institutes of Health News Release   携帯の電波とガンの関係のシロクロがある程度、 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.