「 食料危機 」 一覧

戦争、市場の崩壊、食料危機。すべては突然起きる「ように見える」だけなのかも。ウクライナ侵攻までの14年間を見ていてそう思う

  言葉をつなぎ合わせる ここにきて、「第二次世界大戦以来、最大となる世界戦争が近づいている」とする見出しの記事が海外で多くなってきました。 その「時期」も、予想よりも早いという可能性が高く ...



アメリカ食品関連施設の謎の連続火災の後、FBIが、米農業協同組合にサイバー攻撃が行われる可能性を文書で警告 : 「穀物生産が混乱に陥る可能性がある」と

  次はアメリカの穀物生産そのものをターゲットにする模様 前回の以下の記事で、アメリカで「不可解な連続の食品加工施設等の火災や爆破事件が起きている」ことを取り上げました。   [記 ...

アメリカの食料危機は「意図的」である様相。過去数ヶ月で十数カ所の食品関連施設が火災や爆発で消失し、全米への肥料の運搬が強制的に止められている

2022/04/23    , ,

オレゴン州のシアラーズ・フーズ社の火災。 Newsweek   アメリカで起きている、どう見ても異常な出来事の連続 アメリカでこの数ヶ月、 「食品関係の施設の火災、事故、爆発が相次いでいる」 ...



歴史上最悪の食糧危機の「最期のトリガー」を引くのは「中国」。それが故意か故意ではないかは別として

ひ   新たに承認されたコロナワクチンの成分からさえも漂う食糧危機 メルマガの号外で、4月19日に日本で 4例目に承認された米ノババックスのコロナワクチン(販売名「ヌバキソビッド筋注」)の「 ...

ラニーニャ現象が終わらない : アメリカをはじめ世界の穀倉地帯の干ばつと異常気象がさらに厳しく継続する可能性。その先には「もはや食糧は存在しない」世界が

州の95%が極度の干ばつに見舞われている米テキサス州 Beaumont Enterprise   太陽活動の22年周期と共に訪れる長く強いラニーニャに、終わる気配がない エルニーニョ現象とい ...



西側諸国のすべての指導者たちが「自国民の大量死」を望んでいるのなら…それに対抗しようじゃねえか…と思うのはある意味では当然かもしれません

  「ウクライナの人たちのために死んでください」と彼らは言う(飢餓死かワクチンかは選べます) 日本の報道をたまに見ていると、日々新鮮で驚くことばかりです。 先ほどは以下の報道を目にしました。 ...

Copyright© In Deep , 2023 All Rights Reserved.