[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

人類の覚醒と真実 健康の真実

文明と医療と人々の健康知識が進んだ国であればあるほど…

投稿日:2017年1月20日 更新日:

WHO

 

今日、別の記事を書こうとしていた時に、ふとネット上で、あるランキングデータが目に入ったのです。

それは何となく意外性のあるランキングでした。
 
Sponsored Link


 

今までこのブログでは、たとえば、ガンのことも含む病気のことなどをたまに書いていたことがあるのですが、そのデータを見て、そのガンのことにしても、「自分は今まで冷静にデータを見ていなかったかもしれない」という気がしたのでした。

 

たとえば、これをお読みになってらっしゃる皆様方は、

「世界で最もガンの発症率が高い国はどこだろう?」

というようなことをお考えになったことがありますでしょうか。

私は、日本という国でのガンのあまりの多さに、そういう比較ということをしたことがなかったのですが、最新のデータでは、以下のようになるのです。

もう冒頭にそれと関係する図を載せているのですけれど、「ガンの発症率」上位 10カ国をリストアップします。

データは、世界がん研究基金という国際団体の 2012年のものです。

Data for cancer frequency by country

ガン患者の発生率 国別ランキング

1位 デンマーク
2位 フランス
3位 オーストラリア
4位 ベルギー
5位 ノルウェー

6位 アメリカ
7位 アイルランド
8位 韓国
9位 オランダ
10位 ニューカレドニア

(日本は48位)

 

以下、20位までは、スロベニア、カナダ、ニュージーランド、チェコ、スイス、ハンガリー、アイスランド、ドイツ、イスラエル、ルクセンブルグとなります。

韓国など一部を除いて、「ほとんどがヨーロッパ」ということになっています。環境汚染が言われて久しい中国も、衛生観念の遅れを言われるアフリカ諸国も、ここにはまったく入りません。

 

そして、このランキングはですね、別の側面の部分を簡単に書いてしまいますと、

「医療システムが進んだ国であればあるほど、ガンの発症率が高い」

ということを示していると言えなくもないように見えるのです。

「これはガンの発症率なので、死亡率は違うのではないのだろうか」と思い、調べてみました。

確かに、ガンの「死亡率」のランキングは多少違って、下のようになっていました。

ガンでの死亡率 国別ランキング(2014年)

1位 ハンガリー
2位 スロバキア
3位 スロベニア
4位 デンマーク
5位 エストニア

6位 ポーランド
7位 チェコ
8位 ラトビア
9位 オランダ
10位 リトアニア

(日本は31位)

となり、これもすべてヨーロッパです。また、先ほどの発症率のベスト 10のヨーロッパ諸国も、ほぼ 20位までに入っていまして、ヨーロッパは全体として、ガンの発症率だけではなく、ガンの死亡率も高いことがわかります。

 

それにしても、

「世界最悪のガン発生国はデンマーク」

なんて響きをニュースなどで聞いたことがおありでしょうか。

あるいは、「ヨーロッパは、世界最悪のガン死亡エリア」だという響きを。

そして、ガンに関しては「アフリカが圧倒的に発症率が低い」、つまり、ガン患者が少ないという事実もあります。

下は WHO の 2015年データです。

人口10万人あたりのガン発症の数の国際比較

WHO

この地図の色分けは下のようになっています。

 

青が濃くなれば濃くなるほど、ガン発症率が高いということになります。

ここから、大ざっぱに世界を分類しますと、下のようになるのです。

 

これを見る限りは、ガンの極めて少ないアフリカには、データがなくてこのようになっているということではなく、データは存在しているようですので、実際に、ものすごくガンの発症が少ない国が多いということになりそうです。

とにかく、ガンの発症、死亡、どちらも、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなど「白人主導的な国家」が多いのが特徴ですが、それにしても、こうなってくると、ますます「ガンの根本的な原因」というものが、今まで語られているものとは違う方向にあるのではないか、ということが、かなりクローズアップされてくるように思います。

このデータを見まして、先日の、

なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれない…
 2017/01/18

という記事のタイトルにある通りの「なぜ、地球は病気の王国になったのか」ということの背景には、さらに「もっと考えなければならない複雑なさまざま」が存在している可能性も思います。

上の記事で翻訳してご紹介した記事の中にありました「ワクチンの話」なども何となく思い出されますが、因果関係を調べたわけではないですので、それについては今は書きません。

 

いずれにしても、先ほどのランキングを見まして、「世界全体を覆っている医療、予防システム」は間違っているのではないか、あるいは、「現代で語られる健康観念そのもの」が間違っているのではないかというような気がさらに大きくなってしまいまして、今日もともと書いていた記事をやめてボーッとしていました。

それにしても、ヨーロッパもアメリカも、ガンだけではなく、認知症、うつ病なども非常に多く、何だんだいっても、それらの国々は「世界一の病気の国々」でしかなくなっているという現実もあるのかもしれません。

 

文明の進んだ国であればあるほど、そこに住むと病気になりやすい・・・。

進んだ医療がある国になればなるほど、人は病気で死にやすい・・・。

何かが間違っている。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-人類の覚醒と真実, 健康の真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.