2017年からの世界 アメリカの憂鬱 地球という場所の真実

2017年と2045年のアメリカの皆既日食のラインが北緯33度線を交差することから導かれた「トランプ大統領の経歴がワヤになっている」こと

投稿日:

2017年8月21日 日食中の米国ワイオミング州上空から撮影された「月の影」

spaceweather.com

この土日は、きちんと記事を書く時間をとることができませんでした。

まあその・・・用事の中には、前回の記事、

「地面に裸足で立つこと」についての驚くべき体と健康への効用を示す数々の医学論文と学術論文から見る結論は「可能な限りやるべき」
 2017/08/25

で「素足で地面に立つ」ということについて書きまして、その中で訳したものの中に、土の上でなくとも、

・コンクリート OK
・セラミックのタイル OK

という記述があり、コンクリートだとかセラミックの材質を調べたところ、「よくわからないけど、何だか確かに大丈夫っぽい」という気がしまして、ベランダで作業をすることの多い私は、「ベランダを素足で滞在するのに快適な環境に改造する」という、割とどうでもいいことに少し時間を費やしたりしたことも含まれています。

植物とかメダカとかの多くがベランダに展開しているために、ベランダで立っている時間はわりと長いのです。

こういうことを書きますと、何だか「健康に気をつかっている」ように感じられるかもしれないですが、間違ってはいないのかもしれないですが、やや違う部分としては、最近の日本の高齢化とか、いろいろを考えている中で、今の私は、

「元気で短命に生きたい」

という気持ちが強くなっています。こういう世の中にしてしまった原因は私たちの世代というか私自身にも何かあるという罪悪感もありますし、若い人たちにできるせめてもの行動が「我々が早く死ぬこと」だと考えています。

もちろん、これは私がそう思っているだけで、他の方に関係のあることではないです。多くの人びとには長生きしてほしいと思っています。

いずれにしても、私自身はそんな感じですので、最近は、長寿的な要素は生活から排除していたりするのでした。

しかし「元気」と「快適さ」は求めたいところでもあり、もともと素足で過ごすのが好きな私ですし、せめて、コンクリートの上だけでも裸足で過ごせば気持ちいいに違いないというわけで、いろいろしていた次第でした。

他にも、この土日はきちんとした用事などもあり、記事を更新できませんでした。

 

ところで、先日まで、アメリカの日食のことについて、何度か記事にしましたが、その際、アメリカの学生たちのグループが、気球を高層に飛ばし、「地球に写った月の影」の撮影に成功していました。

冒頭の写真がそれですが、これでは、地球との関係の雰囲気が、ややわかりにくいかもしれませんので、他の日食の際に宇宙から撮影された写真を載せますと、下のようになった際の写真ということになります。

2016年3月9日の日食時に気象衛星ひまわりが撮影した月の影(太平洋上)

cimss.ssec.wisc.edu

皆既日食の時にはこのような「巨大な闇」が地球を駆けぬけているということになるようです。

ちなみに、

2017年夏のニビルのウワサ合戦。そして、アメリカの数学者は「皆既日食をめぐる33の数の偶然」からはじき出した世界の終わりの日を「2017年9月23日」だと
 2017/08/09

という記事で、今後 10年間の皆既日食の観測ルートについて載せましたけれど、「アメリカ」に限定した 21世紀前半の 50年間の皆既日食となると下のようになります。

今後 50年間で3つの「巨大な闇」(皆既日食)がアメリカを駆け巡ります。

matc.edu

半世紀で3つの皆既日食がアメリカ大陸を縦横断することになるようですが、このうち「 2017年の日食と 2045年の日食は、北緯 33度線上で交差する」ということに最近気づきました。

交差する場所は、アーカンソー州のわりと広範囲となるようです。

まあしかし、「西暦 2045年」なんていう年は、もうアメリカにしても、私たちの日本にしても、ほとんど想像の外の話でありまして、もちろん私は生きてはいないにしても、そういう問題以前に、

「それらの国や地域は存在するのか?」

というようなことさえ思います。

しかし、その時にアメリカも日本も存在しているにしても、それはもうどんなものとなっているのか、やはり想像できないのでありました。

とか何とか言って、2045年だと、アメリカはまだトランプ大統領の政権が続いていたりして・・・(その時 99歳)。

 

あ・・・・・今、トランプ大統領の年齢を確かめるために、Wikipediaを見ましたら、大変なことになっていることを発見しました。

現在(2017年8月27日午後6時)は、ドナルド・トランプ大統領の Wikipedia の経歴が下のようになっています(笑)。

8月27日午後6時の「ドナルド・トランプ - Wikipedia 」より

ドナルド・トランプ - Wikipedia

歴代の大統領の Wikipedia がここまでされていたのは、初めて見ました。すぐに直るのでしょうけれど、何だか末法ですねえ(笑)。

そんなわけで、結局だらだらと雑記を書いていましました。

明日はきちんと更新できると思います。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

5

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

8

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

9

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

10

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

-2017年からの世界, アメリカの憂鬱, 地球という場所の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.