地球最期のニュースと資料

In Deep

地球という場所の真実 日記

世界中に現れる「神の手」や「二重の虹」に囲まれながら、日本とヨーロッパを襲ったGoogleの不調で小休止

投稿日:2017年3月22日 更新日:

2017年3月20日 英国にて

Denis's wall photos

 

2017年3月20日 米国アリゾナ州にて

deZabedrosky




 

今日、記事を書こうと思い、ちょっと調べ物をしようと Google で検索していましたら、どうも重かったり、あるいは「検索できない」というようなことになっていました。

最初は、自分のインターネット環境の問題なんだろうなと思っていたのですが、ふと報道を見ますと、下のようなものがありました。

Gmailなどで障害発生、一部ユーザーがつながりにくい状態

 BuzzFeed 2017/03/22

3月22日15時頃から、Google検索、Gmail、Googleドライブで、一部のユーザーがアクセスしづらくなるなどの障害が発生している。

SNSには、「グーグルがまともに動かない」「Google重くね?」などの声が上がっている。

Googleの提供する「G Suiteステータスダッシュボード」によれば、15時45分から、先述3サービスで障害が発生。ここでGoogleは「問題は調査中です。間もなく詳細情報をお知らせします」と説明している。

このトラブルは、今は解決しているようなのですが、それにしても、今回のことで、改めて「情報の取得をものすごく Google に依存している自分」を知ります。

ふだんは、自分でニュースを探したりしている気分になっていたりしますが、その多くが Google 経由だということにも気づく次第です。

 

なお、ちょっと興味深かったのは、今回の Google のトラブルは、

「ヨーロッパと日本だけで発生していた」

ようです。

これは「 Google の障害発生マップ」というものがあり、それを見てみますと、下のようになっていました。

マップの「赤い地域」が本日の Google の障害発生地域です。

2017年3月22日の Google の障害発生地域


Google の障害発生マップ

ほぼ、日本とヨーロッパだけで起きていたことがわかります。

さらに拡大しますと、下のような場所で集中的に起きていたようです。

3月22日にGoogleで障害が発生した日本の地域


・downdetector.jp

3月22日にGoogleで障害が発生したヨーロッパの地域


・downdetector.jp

ヨーロッパでは、スイス、ドイツなどで発生していたようで、フランスは完全な無傷でした。

何がどうしたのかはよくわからないですが、そんなわけで、今日はこのようなことがあり、調べて記事を書くことができませんでした。

冒頭の写真は、いつかご紹介しようと思っていたものですが、記事との関連がなく、ご紹介できなかったもので、最近の

「空に出現した手」

の写真を冒頭にご紹介させていただきました。

すべて「雲」ですが、こういうものが出現しますと、ネット上では「神の手」と言われることが多いですが、神の手は、最近「春になると出る」もののようです。

昨年の2月の終わりにも、スコットランドに下ような「空からの手」が。

スコットランド上空に出現した雲 2016年2月下旬

・過去記事「気候のコヤニスカッツィと頻発する「神の手」

その少し前の 2016年1月には、ポルトガルで下のような雲が撮影されました。

ポルトガル上空に出現した雲 2016年1月27日

indiatimes.com

 

それと、関係はないことですが、ここ数日、世界中で「二重の虹」が多発していました。

 

ニュージーランド ウェリントン 2017年3月19日

deZabedrosky

 

静岡県浜松市 2017年3月21日

浜松ニャン太郎

 

シンガポール 2017年3月21日

deZabedrosky

個人的には「二重の虹」にはいろいろと思うところもありますけれど、見た目の美しさを堪能するという姿勢が正しいのかもしれません。

 [参考記事]虹の時代のニュース:テロ現場に出現し続ける二重の虹… (2016/04/01)

 

今日はここまでとさせていただきます。

そして、「自分の日常というのは、いったどんなものの中に存在しているものなのだろう」と、ふと思う春の一日でありました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

8

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

9

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

10

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

-地球という場所の真実, 日記
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.