地球最期のニュースと資料

In Deep

Photo

2017年からの世界 拡大する自然災害 未来の地球

完全な洪水の時代へと : テキサスは圧倒的なカタストロフに。そして世界各地でも同時多発的な黙示録的な被害を伴う大洪水が拡大

投稿日:2017年8月28日 更新日:

2017年8月28日の米国報道より

thehill.com

テキサス州ヒューストンの道路 8月27日

youtube.com

南インドの豪雨の死者数について報じる8月24日の台湾の英字新聞

At least 950 killed in South Asia's annual monsoon floods

シエラレオネの豪雨の死者について報じる8月27日の米国メディア

seattletimes.com

コンゴ民主共和国の豪雨による死者について報じる8月25日の南アフリカの報道

news24.com

Sponsored Link


 

アメリカのテキサス州で、ハリケーン「ハービー」による豪雨の被害が拡大していしまして、その様相は、近年は洪水が非常に多いアメリカでも、かつて見たことのないような光景を作り出しています。

このハリケーンは「来ることがわかっていたのに、被害は想定以上」ということになっていて、その豪雨の状態は予測をはるかに上回るものだったようです。

ヒューストン市のツイッターより 8月27日

City of Houston‏

 

どのくらいの雨が降ったのかは地域にもよるのでしょうけれど、今のままの雨が続きますと「2日間に、テキサス州での8ヶ月分の雨が一気に降ったことになる」というような豪雨のようです。

今年の日本もですが、最近の豪雨は「想定をはるかに上回る豪雨となる」ことが多いようで、そして、それは今、世界中に広がっています。

冒頭に世界各地の「つい最近の」報道を並べさせていただきましたが、間違いなく

「世界は洪水のカオスに突入した」

と言えるような感じです。

日本もそうですが、基本的に台風やハリケーンの本格的なシーズンはこれからですので、今後、迫力のある状況となってきそうな感じです。

ここ数年は、洪水に関しての記事を書くことが多く(過去記事一覧)、今年も、

拡大する洪水の時代の記録
 2017/07/06

という記事を書かせていただいたこともありましたけれど、その後、想定以上の激しい洪水と豪雨による被害が、日本も含めて世界各地で起きています。

 

なお、このハリケーン・ハービーは、「ハリケーンになった瞬間」から、何となくいろいろとありそうな気配は醸し出していました。

それは、その「顔」がそういう気配を出していたのです。

下は、8月24日にハービーがハリケーンとなった時の赤外線画像です。

ハリケーンとして誕生した時のハービーの画像 8月24日

・abc news

「口笛吹いてる……」と、これを見た時は思ったものでした。

toopmotorcycles.com

最近のハリケーンは基本的にふざけてますからね。

昨年 2016年10月に中米などに大きな被害を出したハリケーン「マシュー」は、上陸直前の赤外線画像で下のような姿を捕らえられていました。

2016年10月5日 ハリケーン「マシュー」

・CNN

そんなわけで、テキサス州を襲っているハリケーン「ハービー」が作り出した光景と、そして、「この1週間ほどで、世界で報じられた洪水」について、ご紹介したいと思います。

数が数ですので、基本的に羅列になってしまいますが、今、世界はこのようになっているということをお知らせできればと思います。

現時点の洪水の被害からはいつかは復旧できるにしても、この状況が毎年続いたら? 10年続いたら? 100年続いたら?

・・・ というような感じで、古代の世界は滅びていったのかもしれません。

では、ここから、テキサス州の現状のいくつかです。

 

2017年8月28日 アメリカ・テキサス州の洪水の光景

強風と洪水と火災で跡形もなく破壊された家屋

fobosplanet

洪水で死亡した牛たちの体が道端に延々と並ぶ

vk.com

水没したヒューストン市内の信号

twitter.com

浸水する老人ホーム。すでに車椅子の人たちの腰の位置まで水が

telegraph.co.uk

ヒューストンのテレビ局KHOLのツイッターより

DougDelonyKHOU

洪水の際には屋根まで上るように通達を出した当局

KHOU

水の下の車たち

RCM

水で破壊されたテキサス州ロックポートの街

smh.com.au

ヒューストンの街並み

twitter.com

水に埋め尽くされたヒューストン

dailymail.co.uk


 

ここからは、この1週間くらいの間に報じられた世界各地の洪水ですが、インドやバングラデシュなどの南アジアでは、もう何週間もこの状態が続いています。

 

8月28日までの1週間の間に報じられた洪水の一部

南米ウルグアイ 8月26日

vk.com

シエオラレオネ 8月中旬から現在まで

vk.com

バングラデシュ 8月上旬から現在

twitter.com

インド 8月上旬から現在

twitter.com

中国広州市 8月24日

abcnews.go.co

北アイルランド 8月23日

Northern Ireland 23.08.2017

トルコ・ゾングルダク 8月22日

Zonguldak, Turkey 22.08.2017

パナマ 8月20日

Cerro Viejo, Panama 20.08.2017





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

2

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

3

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

4

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

5

2017年2月13日のサイエンス・デイリーより ・Low birth weight babies at higher risk for mental health problems later in ...

6

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

7

南極で直径480kmの「存在」が見つかっている場所 ・Satellite spots MASSIVE object hidden under the frozen wastes of Antarcti ...

-2017年からの世界, 拡大する自然災害, 未来の地球
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.