「人類の未来」 一覧

全世界で乳幼児たちから認知能力と言語能力を剥奪したマスク禍を繰り返さないために

2023/07/20    , ,

  マスクは乳幼児たちから「人生」を奪う 先日、英ガーディアンで「パンデミック下で生まれた子どもたちはコミュニケーション能力が低いことが研究で判明した」という記事を読みました。 この記事を最 ...

2020年の欧米のいわゆるコロナ死のほとんどは「コロナ以外の死亡」だったことが今にして認められている。しかし数字のカラクリは今も続いているようで

  提示される数字が、ときにすべて虚偽であるこの社会で データや数値というのは常に「一種の操作」的な範疇のコントロール下にあるのだなあと最近つくづく思いますが、最近の RT が、米ニューヨー ...

中国人民解放軍が、マイクロ波等で「敵国全体の脳神経を直接攻撃できる兵器をすでに保持している」という報道から思う「磁性脂質ナノ粒子」への疑念

2023/07/18    

中国の脳神経攻撃に関する報告書の表紙。squarespace.com   「新タイプの戦争」が近づいている 私は、2020年からずっと「今は戦時中」だと思って生きていました。 そういうことも ...

ゼレンスキー氏が突如、米国とNATOに無視され始めた最大の理由

リトアニアのヴィリニュスで開催されたNATO首脳会議で孤立するゼレンスキー大統領 halturnerradioshow.com   孤独の総統 7月11日、リトアニアの首都ヴィリニュスで行わ ...

mRNAワクチンが、ヒト遺伝子の「エピジェネティック作用」に強く干渉することがイタリアの研究で明らかに

2023/07/15    

  DNA混入論争の行方 以前、ファイザー社ワクチンに「 DNA が混入している可能性」について、東京理科大学名誉教授の村上康文氏と、イタリア分子腫瘍学研究所の荒川央博士の対談をご紹介したこ ...

シュードウリジンが導く「全滅」

2023/07/11    

  存在自体を容認できるものでさえない 私自身は、自身が、いわゆる「反ワクチン」という立場で捉えられるのがとてもイヤだということはあります。 これはそんな軽いものではないからです。 最初にフ ...

ロックダウン時のイギリス内閣府の行動規制責任者が「英国人はもう飼い慣らされているので、いつでもロックダウンとマスク義務化を再導入できる」と発言。では、たとえば日本は?

2020年の英国でのロックダウン中の街頭ポスター。「家にとどまり、皆の命を守ろう」。 inews.co.uk   日本でも「条件付け」が日常的に続いている 今回は、タイトルに書かれていた記事 ...

「ヒトの唾液、血漿、母乳のエクソソームにはRNAが含まれている」という2011年の論文を読んで、今後の社会を考える

2023/07/05    

1983年に初めてエクソソームの放出が確認された際の画像。rupress.org   最も大きな問題はエクソソームにあるのかなと 私が、エクソソームという名称を知ったのは、ほんの 2年前のこ ...

南米の状況は次の日本の冬を示唆している? ブラジルをはじめ多くの国で小児のウイルス性感染症の爆発により公衆衛生上の緊急事態に

ブラジルやチリではマスクが正式に再登場。CNN   今や季節も気温も、ウイルスの干渉さえ関係なくなり 日本は現在夏で、南米は、全部の国ではないですが、冬に入ろうとしています。比較的「真逆の季 ...

ミリ波としての5G電磁波からの影響について再考する

2023/06/26    , ,

Epoch Times 影響はほとんどわかっていない (いわば無試験) 米エポックタイムズを見ていましたら、ヘルスライターのマリーナ・チャン(Marina Zhang)さんの記事が掲載されていました。 ...

アメリカでは「1億人以上が黙示録への準備を進めている」ことが全国調査で判明。日本で「ノアの方舟計画」が発表される中…

2023/06/25    , ,

  人口の3分の1が「準備を加速」中 米国のボーナスファインダー社の全国調査で、 「現在のアメリカでは、1億800万人が終末に向けて準備をしている」 ことがわかったことが報じられています。 ...

ワグネル指導者がロシア国防省に「宣戦布告」し、2万5000人のワグネル軍がモスクワに向かって進軍中。このロシアのクーデター騒ぎが今後に与える影響は?

2023年5月20日、ウクライナのバフムートでロシア国旗とワグネル旗を振るワグネル軍中隊。politico.com   クーデターの行方 アメリカより先に、ロシアが物騒な感じになってきていま ...

免疫低下が世界中で拡大する中、イベルメクチンは、デング熱の治療薬として有効な可能性があるだけではなく、「蚊への殺虫作用」さえあることを論文で知る

  イベルメクチンとアルテミシニンを知ることができただけでも… コロナ禍、ワクチン禍の際に、イベルメクチンに対してはいろいろと、どうだこうだと議論があったりしたものですが、私自身はお勧めした ...

23種類の戦闘機が参加し、23日に終わるNATOの演習「エアディフェンダー23」と共に「静寂の戦争」が拡大の気配

2023/06/20    

  海底ケーブルの切断や欧州投資銀行サイトのダウンを受けて 今、なんかアメリカの様子が怪しいようなんですよ。 全米各地で、戦車などの軍用車両や、戦闘機(のようなもの)が、市街地で目撃されてい ...

正式なコミナティはいまだに製造されていない? と思わせるファイザー社ファクトシート文書の謎。そこには名称「BNT162b2」が一度も出てこない

2023/06/17    

  ナノテクノロジーの歴史を知る 現在、アメリカ食品医薬品局 (FDA)が保持していた、ファイザーのコロナワクチン有害事象などに関する 40万ページにおよぶ機密書類が、アメリカ連邦裁判所から ...

世界の小麦の供給状況が劇的に悪化する中で、中国政府の「小麦の爆買い」が加速中。供給の影響は時間と共に地球規模になることがほぼ確実に

2023/06/15    , ,

  中国、米国、欧州等の主要小麦生産地で天候異常が拡大 昨年、以下のタイトルの記事を書かせていただいたことがありました。 [記事] 歴史上最悪の食糧危機の「最期のトリガー」を引くのは「中国」 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.