「2024年からの世界」 一覧

mRNAワクチンのプリオン領域によるクロイツフェルト・ヤコブ病への懸念が再燃。そして、接種の8%の確率で生成される「異常なタンパク質」の影響

2024/01/25  

リボソームが mRNA の翻訳に誤りを犯すと、異常なタンパク質が形成される。 theepochtimes.com   そしてプリオン このところ、新型コロナウイルス(自然感染)と、mRNA ...

細胞外DNAは確実に血栓を誘発する原因となり、脳卒中や多臓器不全などのリスクにつながる。…そしてワクチン混入DNAは、細胞外DNAそのものであり…

2024/01/24    

細胞外DNAの予想以上のリスク コロナワクチンに関して、最近は、以前とは「カテゴリーが異なる」いくつかの懸念を思うようになりました。 以前は、スパイクタンパク質や脂質ナノ粒子による直接的な影響の問題や ...

スパイクタンパク質が引き起こす「老化の超加速」は生やさしいものではない可能性。人生50年どころか、時限装置の針はあと10年ほど先を指しているかもしれない

  早老症という概念 昨日、以下のような記事で、「寿命50歳社会」というような言葉をタイトルに入れた記事を書かせていただきました。 (記事)「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の ...

「だまされる者は何度でもだまされる」…歪んだ社会の常識とマインドコントロールが作り出す寿命50歳社会

  諦観 マスク着用者ばかりの街の中を歩くたびに、「パンデミックが始まった 2020年に戻っただけじゃないかよ」と、一種の諦観というか、本当の意味での「この世の終わり」を思う最近ですけれど、 ...

「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した男性の言葉」をガンが果てしなく増加していく世界の中で聞いてみる

  一部のガンがとめどなく増えている中で 最近、X への投稿で、今回のタイトル通りに「犬の駆虫薬フェンベンダゾールでガンを治した米国人男性」の動画があることを知りました。 その動画に、日本語 ...

ドイツ国防省の秘密文書は「第三次世界大戦は2024年から始まる」と明確に述べる。まずはロシア対ドイツ

2024/01/16    

「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(1961年)より   本当のリセットを望んでいるのは誰なのだろう 今日、私の住んでいるギブミー・チョコ ...

彼らは自己増殖しているのか? 細胞で、骨髄で、そして脳内で

  新しい研究が出るたびにスパイクの体内での保持期間が長くなる 歌手の八代亜紀さんが、指定難病の「抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎」というかなり稀少なご病気で亡くなられましたが、まあ、私は、八代亜 ...

中国の科学者たちが、「ヒトのACE2受容体を遺伝子導入したマウスにおいて死亡率100%」のセンザンコウ由来コロナウイルスについて発表。それは脳に感染する

reddit.com 発表したのは元人民解放軍 生物兵器担当将軍… 論文より。 biorxiv.org   中国の研究者たちによって発表された論文が話題を集めています。 そのキーワードは、 ...

次のカオス

2024/01/04    

  混沌と混乱の年開けに 2024年は、年明けから混沌とした状態で始まっています。 日本においては、1月1日に能登で大地震があり、その翌日の 1月2日には、日本航空機と海上保安庁の航空機が衝 ...

パンドラの箱はもう開き終わった。次はエリスが黄金の林檎を次から次へと地球に投げつける

2024/01/02    , ,

2021年12月31日に太陽から噴出したプラズマ Jhon Hnery Osorio orozco   1月1日の地震 ことよろ(投げやりかよ)。 いや、さすがに「おめでとうございます」とか ...

2023年の岸壁にて

2023/12/31    

littleadventurertravels.com   登場する新しい次のウソに気づくことができるのかどうか 2023年も終わりですね。 あと 365日もすれば、あっという間に 2025 ...

パンドラたちと突き進む先は、いつかわからない終末

  パンドラの箱はどれだったのか ずいぶん前からですが、街の雰囲気の、たとえばクリスマス感とか年末感とか、そういうのがどんどん薄くなっていますね。 大きな街とかではどうなのかわからないですが ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.