[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

人類の未来 人類の覚醒と真実

ヒトはこの世に出現した瞬間に光り輝く: あらゆる生物は、受精の瞬間に「花火」を打ち上げていることが米国の大学の研究により突き止められる

投稿日:

受精の瞬間の真実

タイトルの「生物がこの世に出現した瞬間に花火を打ち上げる」というのは比喩ではなく、例えば、下は、米国ノースウェスタン大学が撮影したもので、マウスの「卵子と精子が出会った瞬間」、つまり、受精した瞬間をとらえたものです。

黄色く光った時に「新しい生命」が誕生しています。

マウスが受精した瞬間(繰り返しになっていますが、光るのは1回だけです)
mouse-zink-sparks01

そうなんですよ。卵子と精子が出会った瞬間、つまり、新しい生命が生まれた瞬間に、このように卵子はピカッと「光る」ということがわかったのです。

まるで「生命の祝砲」のようなイベントが、生命誕生の一番最初に起こっているということがわかったんです。

しかし、私自身は、この「受精の時に光る」ということを今回初めて知ったのですが、上のマウスの動画は、ノースウェスタン大学が、2014年12月に発見したもので、その際のニュースリリースで発表されたものでした。そして、受精の時に「卵子が光る」こと自体は、5年前からわかっていたことなのだそうです。

2014年12月15日の米国ノースウェスタン大学ニュースリリースより

mouse-zink-sparksNorthwestern

Sponsored Link


 

そして、昨日( 4月26日)、この現象が「ヒトでも同様に起きている」ことを突き止め、その撮影に成功したのでした。

2016年4月26日の米国ノースウェスタン大学ニュースリリースより

human-egg-01bNorthwestern

ヒトの受精の瞬間の「花火」は、下のように示されていました。

ヒトが受精した瞬間(蛍光顕微鏡による観察
human-egg-spark

研究は、産婦人科学部の研究者たちによっておこなわれていたもので、目的そのものは、不妊治療に対してのものでしたが、私は「この現象そのもの」に感銘を受けた次第です。

これらの爆発的な発光は卵子内の亜鉛によるものだそうですが、メカニズムはともかく、

「人間はこの世に登場した瞬間に光る」

というもののようなのです。

そして、ヒトもマウスもということになると、おそらく受精して生まれる生物はすべてが「登場する時に光る」のかもしれません。

何とも華々しい現象を生命の最初に用意したものだと感心しますが、しかし、この現象が最近になって初めてわかったというのは、要するに、こういう現象というのは、非常に高度な機器と技術がなければ発見されなかったものだということでもあります。

何というか、人間の技術の進化が「適切なもの」なら、このような、多くの人が感動というか、感心というか、とにかく心を動かされる現象が人間の体内で起こっていることに辿り着けると。

今まで知らなかったこと、見えていなかったもの、聞こえていなかったもの、などが、確かに最近はよく現れています。

空の現象も、「スプライト」とか「エルブス」とか「ブルージェット」というものなどは、20年くらい前までは、科学的には「錯覚」だと言われて、存在しない現象だとされてきたものですが、撮影技術の進化で、今は記録に収められるようになりました。

2011年8月27日に撮影された光学現象「スプライト」

Red-Sprites-2空の赤い妖精「スプライト」

 

2016年3月に撮影された光学現象「ブルージェット」

blue-jet-2016宇宙に向けて放たれる「青い雷」…

 

そして、ヒトに対しての様々な技術も進んではいますけれど、先ほどのように、「受精の瞬間にヒトは光り輝く」というようなことを知りますと、こう、「誕生のほうに手を加える行為」というのはどうなのだろうなあと改めて思います。もちろん、不妊治療は必要なことでしょうけれど、そういう方のものではなく、たとえば、過去記事の、

人間が人間を編集し、造り出す時代の一歩手前に何を思う : 実施直前の様相を呈する「デザイナーズベイビー」と「人間クローン計画」
 2015/12/05

などの、要するに「ヒトの発生」に人為的なことをおこなうということに関しては本来的なことではないのかもしれないとは思います。

適切な方向に向かっている技術と、そうでない技術を分ける方法論はないですが、いずれにしても、1人の人間がこの世に登場する瞬間、あるいは、あらゆる生物が登場する瞬間というのは、文字通り「輝かしい現象」だということを初めて知り、生命という存在は、本当に最初から最後まで「完全なもの」として創造されたものだと実感します。

それでは、ノースウェスタン大学のこのことを紹介していたアメリカの報道をご紹介いたします。


During Conception, Human Eggs Emit Sparks
US News 2016/04/26

受精の瞬間、ヒトの卵子は爆発的な火花を放つ

human-egg-03

 

精子と卵子が出会った瞬間、文字通り「火花が飛ぶ」ことをご存じだろうか。

科学誌サイエンス・リポートに発表されたノースウェスタン大学が主導する研究論文によれば、ヒトの卵子は、精子の酵素によって活性化された時に、爆発的な亜鉛の火花を発生させるのだ。

これは、卵子が胚を健康に成長させるために起きている可能性があると研究者たちは述べる。

この現象は、これまでマウスで確認されていたが、アメリカにはヒトの受精に対しての科学実験を制限する法律があり、研究中の卵子に対して実際の精子を受精させることはできなかった。

その代わりに、精子と卵子が出会う時の状態を模倣するために、精子の酵素が使用された。

プレスリリースでは、「亜鉛が卵から放出され、それが小さな分子プローブと結合する」と、この現象の背後にある科学を説明している。この小さな分子プローブが蛍光顕微鏡実験で光を発したのだ。

このような亜鉛の放出は光のフラッシュとして追跡することができ、それはまるで火花のように表示される。

人間の卵子でこの火花が観察されたのは、これが初めてのことだ、

ノースウェスタン大学フェインバーグ校の産婦人科の教授であるトーマス・J・ワトキンス(Thomas J. Watkins)氏は、「私たちは、5年前にこの亜鉛の花火を発見しました」と述べる。

この発見は、体外受精の治療中に、医師がどの卵子を子宮に移すかを選択する場合に役立つ可能性があると科学者たちは述べている。

論文の共同著者のイブ・ファインバーグ博士(Dr. Eve Feinberg)は、「体外受精では、どの卵子や胚が妊娠可能なものかわからないことが多くありますが、このことにより、卵子を選別する際にその状態を評価することができるかもしれません」と言う。

ファインバーグ博士は、「これは不妊治療に対しての変革である可能性があります」と述べている。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-人類の未来, 人類の覚醒と真実
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.