[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 人類の覚醒と真実 健康の真実 悪魔の輪郭

偶然?それとも… : PCR検査のメソッドは、人間の鼻の奥で発見された「新しい臓器」を直撃している

投稿日:


dailyechoed.com

本題はあまり明るくないので、トップの写真だけでも美しく…。




 

オランダの研究で新しく発見された人間の臓器

以下の記事を書いていて「たかがマスクで未来の社会がこんな大変なことになる可能性があるのか…」と、書いている自分自身がやや落ち込んでしまいまして、昨日は、ニュース等を見る気になれずに、日中はずっと植物をいじっていました。

乳幼児の「人の顔認識の成長過程」がマスクにより崩壊することにより「人間なんてみんな同じ」というオール失顔症社会がもたらされる日はわりとすぐ
投稿日:2020年10月20日

夏の間は、暑さもあり、あまり土いじりをしていなかったのですが、もしかすると、かなり厳しい気温になるかもしれない冬に向けて、いろいろと植物たちの冬に向けての準備も必要で、植物と土とふれていて、あっという間に1日経ってしまいました。

でも、土はいいですね。

土いじりをし終えた時に、まあ錯覚込みとしても「自分が少し健康になっている」ことを実感できるのがいいです。土の中のいろいろな微生物たちもどんどん体の中に入ってきているでしょうし、気分が変わります。

数時間続けていて、終わった時には、「もうディストピアでも何でもきやがれ」という気分になり、お酒を飲んで外で横になっていたら、風邪を引いてしまいました(だめじゃん)。ま、風邪はウソですけれど、植物いじりで気持ちのほうはやや元気になりました。

さて、ディストピア全然 OK というように元気になった私が、今日ニュースを見ていましたら、衝撃的な報道を目にしました。

正しくは、報道が衝撃的というより、その後に「気付いたこと」が衝撃的だったのです。

以下はその報道で、日本語版 CNN からの抜粋です。海外では多くの報道メディアが伝えています。

 


人の喉に未知の臓器を発見、オランダ研究チーム発表

CNN 2020/10/22

オランダの研究チームが、これまでの医学では知られていなかった臓器が人ののどの奥に見つかったとして、このほど医学誌に研究結果を発表した。

発表を行ったのはオランダがん研究所などの研究チーム。鼻腔と咽頭がつながる部分の頭蓋骨の中に、未知の腺が隠れているのを発見した。

この臓器はがんの転移診断のためのスキャン検査で見つかった。

研究チームはさらに、前立腺がんで治療中の患者100人の頭部と頸部のスキャン画像を調べ、男性1人と女性1人の遺体解剖を行った結果、全員がこの臓器を対でもっていることが分かった。

超音波やCTスキャン、磁気共鳴断層撮影(MRI)といった一般的な検査ではこの臓器は見つけられず、前立腺がんの転移を調べるPSMA PET/CTという先端のスキャン検査で初めて見つかった。

論文を発表した研究者は「2020年にこんなものが見つけられるとは思わなかった」と振り返る。

これが新しい臓器なのか、それとも唾液腺の一部とみなすべきなのかについては論議もあったが、詳しく調べた結果、解剖学的にも機能的にも新しい器官であることが裏付けられたとしている。
病理学に詳しい米ラトガース大学の専門家は「人体にはまだ学ぶべきことがたくさんある。テクノロジーはそうした発見を可能にする。これは体内のエキサイティングな発見の始まりかもしれない」と指摘している。


 

ここまでです。

つまり、「鼻の奥のほうに新しい臓器と認められる部位が見つかった」という発見があったということになります。この臓器の新しい名前は、論文には、「尿細管唾液腺」 (tubarial salivary glands)と書かれてあります。

最初は「へえ」とか言って読んでいたのですが、もう少し場所などについて詳しく知りたかったですので、海外のいくつかの報道を見ているうちに、

「あ、これは」

と、ちょっとショックを受けたのでした。

たとえば、科学メディアのライブサイエンスでは、その PSMA PET/CT 画像からの再現となるイラストを掲載していましたが、それは以下のようになります。

新しく見つかった「臓器」の場所を示したイラスト

livescience.com

「これは PCR 検査でグリグリされる部位のあたりじゃないの?」

と思いまして、論文で実際の CT 画像を見てみました。

以下の画像の、矢印で示された部分が新しく発見された臓器「尿細管唾液腺」 です。

論文の実際のPSMA PET/CT 画像より

The tubarial salivary glands: A potential new organ at risk for radiotherapy

そして、以下は、新型コロナウイルスに対しての PCR (ポリメラーゼ連鎖反応)検査の方法を示した図です。これは、米バージニアを拠点とする医学的なさまざまをビジュアル化する企業メドビジュアル社( MediVisuals )が提供したもので、医学的な説明として正しいものだと思われます。

新型コロナウイルスでのPCR検査の正しい方法

MedvisualNY Daily News

この PCR 検査で検体を採取する場所はまさに「新しく発見された臓器」の場所そのままのように見えるのです。

この偶然の一致は何なんだろうとは思いますが、今回のコロナの進展の状況を考えますと、「偶然ではないかもしれないなあ」とかいう気持ちが少し湧きます。

推測しても仕方なく、話はここまでなのですけれど、少しだけこれらの部位と関係する話を少しだけ書かせていただきます。

 

 

このあたりの上咽頭は重要な場所

PCR 検査で検体を採取するためにグリグリとされる部位は、大まかにいえば「上咽頭」という部位の中に入る位置だと思われます。

上咽頭

あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院

実は私は、ずいぶんと前からですが、喉や鼻の調子がすっきりしない時には「鼻うがい」というものを行うようになりました。

これはずいぶん前に、「全身の多くの疾患が上咽頭炎が原因である可能性がある」ということを知ったときがありまして、それ以来のことなんですが、今では、 上咽頭炎の治療を行う耳鼻咽喉科が全国でも増えているようです。

実際には、Bスポット治療という上咽頭を直接治療するものが良いようなのですが、しかし、鼻うがいにも効果があるらしいのですね。

それを知ったのは、以下の2冊の本でした。

つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい

自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい 脳の不調は鼻奥から治せ

どちらも、堀田修さんという医師が書かれているものです。

効果などについては、上のアマゾンのレビューなどでもわかるのですが、この治療の効果のことを書きたいのではなく、

「上咽頭という部位は、全身の健康に非常に影響を与える重要な部位である」

ということなんです。

逆説的にいえば、「上咽頭に炎症を起こせば、全身の不調が作り出される」という可能性があるとも言えるような気さえするのです。 PCR 検査の方法を知ったとき、「これは、鼻うがいでターゲットにしている場所あたりと近いなあ」とは思っていました。

あまり関係のある話ではなかったですが、冒頭の「新しく見出された臓器」と PCR 検査の部位のかなりの一致を知り、このような鼻うがいのことも書かせていただきました。なお、私の使っている鼻うがい用の器具は、以下のものです。

ハナクリーンS ハンディタイプ

アマゾンなどで「鼻うがい」で検索しますと、他にもたくさんあります。

ちなみに、鼻うがいをする際には、「塩を入れる」ことと「温水にする」をきちんとしないと、鼻の奥への刺激が強くなります。できれば、水道水の塩素も抜いたほういいです。要するに、水を体液に近くするということですが、「ハナクリーン用洗浄剤」というのもあります。

風邪やインフルエンザの予防にも、鼻うがいはいいと思います。

いしいじんぺいさんというお医者様がサイトで、「本当の新しい生活様式」と題して、コロナの中での生活において以下を奨められていますが、その中に鼻うがいもありました。

本当の新しい生活様式

1 なるべく日光を浴びる。

2 ビタミンDサプリを摂る。

3 味噌汁を飲む。

4 塩うがい・鼻うがいする。

5 余計なクスリを飲まない。

6 余計な検査・検診・治療のために病院に通わない。

7 人とは今まで通りかそれ以上に触れ合ってオキシトシンを高める。ただし相手を選ぶ。

ここにある「オキシトシン」というのは「幸福ホルモン」などとも呼ばれるもので、家族や恋人や友人知人、あるいはペットなどとのふれあいや、動物と視線を合わせた際などに分泌されるホルモンで、

・不安や恐怖の軽減
・ストレスの緩和
・学習意欲と記憶力の向上
・心臓の機能を上げる
・感染症予防につながる

など、さまざまな効果があることが研究でわかっていますが、感染症の予防のためにも「積極的に人とふれあう」というのは大事なんですね。

しかし今、人と会わないことが推奨されるような、つまり、オキシトシンの分泌が阻害される規制が各国で行われているわけです。感染症の抑制に効果のある太陽光とかオキシトシンなどを阻害させていて、感染症の拡大が収まるわけがないです。

このオキシトシンは、脳の視床下部で合成されて、脳下垂体から分泌される説明されていて……。

ああ、これもだ。

視床下部も脳下垂体も今回ご紹介してきた部位と同じあたりです。

視床下部と脳下垂体

imok-academy.com

いずれにしましても、このあたりの部位は大事にしておいたほうがいいような気がします。

そろそろ風邪やインフルエンザのシーズンですし。

そういえば、インフルエンザといえば、韓国で「ワクチンを接種した人たちが次々と亡くなっている」ことが報じられています。

これは、地球の記録の以下の記事で、現地の報道を翻訳しています。

韓国でインフルエンザワクチン接種後の死亡例が相次ぐ。現在までに13人が死亡。基礎疾患のない男子高校生も含まれる
地球の記録 2020年10月22日

これだけ問題があっても、韓国の保健当局は「接種を続行する」ようですが、神経などに影響が出るようなことがあるとすれば、ずいぶん後のこととなりますので、韓国もいろいろと問題を増やしていくことになるのかもしれません。

なお、韓国で使われているのは、韓国生産のワクチンです。

というわけで、これからも元気いっぱいにディストピアワールドに向かって生きていく所存ではございます。はあ(ため息かよ)。

◎対談本が発売されます。こちらの記事もご参照下されば幸いです。
コロナ・終末・分岐点 魂のゆく道は3つある

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めœて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
登録へ進む

「まぐまぐ大賞2020」の投票が始まりました。どなたでも、ご投票できますので、よろしくお願いいたします。昨年度は皆様方のお陰で、コラム賞1位を頂きました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2020年からの世界, 人類の覚醒と真実, 健康の真実, 悪魔の輪郭
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.