「 アーリマン 」 一覧

血管に注入された新型コロナのスパイクタンパク質は、脳のバリア「血液脳関門」を簡単に通過し脳全体に広がることを知った日に、100年前のシュタイナーの「アーリマンに関する会議」の議事録を読めました

Brain image via shutterstock   「アーリマンがやってくる」(1919年) 考えてみれば、自分の人生っていうのは、災い転じてフクロウとなる(鳥になっちゃうのかよ) ...



ネットから消されたシュタイナー研究家の文書を探していて知った、全体主義を追ったドイツ人女性哲学者の言葉。それは、いつの時代でも「悪の本質は《システムを無批判に受け入れること》」

ハンナ・アーレント著『悪の陳腐さについての報告』(1961年)表紙より。 liberopensare.com まるでアーリマンに導かれるように 何だかいろいろと今の世の中は「意外」なことが続くのですけ ...

みずがめ座の時代と悪魔的時代の同居のときに

  相反するふたつの価値観が同居したまま進む年 最近は、どうも暗い感じの話になることが多くなってしまうのですが、何だかこう先行きに悲観的なイメージをもたらしてしまっているのではないかという気 ...



シュタイナーが「悪魔的存在が人間の姿に化身して地球に生まれるのは2001年」と述べていたことを知り、そのアーリマンが表舞台に立つ2033年までの「地球が悪魔に支配されるまでの」道のりを大公開しまーす

絶対悪アーリマンの時代になすべきこと ・INFLUENCES OF LUCIFER AND AHRIMAN   その登場は避けられない ルドルフ・シュタイナー (1861-1925年) ・G ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.