「 イエス・キリスト 」 一覧

つい先日までユダヤ暦の「シュミータ」の期間で、そして今、49年サイクルの「ヨベルの年」に入った可能性があることを今にして知る。……荒れそうです

  すっかり忘れていたシュミータ 人はいろいろと忘れてしまうもので、アメリカの大統領も最近、「知り合いの議員が亡くなったこと」を忘れ、死者を探し続けていたことが報じられていますが、確かにいろ ...



米シアトルに集う過去最大のカラスの群…コロンビアに現れたイエス・キリスト…さまざまな終末的光景の地球に向かって進む「太陽の半分の大きさの彗星」の巨大な青い光

・2020年4月4日 米シアトル近郊。 Massive flocks of crows in the State of Washington during Coronavirus   変化し ...

アメリカでのキリスト教徒の割合が史上最低を更新し続ける中、むしろ興味は「キリストのメッセージの真意は?」ということに向かう昨今の個人的な意識

米調査企業ピューリサーチセンターのニュースリリースより ・Pew Research Center それは精神の進化か後退か 先週発行させていただきましたメルマガのタイトルは、 自然災害と「もはや慈悲な ...



南米に出現しまくるイエス・キリスト的な曖昧な偶像の連続の中で、「夢で告げられた北緯33度線に位置するイスラエルの山」が意味することは何?

2017年4月23日 ベネズエラで行われたミサでの上空に出現した「雲」 ・noticiaaldia.com ・noticiaaldia.com Sponsored Link   南米で「奇跡 ...

9.11の追悼ライトの先に出現した「イエスか天使か悪魔」と報じられる姿。あるいは、最近さまざまに出現するものたち

・Inquisitr



悪魔と何かの戦いが続いているかのようなアメリカの北緯33度線近くで「涙を流し始めた聖母マリア像」

涙を流し続ける聖母マリア像を中継で伝える米国メディア ・ABC   悪魔と何かの戦いが続いているかのようなアメリカの北緯33度線で 米国カリフォルニアのフレズノという場所にある一般家庭にある ...

アメリカ大陸の北緯33度線上では「悪魔との戦い」が起きているのかもしれないと感じさせるような、復活祭の日にアリゾナ州に出現した「巨大なイエス・キリスト」

2016年のイースターにアリゾナ州に出現した噴水のシルエット(高さ約170メートル) ・12news   イースターというのは「復活祭」ということだそうで、イエス・キリストの復活した日を祝う ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.