「 オミクロン 」 一覧

サイエンスに掲載された英国の研究が「ワクチンがオミクロンの再感染を増加させている仕組み」を突きとめる。これによれば、ブースター接種が続く限り永遠のコロナ感染再拡大が続く

  ブースターが永遠の感染再拡大を引き起こすメカニズム 昨年以来、繰り返し書いていることのひとつに、 「現在のワクチン接種展開が続く限り、何度でも何度でも感染の再拡大は続く」 ということがあ ...



オミクロンが軽い病気? 欧州各国のデルタを超える死亡数、そしてすでに出現しているオミクロンの新変異種による「永遠の再感染のループ」が導くもの

  オミクロン株の死者数はじきにデルタを超える見込み 日本でも世界でも「オミクロン株は従来のコロナに比べて重症化しない」という意見が一般的になっているようです。そういう日本の記事もよく見ます ...

数ヶ月後に開くかもしれない「新たな」扉 : オミクロン変異株は結構厄介かもしれないということを南アフリカの専門家の報告とドイツの論文から知る

  現感染状況の実相 オミクロン株は「症状が軽い」というように言われるのが定説となっていて、そういうような研究についての報道も見かけます。 しかし、海外の論文と、そして最初の頃にオミクロン株 ...



マウスの体内で作られたと見られるオミクロン株はどのように最初に出現したか。そして、中国科学アカデミーの論文に見る壊滅的な先行き

Relocate Magazine   最初はボツワナに来た「外国人」から オミクロン株というものの流行が世界的に拡大しているようで、世界各地で「過去最大」というような感染数の表現を聞きます ...

戦争二年目 : 新たな変異株の周辺に漂う「特定の人種の抹消戦」が始まるかもしれない雰囲気

  感染が急拡大している国や地域の人種は… 2021年12月の下旬あたりから、どうも「国や地域によって感染状況に差が出すぎている」というようには思っていました。 以下の記事や報道のように、圧 ...



オミクロンってのは本当に自然の変異の産物なのか? …と思わせる「別の遺伝子の断片が挿入している」ことを判明させた国際的研究の解析結果

  コロナの変異歴で初めて起きた「遺伝子の挿入」変異 オミクロン株というものが最初に世界各国で「派手に喧伝」された時には、正直「またなんかやろうとしてんのかよ」的な穿った見方をしていました。 ...

オミクロン株は「変異し過ぎて構造が不安定」なためにデルタ株よりはるかに軽い病気である可能性。別の意味の懸念はありますが

2021/11/29    , ,

  南アフリカでは重症者はほぼいない 以下の記事で、オミクロン株について書きました。 選択圧が生み出したと思われる過去最大の変異を遂げたコロナ「オミクロン株」。予備調査で感染率500倍説も ...



選択圧が生み出したと思われる過去最大の変異を遂げたコロナ「オミクロン株」。予備調査で感染率500倍説も

  あり得ないスパイクタンパクの変異の数 昨日は、世界中で株価が劇的に下がったりしていまして「なんかあったのかなあ」とは思っていましたが、その理由とされるひとつが、後に WHO によって「オ ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.