「 サル痘 」 一覧

サル痘って…その症例にはヒトヘルペスウイルスの再活性化と「自己免疫水疱症」が多く含まれているのでは…と思わざるを得なかったり

  報道がサル痘にシフトする中で ここに来て、急に国内の報道でもサル痘、サル痘と騒がしくなってきていて、私も意地になって、転載的サイトにサル痘連想でいろいろと記事を投稿していました。 ・サル ...



サル痘ウイルスは「感染力を保持したままエアロゾル化して浮遊する」ことを示す過去の論文。そして、今後の問題となるのは、またもウイルスそのものではなく「ワクチン」かも

サル痘のヒトからヒトの二次感染はエアロゾル化による空中伝播 サル痘が出現して以来、報道では、感染経路として「濃厚な接触」だとか、あるいは「性的接触」だとかいう表現が多く見られていますが、 「それだとこ ...

また武漢から始まるのかよ……。というわけで、武漢ウイルス研究所の石正麗博士が今年2月に発表した「サル痘 DNA の形質転換」の研究論文のご紹介

武漢ウイルス研究所の石正麗 (Zheng-Li Shi)博士 scmp.com   彼女が表舞台に再登場 今となっては懐かしいですが、2020年にコロナについて最初に話題となったのが、中国武 ...



サル痘疑いが欧米を中心とした17カ国の200人超に至り、ベルギー政府は「強制隔離」を開始。…コロナワクチン後の免疫不全症候群社会の中で

  もはやマスクは終わらない 本題とは関係ないですが、数日前、政府が「屋外ではマスク不要」という見解を出したと報じられていましたが、個人的に思う理由から「多くの人がマスクを外さないだろうなあ ...

また始まる…:コロナと同じくサル痘でも「パンデミック対応シミュレーション」が公式に行われていた。この演習では最終的に32億人が感染。そのウイルスは「ワクチン耐性」

NTI   昨年3月に行われたサル痘パンデミック・シミュレーション 新型コロナウイルスが武漢に出現する少し前に、アメリカで、世界的な慈善組織である「世界経済フォーラム」と「ビル&メリンダ・ゲ ...



サル痘感染者は欧米(のみ)の13カ国に拡大。広大な範囲でのほぼ同時多発的発生である不可解。そして現在、世界各地はさまざまな感染症で埋め尽くされている

サル痘ウイルス(形態は天然痘ウイルスと同じで区別できないそう) telegraph.co.uk   あっという間に世界13カ国に拡大 前回のブログ記事で、サル痘のことに少しふれましたが、あっ ...

来年始まる戦争サイクルでは、「世界人口の3分の1が死亡する」というアメリカの著名な金融サイクル専門家の見通し。そして何となく気になる「サル痘」のこと

2022/05/19    , ,

  なんで唐突にサル痘なんだ? と思いながら アメリカの著名な金融サイクルの専門家が、 「次の戦争サイクルでは、世界人口の3分の1が生き残ることができない」 とする分析を述べていまして、今回 ...

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.