地球最期のニュースと資料

In Deep

「 大量絶滅 」 一覧

鳥もまた歴史的な大量減少カタストロフの渦中に : 過去50年間で北アメリカで「30億羽」の鳥が消えていた

2019年9月23日の米フォーブスより ・Forbes 1970年から2017年までのアメリカとカナダの鳥類の生息数の推移 ・allaboutbirds.org   鳥類の壊滅的な減少の現実 ...



20億年前の地球で「酸素の消失により99%の生命が死滅した」大量絶滅事象があったことが明らかに。それは微生物の大量死で、その状況は現在と酷似しており…

2019年9月2日の米ニューズウィークの記事より ・newsweek.com   その後の地球は「10億年」も生命がほぼいない状態に 地球の歴史では、これまで「 5回の大量絶滅」があったとい ...

地球上の植物は今、これまでの地球の歴史的標準より「350倍速く」絶滅し続けていることが大規模な国際研究の中で判明

2019年8月25日のロシアの英字報道より ・Plants on Earth began to die 350 times faster than before 地球の植物が消える時代へと 前回、以下 ...



地球の植物は、予測されていたより「500倍の速度で絶滅し続けて」いる。そのような大量絶滅局面の中で「人間の最大の共生者としての植物」を振り返る

2019年6月11日の科学メディア「ライブサイエンス」より ・livescience.com   人類の最大の共生者である植物は今 今はいろいろな生物が絶滅していっていまして、昆虫も両生類も ...

[衝撃] 2億5000万年前の地球史上最大の大量絶滅では「まず植物が先に絶滅」し、それから他のすべての絶滅が始まったことが判明。そこから思う「今まさに進行している地球の6度目の大量絶滅事象」

2019年2月1日の米ネブラスカ大学のニュースリリースより ・Nebraska Today   すべての他の生命の登場に貢献した「植物」という存在。その植物が消えた時には他のすべての生命は再 ...



太陽系が受けるダブルの衝撃 : 存在が濃厚となってきた惑星Xが「定期的に地球に大量絶滅をもたらしている可能性」についての研究が再び脚光を浴びている

2016年4月1日の天文学メディア「ユニヴァース・トゥデイ」より ・Universe Today   今年の1月に、下の記事を書きました。 ・それはニビルかネメシスか・・・「惑星X」と呼ばれ ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.