地球最期のニュースと資料

In Deep

「 聖母マリア 」 一覧

2019年のヨーロッパでのキリスト教施設や聖母像などへの攻撃数は過去最高の「3000件」にのぼったことが判明

・Gatestone Institute   フランスでは昨年1000件以上のキリスト教施設への攻撃が発生 2020年の元旦、アメリカの「ゲートストーン・インスティテュート」という非営利組織 ...



世界中での「聖母マリアの受難」が示す21世紀という今の時代

2019年4月10日 米ボストンの教会で破壊され赤いペンキをかけられた聖母マリア像 ・Dorchester Post   2018年のフランスでの教会への攻撃件数は「1062件」だった 先日 ...

フランス全土でキリスト教会への攻撃と悪魔的冒瀆が連続して発生し続けている中、意味が「聖母マリア」であるノートルダム大聖堂が焼け落ちる

フランスでカトリック教会への「攻撃」が続いていることを報じる米ニューズウィークの記事 ・Newsweek   今のフランスでは、毎日のように、礼拝所と十字架が破壊され冒瀆され、聖餐のパンがゴ ...



聖母マリアに捧げられるフランスの川の水が「シンクホールに飲み込まれて消滅」した頃、アメリカでは次々と聖母像が破壊され、南米では血の涙を流す

8月9日のフランスの報道より ・leparisien.fr   フランスで「川の水が消滅する」という出来事が起きました。……といっても、後に過去記事をリンクいたしますが、この2〜3年、「海の ...

「エイリアンの侵略」 : 米国政府当局はおそらくUFOのことを何も知らない。そして、それらの「正体」はニューヨークの聖母マリアが語ったことにあると確信する今

米国防総省の極秘UFO調査プログラムを報道した12月17日のニューヨークタイムズ ・Glowing Auras and ‘Black Money’: The Pentagon’s Mysterious ...



悪魔と何かの戦いが続いているかのようなアメリカの北緯33度線近くで「涙を流し始めた聖母マリア像」

涙を流し続ける聖母マリア像を中継で伝える米国メディア ・ABC 悪魔と何かの戦いが続いているかのようなアメリカの北緯33度線で 米国カリフォルニアのフレズノという場所にある一般家庭にある聖母マリア像か ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.