地球最期のニュースと資料

In Deep

「 赤ちゃん 」 一覧

アメリカで市販されているベビーフード製品の「95パーセント」から有毒な重金属であるヒ素・カドミウム・水銀・鉛が検出される

2019年10月21日の米フォーブスより ・forbes.com   赤ちゃんが食べているヒ素や鉛や水銀たち ・earth-chronicles.ru アメリカの経済誌「フォーブス」を眺めて ...



シンガポールやマレーシアなどが過去最悪の苛酷な大気汚染に包まれる中、「大気汚染は胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに直接影響を与える」ことが判明した論文を見て

2019年9月18日の米サイエンス・ニュースより ・sciencenews.org 過去にない規模と深度で世界中に大気汚染が拡大する中 今、世界の大気汚染がすさまじいことになっていまして、特にアジアは ...

妊娠中の女性の「フッ素の摂取」は、お腹の赤ちゃんの「大幅な知能指数の低下」と関係することがカナダの大学の研究で判明

・pressfrom.info   フッ素がお腹の赤ちゃんの「脳」に干渉することが明らかに いわゆる「フッ素」については、過去にも何度か記事にしたことがあるのですが、昨年あたりからの科学的研 ...



赤ちゃんは、1歳に満たない時にすでに「慈悲の感情」と「いじめられている者への共感」を持っていることがイスラエルでの研究で判明。混沌とした時代だからこそ、この意味を考える

2019年7月29日のイスラエルの報道より ・breakingisraelnews.com 人と人の対立と分裂が極限に達しようとしている時に 何だか混沌とした世になってきましたね。 聖書の一節がまさに ...

妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

神経学専門の医学誌「ニューロサイエンス」の10月14日の記事より ・neurosciencenews.com 世界の「水道水のフッ素化」の状況(赤とピンクの国はすべて) ・Water fluorida ...



単なる市販のかぜ薬や頭痛薬の服用がADHDの子どもたちを作り出しているかもしれない : 相次ぐ「アセトアミノフェンと胎児の脳損傷」に関しての医学論文

オープンアクセスの科学誌プロスワンに掲載された医学論文 ・journals.plos.org NHK 健康ch より 妊娠中に使っても比較的安全だといわれている「かぜ薬」や「解熱・鎮痛薬」は、「アセト ...

増加し続ける低体重の赤ちゃんたちの「成人になってからの大きな健康リスク」が次々と明らかになる中、お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害しているものは何なのかということを「社会」は真剣に考え直していただきたいと思うのです

2017年2月13日のサイエンス・デイリーより ・Low birth weight babies at higher risk for mental health problems later in ...



ジカ戦争:ジカウイルスは変異し続けている? そして、軍事的目的でウイルスが使用される可能性に言及するロシア

アメリカ軍が2012年に開発したメカの「蚊」 ・Secret Insect Spy Drones 南米から始まり、次第に世界的な規模の拡大を見せているジカウイルスですが、これが懸念されるのは、妊娠した ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.