[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 アメリカの憂鬱 人類の未来 軍事的カオス

粛々と扇動される内戦 : 暴動を鎮圧するための米連邦法である「反乱法」がアメリカで28年ぶりに発令される可能性がある中、全米で見出される不可解なこと

投稿日:


・5月31日 ロサンゼルス。reporter.am




 

アメリカ中の街に誰かが「配置」したレンガの山


・5月31日 ペンシルベニア州フィラデルフィア市庁舎前にて。reporter.am

アメリカの暴動については、以下の記事のタイトルにありますように「内戦」という表現を使わせていたただきましたが、今回もいくつかの点をご紹介させていただこうと思います。

アメリカで始まった内戦 : 失業者数が4000万人を超える中、民間に流通する銃の数が「3億2000万丁」となる合衆国が向かう地獄の夏
In Deep 2020/05/31

このアメリカの暴動は、日本のメディアでは「黒人男性の暴行死を巡る抗議デモ」と説明されますが、アメリカのトランプ大統領が「鎮圧に軍隊を投入する」と、日本時間 6月2日の緊急演説で表明し、その直後、アメリカ国防総省は、首都ワシントン近郊で「アメリカ軍部隊が待機している」と声明を出しまして、さらにトランプ大統領は、213年前の 1807年に制定されて以降、ほとんど発令されたことのないアメリカ連邦法のひとつである「反乱法」を適用する用意があると宣言しました。

この反乱法については後で述べますが、抗議デモといったレベルのものに発動されるような法律ではないです。

現在、全米 25以上の都市で夜間外出禁止令が発令されると共に、「各地で警官が襲われている」ということも、いくつかのローカルメディアで報じられています。

ニューヨーク州バッファローでは、数十人で暴動鎮圧にあたっていた軍と警察の集団に「暴走車が故意に突入」したことが報じられています。兵士 1名が重傷となっているとされています。

全米各地のカオスは今のところは収まっていないようです。


Scenes of chaos were seen in cities across the US

ところで、この「抗議デモ」について、各地から投稿される SNS などを見ますと、いくつかの奇妙な様子が浮かび上がります。

そのひとつが、暴徒が使用している「レンガ」です。

暴動では、参加者たちが治安部隊にレンガを投げつけたり、レンガで警察車両を破壊したりする様子が示されているのですが、しかし、「レンガというのは、都市部の場合、どこでも転がっているものではないよなあ」とは思っていました。たとえばロサンゼルスやニューヨークの街の中を歩いても、道のいたるところにレンガが転がっているというようなことはないはずです。

そうしましたら、ちょっと苦笑したのですが、

「何者かがアメリカ中の都市のあちこちにレンガを配送して配置している」

という可能性があることを知ったのです。

暴動参加者たちは、ストリートを歩いているだけで、レンガを手に入れられるということのようなんですね。それが全米の実に広い範囲で起きている。

以下の写真は、各地のストリートに積まれたレンガの光景の一部です。他にも数多くあります。投稿者たちは、「誰がこのようなものを?」と述べていますが、それは今のところわかりません。

アメリカ中の歩道になぜか積まれるレンガ

5月31日 ミネソタ州ミネアポリス

Jerome Russell

6月1日 テキサス州フリスコ

Conservative Realist

6月1日 メリーランド州ボルティモア

Benjamin Young Savage

5月30日 テキサス州ダラス

Ali FORT WORTH PATRIOTS DM ME

6月1日 テキサス州フリスコ

DESERT WXLF

この件について興味深かったのは、以下のようなツイートが投稿された後、「すぐに閲覧不能となった」ことでした。

リンク先は表示不能ですので、リンクしません。

「いったい全体、誰がアメリカ中のさまざまな都市のストリートにレンガを積んだのか? 暴動は本当に自然発生したものなのか? それとも裏で何かが導いているのか?」

Still think these riots are fluid? Still think they weren't coordinated ? Who the heck left pallets of bricks throughout different cities Across the Nation on sidewalks? @JInfanteGroup) May 31, 2020

 

なお、このようなこととは別に、いろいろと焦臭くなっている光景も SNS の投稿からは見られます。たとえば、「ミリシア(民兵)たちが武装して表舞台に出ようとしている」ような可能性があることです。

アメリカには白人層中心のホワイト・ミリシアと共に、「ブラック・ミリシア」という存在もあり、どちらも武装して街頭に立つ姿の写真が見られます。

5月30日 ミネアポリス。全員が自動小銃やセミオートライフルで武装したホワイト・ミリシア。

satoshi-times.com

5月29日 ミネアポリス。自動小銃で武装して屋外に立つブラック・ミリシア。

firearmsnews.com

今回の暴動の場合、その「原因」が黒人男性への不当な暴力に対しての抗議だとしても、あるいは、それとは関係のない「社会に混乱をもたらすことが目的」であったとしても、ブラック・ミリシアにもホワイト・ミリシアにも、どちらにも「行動を起こす意味がある」というあたりは厄介かもしれません。

なお、トランプ大統領が発動を行うと述べている「反乱法」は、英語版 Wikipedia では以下のように説明されています。

反乱法

反乱法は、1807年に制定されたアメリカ連邦法で、反乱が発生した場合に、アメリカの陸海軍の出動を許可し、アメリカ合衆国大統領が米国内に軍隊を配備することで、市民の暴動、反乱を鎮圧する権限を規定する法律となる。Insurrection Act

つまり、「反乱する市民に対して軍事力行使を可能とする」連邦法のようで、そのようなものだけに、近年で発令されたことはなく、最後に発令されたのは、28年前の 1992年に発生したロサンゼルス暴動の鎮圧に対してでした。

このロサンゼルス暴動は、資料によれば、以下の流れでした。

発端は今回のものとやや似ています。

反乱法が適用された1992年のロサンゼルス暴動の際の推移

・1991年03月03日 黒人男性が白人警官から暴行を受ける
・1992年04月29日 事件の約1年後のこの日、白人警官に無罪評決
・04月29日 無罪判決直後に暴動発生
・04月30日 警察署と韓国人街(コリアンタウン)への襲撃が始まる
・04月30日 ロサンゼルス市長が非常事態宣言を発令
・05月01日 カリフォルニア州国家警備隊 第40歩兵師団の4000人が派兵
・05月01日 同日、歩兵師団の派兵数を10000人に増強
・05月02日 アメリカ陸軍 第7歩兵師団の2000人の兵士が出動
・05月02日 アメリカ海兵隊 第1海兵師団の1500人が出動
・05月03日 暴動はほぼ鎮圧される
・05月27日 国家警備隊の出動が完全に終了

・死者 63名
・負傷者 2383名
・逮捕者 1万2000名

海外の資料には「反乱法が適用された日付け」が掲載されていないのですが、おそらく非常事態宣言が出された 4月30日だと思われます。だとすると、この暴動は、「反乱法が発令されて、3日で鎮圧された」ことになります。

やはり軍隊の力は大きいのかもしれないですね。

実際に発令されるかどうかはともかく、トランプ大統領が「反乱法」について述べたということは、平和的ではない解決手段も検討の中にはあるということのようです。

ただ、仮に今後、反乱法が適用されたとしても、1992年のロサンゼルス暴動と大きく異なるのは、1992年の事例ではおおむねロサンゼルスに集中していた暴動が、今回の暴動発生は「アメリカ全土の規模」ですので、鎮圧の状況も、1992年とは異なるものとなるのかもしれません。

ミネアポリスで暴動が発生した後のたった数日間で、暴動はアメリカのほとんどの州に拡大し、半数くらいの州で国家警備隊が配備されています。

6月2日までに暴動が発生した街(140都市)と国家警備隊が出動した州

NY Times

いろいろと不可解な点があるミネアポリス発の暴動ですが、そのあたりはまた今後ご紹介させていただくこともあるかもしれません。

なお、もう 8年前とかそのくらいの頃の記事ですが、作家の山本七平さんが「集団ヒステリーから暴力に至らせる扇動の理論」について書かれていたことを抜粋させていただいたことがありました。

最近では、以下の記事でも抜粋しています。

地球の異なるすべての民族が「良心に基づく同じ道徳的規範を共有している」ことが史上最大規模の研究により判明…
In Deep

抜粋部分は長いですので、上の記事などをご参照いただければ幸いですが、その中に以下のような部分があります。

扇動された者はあくまでも自分の意志で動いているつもりだから、「扇動されたな」という危惧を群衆が少しでも抱けば、その熱気が一気にさめてしまうので、扇動者は姿を見せていてはならないからである。

従って、扇動された者をいくら見ても、扇動者は見つからないし、「扇動する側の論理」もわからないし、扇動の実体もつかめないのである。扇動された者は騒々しいが、扇動の実体とはこれと全く逆で、実に静なる理論なのである。

(山本七平 / ある異常体験者の偏見)

扇動するものの姿は、最初も見えないし、すべてが終わっても見えない。そういうことができる者だけが「先導者になり得る」ようです。

もちろん、そこにどんな力が働いているのかも誰にもわからない。

そして、扇動する者たちはいつでも粛々と、そして淡々と仕事を進めるようです。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo

In Deep は» 人気ブログランキングに登録しております。よろしければクリックなどしていただけると幸いです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-2020年からの世界, アメリカの憂鬱, 人類の未来, 軍事的カオス
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.