地球最期のニュースと資料

In Deep

地球という場所の真実 未来の地球

「人間がいなくなった地球に起きること」:もしかすると繰り返されているかもしれない新しい地球の誕生

投稿日:

earth-without-human

 

YouTube に、先月アップロードされて以来、500万回以上視聴されている動画に、「人類が消えたら、何が起きるのだろう ( What Would Happen If Humans Disappeared? )」というものがあります。

この動画は「人類が消える」という理由について述べているものではないです。

その理由は関係なく、人類がこの地球からいなくなった場合から、地球はどのようになっていくのだろうということを CG などを駆使して、淡々と描いている動画です。

その内容は、地球が非常に早いペースで元の自然に包まれた地球に戻ってていく様子を主点に描かれていて、「滅亡もの」というものではなく、むしろ「復活もの」というような雰囲気があります。

今回は、その内容をご紹介しようと思います。

断片的なご紹介となりますが、リンク先に動画もありますので、ご機興味のある方はどうぞ。

地球に、たとえば、今から極めて昔の超古代などに、仮に何か強大な文明があって、あるいはそれらが「一掃」されて何もかも消え去った時があったとしても、地球は自らの持つ自浄作用でクリーンな地球に戻す力を持っているのだと再認識します。

その目的は、「次の人類を迎えるため」だと私は思います。

なので、実は地球はそのようなことをこれまで何度も繰り返しているのかもしれないなあというような感慨もあります。

現在の文明や、あるいは現在の地球のすべての存在が一掃されるようなことがあったとしても、地球と人類の未来は非常に明るいということがわかるという点で嬉しい動画でした。

それでは、ここからご紹介します。

今回は余計な解説などはつけないです。

Sponsored Link


 


What Would Happen If Humans Disappeared?

人間が消えた後に何が起きる?

 

人間が消えて数時間後

発電所が停止し、世界中のほとんどの光が消える

earth-without-human-01-electricity

ただし、水力発電のみは規模により数ヶ月から数年放置されても機能する可能性。

 

人間が消えて2、3日後

排水ポンプが機能しなくなり、ほとんどの地下鉄が洪水に

ewh-subway

 

人間が消えて10日後

ペットや家畜を含む、人に飼育されている動物たちの餓死による大量死が始まる

ewh-animal

鶏で数十億匹、牛やその他の動物で数百万匹の死という壮大な規模に。
ペットの犬たちは群をなして生活するようになる。

 

人間が消えて1か月後

原子力発電所の冷却水が蒸発し、これまでになかった規模の放射能災害に世界は包まれる

ewh-plant-explosion

 

しかし、地球はかなりの速度で環境を回復していく

ewh-recovery

 

人間が消えて1年後

地球を旋回している人工衛星が落下し始める。それは流れ星のように見えるだろう

ewh-satelite

 

人間が消えて25年後

世界の4分の3の都市が植物に覆われる

ewh-vegetation

hwe-city

 

都市の空気がきれいになり、大気の視認性が増す

ewh-air

 

鳥を含む野生生物が都市部に戻り、自然の光景が広がり出す

future-nature

 

鯨などを含む多くの海洋生物の個体数が回復していく

future-sea

 

人間が消えて300年後

建物、塔、建造物など金属をベースにした構造物の腐食による崩壊が本格化する

ewh-tower

 

人間が消えて1万年後

私たちの文明が存在していた証拠の痕跡が、万里の長城やピラミッドのような石で作られたものだけになる

ewh-stone

 

そしてどこまでも美しい自然が広がる地球へと

future-earth-02





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

8

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

9

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

10

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

-地球という場所の真実, 未来の地球
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.