地球最期のニュースと資料

In Deep

地球という場所の真実 悪魔の輪郭

今世紀初とも思われる「アメリカの北緯33度上でのオーロラ観測」で思い出した、「アメリカの一大UFO地帯の緯度」

投稿日:

前回の記事「悪魔顔のハリケーン…」のタイトルに、「北緯33度線から私のもとにやってきた静かな使者」なんて文言を入れたのですけれど、今日、最初は、これからふれることとまったく関係のない記事を書いていました。

そうしましたら、記事を書いている途中、ふとスペースウェザーの記事を見ました時に、「ギョギョギョ」と思ったのでした(さかなクンかよ)。

それは「予期せぬ場所でのオーロラ(AURORAS IN AN UNEXPECTED PLACE)」というタイトルの記事です。

aurora-33-parallelSpaceweather

 

この場所は、ニューメキシコ州のホワイトサンズ国定記念物(公園)という白い砂が一面に広がる美しい公園なのですが、ホワイトサンズって下の場所なのですよ。

ニューメキシコ州ホワイトサンズの場所
white-sands-map・Google Map

 

北緯33度上にあるということは別にしても、メキシコとの国境にも近いような場所でオーロラが観測されたというのは非常に驚きで、しかも、現在、太陽活動はとても弱く、強い太陽フレアなどまったく発生していません。

なのに、地球は現在、強い太陽嵐による磁気の影響を受けまくっているみたいなんです。

太陽活動最大期でも、ニューメキシコ州でオーロラが撮影されたことは最近はないと思いますので、この「北緯 33度」という緯度でオーロラが撮影されたのは、おそらくということにしておきますが、今世紀で初めてではないでしょうか。

Sponsored Link



 

それで・・・実は9月の始め頃にですね、アメリカのメディアで、ちょっとややこしい記事を見つけたことがありまして・・・しかし、何となく混乱しそうな話でしたので、華麗にスルーしていたのですよ。

それはどんな記事かといいますと、下の著作の内容などについての話です。

37th-parallel-ufoAmazon

本の名称は、『 The 37th Parallel : The Secret Truth Behind America's UFO Highway 』というもので、これは日本語にすれば、

「北緯37度線 : アメリカのUFOハイウェイに隠された秘密の真実」

というものになるのです。

これを見た時には、

「またなんか緯度の話かよ」

という気にもなりました。

・・・が、しかし、その記事に出ていた地図の場所を見てみると、「 33度線での何だかこう怪しい感じの場所」と、その 37度線でいろいろなことが起きた場所とが、とても近いようにも思えたのです。

著書『北緯37度線』に出てくる場所の一例

37th-parallel-7NY Post

その記事によれば、

UFOビリーバー(信者)たちは、過去 30年間に起きた 1,000以上の超常的な事件を調査したが、そのうちの 200例は、北緯 37度線で起きていた。

とのことなのです。

「うーん・・・」と私は唸りました。

 

「まさか、地球の緯度によって、起きやすいことの性質が似ているとか、そういうのがあるのじゃないだろうね」

というような妙な思いにも駆られたりしました。

それで、明日になるかどうかはわからないですが、先ほど少しふれました「 37度線」の記事をご紹介してみようかなと思った次第です。

何より、今のように連日「 33 」事象に見舞われていますと、そのような気分にもなるのでした。

それにしても、最近のように「オカルト的」な概念が露骨に現実に現れ始めると、世で、さらにいろいろなことが起きやすいような気がします。

考えてみれば、今年もあと3か月くらいなんですね。

少し前に、新年だったような・・・。

早いですね。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

2

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

5

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

6

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-地球という場所の真実, 悪魔の輪郭
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.