地球最期のニュースと資料

In Deep

2018年からの世界 地球という場所の真実 拡大する自然災害

聖書みたいな空の春を恒例の虚脱の中で見る

投稿日:

4月30日 ベラルーシ・グロドノの雷雨の空に出現した空の姿


banifacyj.com via vk.com

Sponsored Link


 

何かこう空がすごいのですよ。この3日間ほど。

先日、「春の黙示録…」なんていうタイトルの記事で、特にヨーロッパのカオスをご紹介しましたけれど、世界全体で、特にこの数日、何だかえらい「空模様」が現出し続けていまして。

これが夏ならわかるのですよ。しかし、まだ 5月になったばかりです。普通は 4月や 5月の北半球でこんな雲は出ません。

そんなこともあり、どれもとても印象的な感じです。

冒頭のハンガリーのは何だかすごくて、ここまでいくと、むしろ美しさがあるのですけれど、ハンガリーより北にあるポーランドでは、4月30日に下のような「雲」が撮影されていました。スーパーセルとダウンバーストが同時に起きているような感じなのですかね。

5月1日 ポーランド・ティコチンの空に出現した光景


meteoprognoza.pl , severeweatherEU

このポーランドの街は「ティコチン (Tykocin)」なんていう名前で、可愛い感じもしますが、文字の順番を入れ替えたら妙に男らしい変な町名になりそうな響きの場所でもあります。

下は、アメリカのカンザス州で撮影されたスーパーセル……なのかどうかわからないですが、とにかく荒れた天候の中で撮影された雲です。

5月1日 アメリカ・カンザス州テスコット近郊


twitter.com

このような雲というか空というか光景を見ていますと、2016年 7月の「新しい天と新しい地を示唆するはずの地球の変化」という記事でご紹介しましたアメリカ・アリゾナ州フェニックスでの下の光景を思い出します。いわゆるダウンバートが発生している状況だと思われます。

2016年7月18日に米国アリゾナ州フェニックスに出現した光景


In Deep

このアメリカのフェニックスというのは、位置的に北緯 33度という場所にあるだけではなく、フェニキア人の時代から続くいろいろなストーリーが関係していそうな名称ではあるのですが、それらのことはともかくとしても、今年の1月に、下のようなタイトルの記事を書いたことがあります。

「フェニックス」で総括されていきそうな2018年。その1月のいくつかの光景を懐かしみ、「これから」の示唆を思う

この「フェニックス」という概念が、この 4月の終わりから 5月のほんの 3日間くらいの間に急激に思い起こされるような光景があちこちに出ていたことが何だか印象的で、少しご紹介したいと思った次第です。

そういえば、数日前にイスラエルの各地が洪水に襲われていること、そして「死海からの鉄砲水で多数の若い方々が死亡した」ということを下の記事でご紹介しました。

イスラエル各地を襲っている「聖書にあるような」洪水と雹嵐。死海では鉄砲水が発生し、若者たちが多数死亡

このイスラエル、あるいは死海という何だか一種、聖書的な響きと、そして亡くなった方々がことごとく若い人たちだったという「十の厄災」的なことだったことが気になっていた時でもあります(十の厄災のメインは長子に死をもたらすこと)。

今回は、この数日くらいの間、主には 4月29日から 5月1日の 3日間に「世界中の空に出現した光景」を少しご紹介させていただきたいと思います。

ただの空の現象に過ぎないといわれれば、その通りですけれど、「最近やや心が晴れていない私」という立場から見ると、それはそれでとても示唆的なのです。

では、ここからです。

そうええば、タイトルに「恒例の虚脱の中で」というようなことを書いてしまっていますけれど、これは私個人のことで、まさに文字通り「恒例」であり「虚脱」なのであります。桜の季節の「メンタルの混乱」が過ぎるとそうなっちゃうようですね。

というわけで、そういう心持ちに対して飛び込んでくる世界の空です。


2018年5月2日までの数日の世界の空の光景

5月1日 ハンガリー・ヤーツボールドカーザの空


Peter Szucs Photography

5月1日 アメリカ・カンザス州コルバーのダウンバーストか何か


SevereStudios.com

4月30日 イタリア・ブレッシアの巨大な竜巻のような雲


Andrea Tritto

5月1日 ハンガリーの落雷


idokep.hu

5月1日 ポーランドのスーパーセル


instagram.com

4月29日 アメリカ・サウスダコタ州ラピッドシティに出現した雲


vk.com

4月30日 ドイツ・フェーマルン島のスーパーセル


A stunning storm on the island of Fehmarn, Germany

4月29日 アメリカ・コロラド州カールトン近郊


Carlton, Colorado Sunday, April 29 - 2018

4月29日 フランス・マルンの雲


twitter.com

4月30日 リトアニア・ヴィルニウスの夜の空


fbcdn.net





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

8

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

9

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

10

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

-2018年からの世界, 地球という場所の真実, 拡大する自然災害
-, , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.