人類の未来 地球という場所の真実

西暦536年からの十数年間「地球から太陽の光が消え暗黒の世界となった」。無数の人々の命を奪ったこの現象の原因は海底火山の噴火である可能性が高まる

投稿日:

トンガ沖の海底火山の2009年の噴火

In Deep




 

西暦536年から十数年続いた地獄の季節の原因は

2012年頃、英国のジャーナリストであるデヴィッド・キースという人が記した『西暦535年の大噴火』 という本を読み、そのことを何度か記事にしたことがあります。

「西暦535年の大噴火」というのは邦題で、原題は「カタストロフィ(Catastrophe)」というもので、つまり「壊滅的な大災害」というような意味です。

これは、西暦 536年から少なくとも 10年以上「世界中」が巨大な厄災に包まれたことがわかっていまして、それがどんな厄災かといいますと、

「地上に届く太陽の光が極端に弱くなった」

のでした。

その影響は、地球のほぼすべてに及んだようで、文書や記録が残っている国家の「ほぼすべて」に、

「西暦 536年から、地獄のような年が始まった」

ことが書かれているのです。

たとえば、それは各国でどんなものだったかを当時の資料で見てみますと、以下のような状態でした。

西暦536年からの世界

東ローマ帝国の歴史家プロコピオスが西暦 536年に書いた記述より

昼の太陽は暗くなり、そして夜の月も暗くなった。太陽はいつもの光を失い、青っぽくなっている。

われわれは、正午になっても自分の影ができないので驚愕している。太陽の熱は次第に弱まり、ふだんなら一時的な日食の時にしか起こらないような現象が、ほぼ丸一年続いてしまった。

月も同様で、たとえ満月でもいつもの輝きはない。

 

東ローマ帝国の宗教家ヨーアンネースの541年の記録より

美しくて理想的な家庭が、人員の多少を問わず、突如として墓場と化した。召使いも同時に急死し、その腐敗はいっしょに寝室に横たわった。

死体が裂けて路上で腐っていることもあったが、埋葬してくれる人などいなかった。

街路で朽ち果てた遺体は、見る者におぞけを震わすだけだった。腹はふくれ、口は大きく開き、膿はどっと吐き出され、目は腫れ、手は上に伸びていた。

遺体は、街角や路上、中庭のポーチや協会内で、腐りながら横たわっていた。

 

『日本書紀』に記された西暦530年代後半の日本の様子

異常事態が起こった。ひどい伝染病(おそらく天然痘)が日本で発生したのである。多くの人びとが亡くなった。日本では何世代も前から天然痘が流行したことはなかったので、免疫もほとんどなかったに違いない。

「国に疫病がはやり、人民に若死にする者が多かった。それが長く続いて、手だてがなかった」と『日本書記』には書いてある。

伝染病が流行した地域は、おそらく人口密度の高い地域だったのだろう。そうした地域では、人口の六割が死亡したと推定される。とくに被害に大きかった地域では、住民の九割が罹患し、生き残れたのは三割だけだったと思われる。

 

アジアの他の地域

『北史』によれば、干ばつの悪化に伴い、中国中部の陝西地方では 536年に人口の7~8割が死亡した。人々は人肉を食べざるを得なかった。

何ヶ月か経過するうちに、天候はますます奇妙になってきた。『北史』の記述によると、 536年 9月には中国北部の各地でひょうが降り、「大変な飢饉になった」。

537年 3月になると、中国北部の9つの地域であられが降り、干ばつが発生した。538年に入ると干ばつは終焉を告げたが、気象異変は依然として続き、今度は大洪水が何度も発生した。

朝鮮半島でも事態は急を告げていた、 535年から 542年は、前後 90年間で最悪の天候が続いたと記録されている。

他のどこでも、世界中がこのような状況だったようです。

日光が著しく減少することにより、

・極端な農業の不作

・激しい食糧難

・それに伴って大流行する感染症

などが「太陽光があまりない暗い世界」の下で、十数年にわたり続いたのです。

感染症は、西洋では主にペストで、東洋では天然痘だったようですが、そのどちらも流行した地域もあったかもしれません。

世界中の感染症の大流行に関しては、食べるものが極端に少なく、栄養状態が極めて悪い上に、人間は太陽光によって機能する体内のシステムがかなりありますが、免疫系やビタミンDなども含めて、それが機能しなくなる。

こういうことなどにより、どんどん感染症が拡大したのだと思われます。

日本の場合だと、以下のような感染症が流行していたことが、日本書紀の記述からわかります。

『西暦535年の大噴火』 第7章 東洋の悲劇より

まずインフルエンザに似た徴候が現れ(高熱、腰痛、頭痛)、次にしばしば咳と下痢の症状が出る。次いで、猩紅熱にも似た発疹が現れる。

患者は体を焼かれるような、あるいは、絶えず熱湯でやけどをさせられているような感じになる。『日本書記』はのちに、患者たちがこう言ったと記している。

「体が焼かれる・・・・・ように苦しい」

その後、発疹に変化が現れる。そして発疹は顔面を中心に始まって、体の下のほうへ広がっていく。

とくに多く出現するのは手足だ。そして皮膚に無数の水疱が現れ、最後には、直径七 - 八ミリという大きめの膿疱になる。

患者の五パーセントは、内出血のため数日で死亡した。別の五パーセントは発疹が広がり、熱が四十度まで上がった。

もっとも、患者の大半は天然痘で死ぬことはなく、結局は肺炎と敗血症でおのおの三割が亡くなったものと思われる。天然痘ウイルスが鼻腔、口腔、目の保護粘膜を剥ぎ取ったあと、二番手のバクテリアが侵入したのだ。

とくに被害に大きかった地域では、住民の九割が罹患し、生き残れたのは三割だけだったと思われる。

おそらくこれは、日本の有史時代の疫病の記録としては最も重大なものだと思われ、これはどこの国でもそうだったと考えられます。

しかし、「なぜ、太陽の光がそんなに極端に弱まる状態が長く続いたのか」ということは正確にはわかっていませんでした。

基本的には、

535年に何らかの大災害が起き、それによって世界全体でその後の数年から十数年、深刻な気象変動が発生した。

という考え方は科学者たちの間での共通認識でしたが、それは一体どんな出来事だったのか。

このような極端な現象を引き起こす原因となると思われる事象は多くはなく、おおむね、以下の2つに絞られていました。

・巨大な火山噴火

・彗星や小惑星などの巨大な天体の地球への衝突

先ほどの『西暦535年の大噴火』の著者は、太陽が暗くなった前年の西暦 535年に発生したことがわかっているインドネシアのクラカタウ火山の噴火が原因だった可能性が最も高いのではないかとする主張を展開しています。

ところが、今回ご紹介する研究で、この西暦 536年からの厄災は、

「海底火山の噴火によってもたらされた可能性が高い」

ことが明らかとなったのです。

グリーンランドの氷床を分析したところ、西暦 536年頃の時代の氷床コアには、確かに地上の火山の噴火によって降り注いだと思われる堆積物が見つかったのですけれど、「その量では、あのように地球が暗くなることはない」という程度のものだったそうです。

つまり、535年のクラカタウ火山の噴火が、西暦 536年から十数年に及んだ「暗い時代」をもたらしたとは考えにくいということになったようです。

さらには、そのグリーンランドの氷床からは、「グリーンランドの海では絶対に見られることのない微生物の化石が多数含まれていた」のでした。

そのことから、研究者たちは、「西暦 536年からの地球の暗黒化は、赤道付近の海域での海底火山の噴火によってもたらされたと考えられる」と結論付けています。

その記事をご紹介します。

 


Undersea volcanism as the cause of 'year of darkness' and upheaval period from 536 - 555 A.D.
watchers.news 2019/12/19

「暗闇の年」と西暦536年から555年までの地球の大変動がもたらされた原因は海底火山活動だった

研究者たちは、西暦 536年から 1年以上にわたって地球の全域で不可解に空が暗くなった理由の新しい解釈として、海底火山の活動を提示した。

西暦 536年からの 18ヵ月間、世界の日射量は大幅に減少し、それは地球規模での寒冷化、農業の不作、そして飢饉、疫病と壊滅的な影響を中世の各地に与えた。

米国コロンビア大学にあるラモント・ドハティ地球観測所で古気候と地球外からの(天体などの)衝突の影響を研究しているダラス・アボット(Dallas Abbott)博士は、以下のように言う。

「その当時、これは世界の終わりだと人々は感じていました」

米ハーバード大学の歴史家マイケル・マコーミック(Michael McCormick)氏によると、西暦 536年は、人々が生きていた中で最悪の時期のひとつだという。

ビザンチンの歴史家プロコピウスは、以下のように記している。

「その年、これまでで最も恐ろしい状態が現れた。太陽は一年中、月ほどの明るさしかない光を放ち続けているのだ」

この暗闇と冷却の期間は、西暦 536年から 555年にかけて続いたが、なぜ、このように「太陽が極端に暗くなったのか」は、専門家たちにも正確な理由はわかっていなかった。

今回、アボット博士とアメリカ地質調査所(USGS)のジョン・バロン(John Barron)氏は、アメリカ地球物理学連合の会議で彼らの分析を発表した。彼らの研究は、グリーンランドの氷床のコアを分析したもので、この研究で彼らは海中での噴火を指摘した。

海底火山の噴火が、堆積物と海洋微生物を大気中に運び、それが地球の日光を暗くすることにつながったことを示した。

火山の噴火は、硫黄などの粒子を大気中に噴き出すことにより、太陽からの日光を遮ることが知られている。地質学的記録では、地上の火山で大噴火があったのは、西暦 536年と 541年だった。

しかし、樹木の年輪からは、536年から少なくとも 9年間は植物が成長できない状態(植物が成長するのに必要な太陽光がない状態)だったことが示されているが、この二回だけの噴火では、その説明になり得ないのだ。

西暦 536年からのような極端に暗い状態が作りだされるためには、これ以上に大量の硫黄と灰が必要となる。

その物質の一部はグリーンランドの岩の層と氷のコアに存在するはずだ。

しかし、アボット博士は以下のように述べる。

「堆積した硫酸塩(陸上の火山噴火で排出される物質)の量は、536年からのような極度の太陽光の減光をもたらすほどの噴火ではありませんでした」

研究者は、532年〜 542年の間に敷設された氷コアの氷層を調べ、融解水の化学的性質を測定した。また、微視的な化石も抽出した。

「その分析過程の中で私たちは、氷のコアの中に、グリーンランドでは見つけられたことがない最も低緯度の微生物の化石の数々を見出したのです」とアボット博士は言う。高緯度の微生物は 1種類しか特定されなかった。

このことから、これは、赤道近くの海底の火山噴火によって大気中に吹き上げられたと考えた。

西暦 536年と 538年頃に起きたと考えられる、これらの海底噴火は、海水を気化させ、上昇した蒸気がカルシウムを含んだ堆積物と微細な海の微生物を大気中に運んだと考えられる。

粒子の一部は、最終的には北極圏に落ち着いたであろう。

赤道での海底火山の噴火は、地球全体に影響を与える可能性がある。

白い堆積物と微生物が大気中にある状態では、太陽光が宇宙空間に反射されやすくなり、結果として、地球への日光は減光する。

あるいは、赤道付近の海域に宇宙から来た彗星や小惑星などの天体が衝突し、その衝突の際に、堆積物と微生物の化石が大気中にもたらされた可能性もある。

しかし、氷床のコアの化学的性質はこれを否定しており、また、氷床内に宇宙塵がなかったことから、天体の衝突の影響である可能性は非常に低い。

アボット博士と研究チームは、次には、今回の驚くべき発見が他の時にも起きる可能性があるかどうかを確認するために、グリーンランドの別の氷床コアを研究したいと述べた。


 

ここまでです。

なお、この研究を主導したダラス・アボットさんという科学者は女性科学者です。ダラスさんというお名前ですので、男性かと思っていたのですが、コロンビア大学のウェブサイトで女性と知りました。

最近ご紹介する科学記事の研究者は、もうほとんど女性科学者によるものばかりであることに驚きます。自分の興味の行く研究は女性科学者の方によるものが多いということになるんでしょうかね。

それはともかくとして、「西暦 536年からの暗黒」が海底火山によってもたらされたのだとすれば、いったい、どれほど巨大な海底火山の噴火だったのかと思いますが、いずれにしても、壊滅的な噴火ではあったのでしょうね。

たとえば、以下の記事などで取りあげたこともあります九州の沖の鬼界カルデラというのも海底にあるわけで、7300年前に、「西日本を壊滅に追い込んだ」超巨大噴火が起きたことが判明しています。そういう超巨大な噴火だったのでしょうかね。

「噴火すれば最悪1億人が死亡と想定」 : 九州南方にある鬼界カルデラの活動の徴候の報道から再び「破局噴火の時代」をおもう

あと、「地球で最大の海底火山」は、日本海のすぐ東側にあったりもします。

以下のシヤツキー海台という場所の海底に、2013年に、地球で最大の海底火山が発見されたのですね。

これは、以下の記事で取りあげています。

「太陽系で最大の火山」が太平洋で発見される
 In Deep 2013年09月06日

何より、地球の海底には「 1万以上の海底火山がある」ことが、2014年の調査で判明しています。

これについては、以下の記事で、ロサンゼルス・タイムズの報道をご紹介したことがあります。

カルデラ破局噴火の報道で「地球には同じ系統の文明を継続させないメカニズムがある」ことに気づき、同じ日に「新たに数千以上の海底火山の存在が確認された」ことも知り
 In Deep 2014年10月25日

本当に地球全体の地質活動の状態が奇妙なことになっていけば、「噴火の可能性のある海底火山は地球にいくらでもある」のです。

そしてまた、いつかは必ず、先ほどの鬼界カルデラの 7300年前の超巨大噴火のような現象が起きることには必ず起きるのですね。いつ起きるかわからないだけで。

それが地球の自然のシステムということになっています。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

2

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

5

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

 ・2月18日の報道より。新唐人電視台 / NTD   完全な封鎖の中で食料の枯渇に直面しつつある武漢の住人たち 冒頭の記事は、新唐人電視台の 2月18日の報道で、武漢の人たちが「大規模な ...

8

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

9

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

10

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

-人類の未来, 地球という場所の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.