地球最期のニュースと資料

In Deep

2017年からの世界 アメリカの憂鬱 地球という場所の真実

独立記念日直後のニューヨークに血のような真っ赤な満月。そして、東京には汚れた血のようなドス赤い海が広がるこの夏

投稿日:2017年7月10日 更新日:

2017年7月9日 米国ニューヨークの満月

vk.com

 

2017年7月9日 全域が茶色に染まった東京湾

twitter.com

Sponsored Link


 

夏に入ってから、どうもいろいろと出歩く用事が多いのですけれど、今日も一日バタバタと出回っているうちに、一日が終わってしまいました。

そんなわけで、ちゃんとした記事を書くまでの時間が取れない感じですけれど、昨日 7月9日は満月の日だったのですね。

それで、世界の SNS などにアップされた満月の写真を見ていたところ、「何だかニューヨークの満月が真っ赤」だということに気づきました。

vk.com

それがこの写真なのですけれど、自由の女神の後ろが燃えているというか。血で染まっているというか、やや昨日の記事、

戦争戦争また戦争 : アメリカは「建国以来241年間のうちの220年」を戦争に費やしていた…
 2017/07/09

を彷彿とさせる雰囲気がありまして、わりと印象深く思いましたので、そのニューヨークの「7月の満月」の様子の写真を何枚かご紹介したいと思います。

アメリカでは、7月4日が独立記念日でしたが、満月の日は、その 5日目にあたるということになっていました。

冒頭のニューヨークの写真は特に赤く写っていまして、他のこの日のニューヨークの満月の写真は、ここまで赤くなっているものはなかったですが、それでも、全体としてオレンジ色に輝いている「赤い満月の日」だったようです。

ところで、ニューヨークは東海岸ですが、アメリカの西海岸のほうでは、今、カリフォルニア州などで大変な森林火災となっていまして、これはこれで別にご紹介したいと思いますけれど、その様子もまだ「やや地獄」っぽいのです。

特に下の写真を見た時には「ああこれは」と思いました。

2017年7月8日 炎に包まれるカリフォルニア州サンタバーバラ

strangesounds.org

何だか、私には、「炎の形」がそれぞれ「人の形」に見えたのでした。

このそれぞれの炎の形が「燃え上がる人たち」のように見えてしまったり

 

というような、いくつかの写真を今朝ほぼ同時に見まして、「地獄の夏……」などというフレーズを思った次第です。

[参考記事] FBIが「アメリカの影の政府」の存在を発表し、そしてその影の政府メンバーたちが政権から追放されている・・・という事実は「地獄の夏」が近いことを示す?

 

なお、冒頭に「赤く染まった東京湾」の写真を載せていますが、今現在も東京湾は赤潮で真っ茶色の上に、悪臭がひどいようです。東京湾周辺がとてもひどい匂いで満ちていることがツイッターなどに数多く投稿されています。現在の東京湾については、こちらのツイッターのまとめサイトなどにあります。

いろいろご紹介しきれていないですが、今は世界の様々な場所がカオス化しております。

ということで、ここからニューヨークの「独立記念日直後の赤い満月」です。

 

2017年7月9日のニューヨークの満月

エンパイア・ステート・ビルと満月

Inga Sarda-Sorensen‏

 

自由の女神と満月

Mark Tarello‏

 

イースト川と思われる場所からの満月

Mark Tarello

 

エンパイア・ステート・ビルと満月

Inga Sarda-Sorensen‏

 

自由の女神と満月

Mark Tarello‏





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・GreatGameIndia 2020年1月29日のアメリカ司法省の発表を報じるメディア記事 ・Chinese Biowarfare Agents At Harvard University Cau ...

2

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

3

・summit.news   オーストラリアの山火事は半数以上が放火だと初めて知る オーストラリアの史上最悪の森林火災は、以下の記事で取りあげましたように、オーストラリアの生態系を回復不可能 ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

6

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

7

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...

8

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

9

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...

10

世界最大級の学術データベース「サイエンスダイレクト」に掲載された論文 ・sciencedirect   関東なども、すっかり朝晩が寒くなり、「1カ月くらい前まで暑いとか言ってた気がするのに」 ...

-2017年からの世界, アメリカの憂鬱, 地球という場所の真実
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.