[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

人類の覚醒と真実 地球という場所の真実 軍事的カオス

大西洋上の「電磁波戦争」 : 南極と南米間の「謎のマイクロ波の応酬」が戦いじみた様相を呈してきていることを知る

投稿日:

2017年7月4日の南大西洋上のマイクロ波の状況

Huge Mystery Beam Shoots Down to Antarctica On MIMIC Map

同じ日の別のレーダー記録

Massive Anomaly from South America to Antarctica Caught On MIMIC

Sponsored Link


 

やや過度な異常の中で、その周辺での事象を考えてみる

何だかもう、気温も気象も地質活動も世界中でムチャクチャな感じになっている感じもあるのですけれど、気温や気象もカオスですが、実はひっそりと「地震の連鎖」というのも始まっていまして、大地震ではないにしても、フィリピンではかなりの被害の地震が続いていて、今日(7月11日)は、鹿児島の震源のマグニチュード5クラスの地震があったり、その直後には、ニュージーランドでマグニチュード 6.8の大きな地震が起きています。

2017年7月11日午後3時59分 マグニチュード6.8

・USGS

気温も気象も地震や火山の噴火も自然現象ではあるわけで、そこに自然以外の要素を考え始めると、どちらかというと陰謀論やオカルト的になっていくわけですが、最近は「やや異常が過ぎる」というのはあります。

今年の5月の終わりに、

南極から地球への攻撃が始まった……と思わせるような「異常なマイクロ波の放射の連続」…
 2017/05/31

という記事を書きました。

アメリカ海軍研究所(NRL)と米国ウィスコンシン大学が運営する MIMIC というマイクロ波のリアルタイムデータがあるのですが、今年4月に、そのデータに異常なマイクロ波の状態が記録されていることがわかったことを記したものでした。

たとえば、下のような異常が記録されていたのでした。

・MIMIC

 

さきほど「異常」と書きましたけれど、これが異常なのかどうかについては、私はマイクロ波の専門家ではないですのでわからないわけで、もしかすると異常ではないのかもしれないですが、しかし「照射されているように見える」マイクロ波は、やはり不自然な感じではありました。

そして、アメリカの独立記念日であった 7月4日、ふたたび「マイクロ波の異常」が出現したのです。

冒頭に載せました MIMIC の画像がそれです。

結局、今回のものも何だかわからないのですが、とても印象深かったのは、以下の点です。

今回のマイクロ波は、前回4月に「照射していた側」と「反対」から照射されているように見える

ということです。

たとえば、前回のマイクロ波は、下の矢印の方向に向かって進んでいたように見えました。

・MIMIC

つまり、この4月の時には「南極から大西洋に向けて照射されていたように見えた」のです。

ところが、今回は冒頭に GIF 動画を載せましたが、

「反対側から南極に向けて照射されているように見える」

のです。

下が今回の 7月4日の照射の方向です。

・MIMIC

 

これをアクション要素たっぷりに考えますと、

「大西洋と南極でマイクロ波戦争をしているように見える」

のでありました。

ビビビビッ、ビビビビッというような戦いがですね(マイクロ波はビビビビ、っていわないぞ)、まあ、ビビビビっといわないのなら音響で入れればよろしい。

それで、「どのあたりとどのあたりが戦っているのかなあ」と考えてみました。前回の記事では、マイクロ波の発信源は南極プリンセス・エリザベス基地という場所あたりからのように見えました。

 

今回はどのあたりから発信されているのだろうと地図から探ってみますと・・・・・そこには何もない・・・・・のでした。

先ほどのデータから、大体の発信源を突き止めてみますと、まず全体の地図では、この「戦争」の舞台は、主に下の四角で囲んだところです。

そして、今回、「南極に向けて」ビビビビッとビームを発射している場所(だから、ビビビビッていわないって)は、下の丸の場所あたりとなります。

WorldMap

この部分を拡大しますとですね・・・下のように大西洋の上でして、何もない場所なんですね。

7月4日にマイクロ波が発射されたあたり

・Google Map

もうちょっとズレていれば、地図に書き込みましたアセンション島とセントヘレナ島という小さな島もあるのですが、ここには何もないです。

ただ、グーグルアースのほうで見てみますと、海底の地形には何かあるような場所ではあります。

グーグルアースで見た上の丸の場所

・Google Earth

これが単なる岩礁に見えるか、海底少年マリンが向かう海底基地に見えるかで想像の方向も違いますが、しかし結局、「マイクロ波で何ができるのか」ということを把握しているわけではないわけで、推測にも至らないのが現実です。

現在の地球の様々な場所で起きている「環境のカオス化」みたいなことを、こういうマイクロ波などを使って具現化することはできるものなんでしょうかね。

しかし、何が起こっているのかは具体的にはわからないですが、やはり「何か起きている」ようには思うのでありました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

・2020年2月中旬 ケニア aljazeera.com 旧約聖書 出エジプト記 10章 04-06節 もしもあなたが私の民を去らせることを拒むのなら、私は明日、あなたの領土にばったを送り込む。ばった ...

2

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

3

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

4

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

5

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。AFP   イナゴの大群は中国の手前に。10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっ ...

6

・esquireme.com   大災厄につながる危機となる可能性が 先日、「絶滅へと進む私たち…」という記事で、中国の習近平国家主席が、3月11日に中国の武漢を初めて訪れたことにふれました ...

7

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。NIAID-RML なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパ ...

8

・3月22日に「4日間連続で新たな感染者ゼロ」と発表された武漢。写真は、患者の減少により武漢を去る貴州省の医療従事者たちを送る祝典より。 GULF NEWS   「理由は不明」 世界中のメデ ...

9

・NTD 武漢作戦(1938年) - Wikipedia 武漢作戦は、日中戦争で行なわれた戦いの一つ。武漢三鎮攻略戦、武漢攻略戦とも呼称される。日中戦争の一つの節目とされる戦いである。武漢まで戦線を広 ...

10

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より ・World IQ 82 Becker update V1.3.2   IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど… ...

-人類の覚醒と真実, 地球という場所の真実, 軍事的カオス
-, , , , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.